2010年04月13日

「御巣鷹山の暑い夏」 日本航空123便墜落事故で、遺体回収をした陸上自衛隊員たち

小林源文 御巣鷹山の暑い夏 ゲンブンマガジン別冊「御巣鷹山の暑い夏」【AA】がZIN秋葉原店に12日?に入荷していた。日本航空123便の墜落事故を描いた同人誌(自費出版本)で、内容紹介によると『大手マスコミでは伝えられる事の無かった自衛隊の活動を中心に、戦争劇画の第一人者が描く真実のドラマ。大人の事情でメジャー出版社から刊行できない問題作』とのこと。
-

ゲンブンマガジン別冊Vol.1 「御巣鷹山の暑い夏」
日本航空123便墜落事故の現場で、遺体回収をした陸上自衛隊員たちの話

飛び散った内蔵、ちぎれた胴体、焼け焦げた遺体を回収する陸上自衛隊員

「1980年代から現在に至るまで戦争劇画を書き続ける、ミリタリー漫画の第一人者()」という小林源文氏の同人誌(=自費出版)、ゲンブンマガジン別冊「御巣鷹山の暑い夏」【AA】が、コミックZIN秋葉原店に12日?に入荷していた。

1985年(昭和60年)8月12日に起きたジャンボジェット日本航空123便の墜落事故の現場で残骸整理をした陸上自衛隊員たちを描いた同人誌で、生存者救出後(乗員乗客520名死亡。生存者は4名)に事故現場入りした陸上自衛隊員たちが、ロクな装備も無しにウジが大量発生する真夏の山中で、“バラバラになって腐乱した遺体の回収”を行った3日間を描いたもの。

1985年8月12日、ボーイング747が乗員乗客524名と共に群馬県の山中に墜落した。その墜落現場では何が起きていたのか。
大手マスコミの報道では伝えられる事の無かった自衛隊の活動を中心に、戦争劇画の第一人者が描く真実のドラマ。大人の事情で決してメジャー出版社から刊行できない問題作  「御巣鷹山の暑い夏」内容紹介

なお、インディペンデント通信社南町支局さんの紹介には、『日本航空ジャンボ機の墜落事故現場で遺体の回収に従事した陸上自衛隊隊員の悲惨きわまる体験を描いた作品』・『あの事故に関しては多くの文献が出ていますが、文章ではなく「絵」で描かれた「御巣鷹山の暑い夏」のインパクトは強烈でした』などなど。

ゲンブン・マガジン / 「御巣鷹山の暑い夏」試し読み

1985年(昭和60年)に墜落した日本航空123便
焼け焦げた遺体
食事が喉を通らない
真夏だったので
ハエ・ウジが大量発生
千切れた遺体があちこちに
任務終了後も、PTSDに

【関連記事】
小林源文 ゲンブンマガジン 「全年齢向け (ただしタフな方)」
史上最強の戦車エース ミハエル・ヴィットマン 「ヴィットマン戦記1943」
小林源文「武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解」 陸戦武器の用法と効果

【関連リンク】
小林源文公式ホームページ GENBUN-WORLD(ゲンブンワールド)
小林源文 - Wikipedia
小林源文とは (コバヤシモトフミとは) - ニコニコ大百科
「ゲンブン・マガジン」
御巣鷹山の暑い夏 (ゲンブンマガジン別冊Vol.1)
「御巣鷹山の暑い夏」試し読み
COMIC ZIN通販:ゲンブンマガジン別冊01 御巣鷹山の暑い夏
インディペンデント通信社南町支局 春の同人読書週間(2)~ゲンブンマガジン
漫画家が出版社を待ちきれず自分で出版してしまう時代

日航ジャンボ機墜落事故から29年、当時の写真で振り返る【画像集】
日本航空123便墜落事故って何とかならなかったのかよ・・・
日航機事故当時の上野村長・黒沢丈夫氏が死去
日航機事故ってそんなに悲惨な事故だったの?
日航ジャンボ機墜落事故で死んだ人の同人誌 公開
日航123便墜落から25年、大型部品が大量に見つかる
日航機墜落事故 東京-大阪123便 新聞見出しに見る25年間の記録
日本航空123便墜落事故 - Wikipedia
やる夫で振り返る日本航空123便墜落事故
日本航空123便御巣高山墜落事故 - 通信用語の基礎知識
遺体確認
ITmediaニュース:ネットで語り継がれる機長の言葉、事故の記憶


御巣鷹山の暑い夏 (ゲンブンマガジン別冊Vol.1)御巣鷹山の暑い夏 (ゲンブンマガジン別冊Vol.1)
寺脇 凉一

Cat Shit One'80 VOL.3 キャット・シット・ワン '80 3巻 ゲンブンマガジン (Vol-004) ゲンブンマガジン (Vol-003) タイム・トルーパー 小林源文戦場戦記シリーズ アナタノ知ラナイ兵器―イラストで見る末期的兵器総覧

by G-Tools

墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)
墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)
おすすめ平均
stars大惨事に果敢に取り組んだ現場の人々
stars人生の意義を問うべきは読者なり
stars決して忘れません
stars大変申し訳ない事ですが、今頃事故の甚大さを知りました。
stars報道されなかったであろう、陰惨な現場で戦った方々の記録

詳しく見る
by G-Tools

この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51012014