2010年01月05日

「トライガンの内藤泰弘が贈る最新伝奇アクション!」 血界戦線1巻

血界戦線 血界戦線 -魔封街結社-1巻【AA】が4日に発売になった。 オビでは『「トライガンの内藤泰弘が贈る最新伝奇アクション!』・『異界に浸食されし混沌たる都市で、異能の者たちの壮絶なる戦いが幕を開ける!』などを謳い、COMIC ZINのPOPは『気持ちいい程に伝奇!!タフな連中が泣いて笑って世界を救う!!魂震えました』。
-

内藤泰弘氏の伝奇アクションコミックス 血界戦線 -魔封街結社-1巻【AA】 発売


COMIC ZIN「気持ちいい程に伝奇!!タフな連中が泣いて笑って世界を救う!!魂震えました」

「異界との接点となった霧の大都市を舞台に、ブレングリード流血闘術の遣い手クラウスが、異形の住人と奇怪な現象が織りなす様々な事件を解決していくトンデモ痛快日常伝奇アクション」内藤泰弘氏による「血界戦線」紹介
COMIC ZIN
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原A店

トライガンの内藤泰弘氏がジャンプSQに連載されていた伝奇アクションコミックス血界戦線 -魔封街結社-1巻【AA】が4日に発売になった。

コミックス情報では『紐育崩壊後、一夜にして構築された都市。異界と現世が交わるこの魔都に於いて世界の均衡を保つ為に暗躍する秘密結社が存在した!』を謳い、オビには『異界に浸食されし混沌たる都市で、異能の者たちの壮絶なる戦いが幕を開ける!』。COMIC ZINでは『気持ちいい程に伝奇!!タフな連中が泣いて笑って世界を救う!魂震えました』と紹介していた。

1晩で崩壊し、再構築されたニューヨーク。異界との接点となった霧の大都市を舞台に、世界の均衡を守る為に闘う秘密結社「ライブラ」。ブレングリード流血闘術の遣い手クラウスが、異形の住人と奇怪な現象が織りなす様々な事件を解決していくトンデモ痛快日常伝奇アクションです!!ツボにハマる人にはひどく面白い作品だと思いますので是非読んでみて下さい~  内藤泰弘氏による「血界戦線」紹介

なお、血界戦線 -魔封街結社-1巻【AA】の感想には、人生平々凡々さん『非力ながらも特殊な目を持つ主人公の役割に、しっかり驚きと見せ場を随所に盛り込んだストーリーはユーモアもしっかりとあってなかなかの面白さ。これ、アニメでもみてぇなぁと思わせる力作でした』や、虹が丘Blogさん『世界観とか、キャラとか、敵とか特殊能力とか武装兵器のデザインとかなんとか毎度のことながら本当にカッコ良くてよくこんなの思いつくなあと言った感じで内藤先生の素敵センスが炸裂しております』などがある。

ジャンプスクエア「血界戦線-魔封街結社-」コミックス情報




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit