2010年05月28日

同人ゲームのコミカライズ 「殺人クラブ リベンジ」1巻

同人ゲームのコミカライズ「アパシー学校であった怖い話1995 殺人クラブ リベンジ」【AA】が27日に発売になった。1巻コミックス情報によると『サスペンスフルな学校ミステリー!同人ゲームとして人気を誇る「アパシー 学校であった怖い話」シリーズのコミカライズ。ストーリーは、人気の高い「殺人クラブ」をモチーフにした完全オリジナル』みたい。
-

同人ゲームのコミカライズ「アパシー学校であった怖い話1995 殺人クラブ リベンジ」【AA】
「人殺しに、理由なんか…いらない」

「これはゲームなんだ 人間狩りというゲームなんだよ」
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店

原作:飯島多紀哉氏・漫画:両角潤香氏電撃マ王で連載されている同人ゲームのコミカライズ「アパシー学校であった怖い話1995 殺人クラブ リベンジ」【AA】が27日に発売になった。

1巻コミックス情報では『サスペンスフルな学校ミステリー!同人ゲームとして人気を誇る「アパシー 学校であった怖い話」シリーズのコミカライズ。ストーリーは、人気の高い「殺人クラブ」をモチーフにした完全オリジナル。ファンならずとも楽しめる1冊です!』を謳い、原作:飯島多紀哉氏のシャノン公式通販サイトには『「アパシー」シリーズの名を不動のものにした人気シナリオ「殺人クラブ」その恐怖と残忍さはそのままに、新キャラクター、新しいストーリーでコミック連載スタート! このたび、電撃コミックスとして待望の第一巻が発売!』などなど。

ひいいいいいいいいいっ!!!絵にすると超怖ええええええっ!!! 指がっっっ指があああああああ!!! とかなんとかで、ピアノ「事故」のシーンでしばらくのたうちまわる。 漫画にするとやっぱり怖さが倍増しますね。
~サウンドノベルのうすら寒いのも味があるけど、場面の描写もキャラの心情も視覚で直接的に伝えてくる漫画は、やはり迫力がありますね~
殺人クラブリベンジ、ゲットいたしました~!

なお、原作者の飯島多紀哉氏のブログには『連載から約一年。やっとこさ、単行本化されるわけです。絵師両角が加筆修正してくれたので、改めて読み直すといろいろ驚きの表現が素晴らしいことに。連載で毎月読んでくださっている方も、単行本になるのを待っていた方も、ぜひぜひまとめて読んでみてくだされ』などを書かれている。

殺人クラブ リベンジ1巻」コミックス情報 / 漫画:両角潤香氏のブログ

「-殺人クラブ」

「あんたが嫌いだから!」
「弾ける…うふふ…
弾けるわ…」
「死ィね!死ィね!!」
「ぎゃああアアァァ」
学内惨殺




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit