2010年04月02日

特撮リボルテック第1弾 「エイリアン」発売

特撮リボルテック エイリアン 特撮リボルテックシリーズ第1弾の「エイリアン」が1日に発売になった。『エイリアン』は1979年に公開されたリドリー・スコット監督による「未知の生命体の恐怖を描いたSFホラー映画(eiga.com)」。特撮リボ「エイリアン」では『密度可動ギミックと細密造形を両立しその魅力を完全再現!』を謳った、未知の生命体SFホラーアクションフィギュアみたい。
-
特撮リボルテックのシリーズ第1弾 リボルテックエイリアン発売

映画「エイリアン(1979年)」  未知の生命体の恐怖を描いたSFホラー[eiga.com]

製品情報「高密度可動ギミックと細密造形を両立しその魅力を完全再現!」「人体の器官と機械が融合したような複雑なディテールを精密再現。 リボルバージョイントを13箇所に投入」


「モンスターデザインを革命した驚異の宇宙生物!
高密度可動ギミックと精密造形を両立し、その魅力を完全再現!」
 
「ボディ各部、細部まで丁寧に造りこまれており、光沢感がありつつもツヤ感が抑えられた感じのボディからヌメっとした感じが伝わってくるかのようです」アキバHOBBYさん

特撮リボルテックシリーズ第1弾のリボルテックエイリアンが1日に発売になった。

「特撮リボルテック」とは、『男の子が大好きだった(そして今でも大好きな)怪獣、宇宙人、スーパーヒーロー、超兵器、巨大ロボ、モンスター、妖精、恐竜・・・・・・懐かしくも魅力的な〈特撮/SFガジェット〉を全て放り込んだ、「おとなのおもちゃ箱」の誕生です。海洋堂による精密な造形と、思いのままのポーズをとらせて飾れる可動性能を兼ね備えた、大コレクション』みたい。シリーズ第1弾は「大魔神」「エイリアン」

今回発売になった「エイリアン」は、製品情報では『モンスターデザインを革命した驚異の宇宙生物!高密度可動ギミックと細密造形を両立しその魅力を完全再現!』・『透明素材を利用し、独特の質感を再現した塗装』・『人体の器官と機械が融合したような複雑なディテールを精密再現』・『リボルバージョイントを13箇所に投入。口からは「インナーマウス」が飛び出します。エイリアンエッグとフェイスハガーが付属』などを謳っている。

なお、リボルテックエイリアンのレビューには、アキバHOBBYさん『ボディ各部、細部まで丁寧に造りこまれており、光沢感がありつつもツヤ感が抑えられた感じのボディからヌメっとした感じが伝わってくるかのようです』や、がめとぜんさん『お値段と造形と可動のことを考えると、今までのエイリアンのアクションフィギュアで最高水準のコストパフォーマンスだと思われます』などがある。

特撮リボルテック「エイリアン」製品情報

宇宙船
海洋堂ホビーロビー
ボークス秋葉原SR
ソフマップ本館
コトブキヤラジオ会館
コトブキヤラジオ会館 店頭

【関連記事】
「犯人はあなただ!」 リボルテック レイトン教授発売
「進化するリボルテックヤマグチ!」 三段変形バルキリーVF-1A&VF-1S発売
リボルテック グル~ミ~発売 「可愛らしい外見とそれに似合わない流血や拘束具」
リボルテック エヴァンゲリオン零号機(改)[新劇場版:破] セブン-イレブンスペシャル
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」公開直前に同時発売の「エヴァ」フィギュア4つ

【関連リンク】
海洋堂  / リボルテック・イン!
特撮リボルテック「エイリアン」製品情報
空想科学フィギュア大全集 特撮リボルテック
REVOLTECHシリーズ
海洋堂ホビーロビーの「特撮リボルテック エイリアン」製品情報

エイリアン 映画/ 作品情報 - Yahoo!映画
エイリアン (映画) - Wikipedia

アキバに「快獣ブースカ」襲来-ラーメン片手に愛きょう振りまく - アキバ経済新聞
ヌメっとした感じが伝わってくるかのようです
エイリアンのアクションフィギュアで最高水準のコストパフォーマンス
これまでのリボルテックにはない異質な雰囲気
おそらく劇中にかなり似せて作っていると思われます
口もちゃんと飛び出すギミックもあって抜かり無い
緻密な造型もあいまって素晴らしい質感に仕上がっています
エイリアンはとても良くできていて満足しています



この記事はフィギュア カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51007599