2010年01月05日

よしづきくみち/君と僕のアシアト1巻 「過去20年間限定の電脳タイムトラベル」

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ よしづきくみち氏のコミックス「君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~」1巻【AA】が4日に発売になった。 コミックス情報では『時を駆ける感動ロマン、開幕!!』などを謳い、アーリオオーリオさんの感想には『未来へは行けず、過去20年間限定での電脳タイムトラベル。こういう復活劇は読んでいて気持ちが良いですね』などなど。
-


「前向きに生きたい――誰もがそう願う。でもどうしても戻りたいあの日がある。
今よりもっと前に進むために――時を駆ける感動ロマン、開幕!」コミックス情報
K-BOOKS秋葉原新館
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原A店
特典:イラストカード

よしづきくみち氏がOh!スーパージャンプに連載中のコミックス「君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~」1巻【AA】が4日に発売になった。

オビには『藤島康介氏推薦!これは心のタイムワープ物と言うべきか。タイムパラドックスに挑戦し、導き出した回答こそがこの物語の肝だ。歴史とは人の主観視の集合なのだから』があり、コミックス情報では『前向きに生きたい―誰もがそう願う。でもどうしても戻りたいあの日がある。会いたいあの人がいる。知りたい真実がある。今よりもっと前に進むために―時を駆ける感動ロマン、開幕!!』。

タイムトラベル春日研究所の研究内容は、“脳内タイムトラベル”。 20年間かけてスキャンした市内の物理・物質・霊質構造を脳内に投影することで、特定の時空を再現するのだ。まともな人間には冗談のような研究。しかし、人生に迷った人間には、まさに奇跡。今日も迷った人間が研究所の扉を開く。過去に置き忘れた、かけがえのない“何か”を探すために──「君と僕のアシアト」作品紹介

なお、「君と僕のアシアト」1巻【AA】の感想には、何かよくわからん気まぐれBlogさん『見落としていた過去を見直す事で、希望を与えられ救われてゆく人たちを見て何だか心が温まってきます。ホント、あまりに感動的な話が多くて、電車で半べそかきながら読んでましたw』や、アーリオオーリオさん『未来へは行けず、過去20年間限定での電脳タイムトラベル。ダメ人間や人生に失望している人が研究所に来て希望を取り戻す様。こういう復活劇は読んでいて気持ちが良いですね』などなど。

市内限定の”脳内タイムトラベル”
兄と妹
夫と友人
研究所の所長



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit