2009年11月16日

ミツウロコビル取り壊し 秋葉原駅前にパチンコ屋出現か?

ミツウロコビル

秋葉原電気街口前、ラジオ会館隣のミツウロコビルは、昨年(2008年)夏にはほとんどのお店が移転/閉店し、長らくそのままになっていたけど、11月13日付けで解体工事のお知らせが出ていた。解体工事発注者は東京都内だけでもパチンコ店12店舗・スロット専門店4店舗をやっている日拓ホーム。12月から来年3月にかけて解体するみたい。

-

秋葉原電気街口前のラジオ会館隣の「ミツウロコビル」

取り壊し工事の告知 解体工事の発注者は日拓ホーム
12月から来年3月までにかけて解体

秋葉原電気街口前のラジオ会館の隣にあるミツウロコビルが、昨年(2008年)にはほとんどのお店が移転/閉店していて、長らくそのままになっていたけど、11月13日付けで解体工事のお知らせが出ていた。

ミツウロコビルは、パネル『第2種大規模小売り店舗 昭和54年』もある、かつて宝田無線・東映・十字屋・テイクオフ・PCwave・ゲーマーズ本店別館・コイズミ無線・まんが図書館コスモスなどがあったビルで、2005年6月閉店したゲーマーズ本店別館があったころはこんな感じだった。

ビルそのものは、平成16年(2004年)にミツウロコ(第96期中間事業報告書)が千代田区外神田のビルを売却してたっぽい。解体工事の告知では、ビルの名前はミツウロコビルから日拓秋葉原ビルに変わっていて、解体工事の発注者は日拓ホームだった。12月から来年3月までにかけて解体工事をするみたい。

なお、日拓ホームはWikipediaによると『不動産開発、貸ビル業とパチンコホールとゲームセンターを展開している企業』。日拓グループホームページを見ると 『スロット専門 稲毛店 5円スロットコーナー開始』・『新大久保駅前店(A館)50銭パチンココーナー開始』・『新小岩北口駅前店 5円スロットコーナー開始』といった告知が並び、東京都内だけでもパチンコ屋12店舗・スロット専門店4店舗・ゲームセンター2店舗などをやってる会社で、企業理念は『店舗投資は3年で回収』とのこと。

ゲーマーズ本店別館があったころのミツウロコビル

秋葉原駅側
アーケードが続く
万世橋署向かい側
昔はまんが喫茶もあった
ゲーマーズもあった
「第2種大規模小売り店舗
昭和54年6月」

【関連記事】
秋葉原ラジオ会館が建て直しで解体へ 「アトレの悪夢がよぎります」
アキバの未来 秋葉原の歴史がまた1ページ
「新旧いろんな秋葉原と言う街」 トランジスタティーセット2巻
秋葉原x電子部品x女の子 「トランジスタティーセット~電気街路図~1巻」

【関連リンク】
ミツウロコ
日拓ホーム - Wikipedia
秋葉原駅電気街口駅前のミツウロコビルが解体完了(2009/04)
日拓秋葉原ビル(ミツウロコビル)の建築計画は、「(仮称)エスパス日拓秋葉原ビル」。用途は遊技場
秋葉原駅前にパチンコ屋出現か? | TOKYO ANIME CITY
秋葉原マップ:ミツウロコビルのショップが次々閉店
注目の場所に新ビル(2008年8月5日)
コイズミ無線、秋葉原本店とマイウェイ店が5月に移転
【秋葉原電気街崩壊!?】ミツウロコビルだけど新オーナーがパチンコ屋にするらしいよ !
アキバ1983(25年前の秋葉原)


趣都の誕生―萌える都市アキハバラ (幻冬舎文庫)
趣都の誕生―萌える都市アキハバラ (幻冬舎文庫)
おすすめ平均
starsまだまだ最先端の都市論
stars名著、パワーアップして帰還

詳しく見る
by G-Tools

この記事はよもやま[2009] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50935914