2010年11月06日

禁書目録II vs 俺の妹! 日経新聞の広告コラボ、その舞台裏に迫る

禁書目録II vs 俺の妹! 日経新聞の広告コラボ 高橋祐馬さん:(アニプレックス 宣伝担当 以下ゆま):このタイトル! もうね、ジェネオンさんと全面対決ですよ、これは。
伏見つかさ先生(以下、伏見):対立を煽ると荒れるからやめてください。もうちょっとフレンドリーにいきましょうよ。
-


■「そもそも日経新聞っていうのを言い出したのはジェネオンさんなんです」

―――ではお互い仲良くということで、アニプレックスさんとジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントさんにも来ていただいてます。日経新聞の一面に、こういう広告が載りました。『Angel Beats!』もそうでしたが、高橋さんの仕掛けなのでしょうか?

ゆま:「またあいつが調子に乗ってやりやがった」みたいに思ってる人も多いと思うんですけど、まったく違うんですよ! そもそも日経新聞っていうのを言い出したのはジェネオンさんなんです!

―――いきなり責任のなすりつけからスタートですね(笑)

太田勝也さん(ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン 広報担当 以下太田):(笑)、確かに弊社の宣伝プロデューサー・飯田尚史が発端で、『俺の妹』のガッと来ている勢いを貰いたいと(笑)

ゆま:放映時期も同じ、出版社も同じ、担当編集も同じ。これでなにもやらなかったらもったいない、コラボ出来る唯一のチャンスかなって思ったんですよ。

太田しかし社内で「これ意味わかんないっ。説明プリーズ!」てなっちゃったんですよ。

―――なんで日経新聞かと?(笑)

太田うちは外資企業なので、これはデカイ取り組みだなって時は本社(ロンドン)に確認が必要なこともあるんですね。で、飯田が社内の外人の上司 に、言葉でうまく伝えられなくて手振り身振りで説明して(笑)

ゆま:新聞の枠を押さえた後に「ちょっと待って―」みたいなことを言われて、正直、顔が青ざめましたね!

三木一馬さん(伏見先生の担当編集者。以下、三木):青い目の人たちに「オレノ イモウト」「エロゲー スキ」とか言って乗り越えたんですよ!

太田:エロゲーはたぶんアウトですね(笑) 

―――しかも「たちあがれ日本経済」って! あれは誰が? どういう理由で?

小松慎太郎(アニプレックス宣伝担当 以下小松):「日経さんだから、ただやるだけじゃ駄目だ、経済的なネタじゃないと」って話になったんですけど、誰が言ったのかは覚えてません(笑)

三木:その文面を見たときにリアルでお茶吹きました。意味分からんなぁって思うけど、メッセージ性は確かにあったのでOKしました(笑)

ゆま:両横のコピーは僕が書いたんですけど、10分後くらいに三木さんから全面的に直されてました。三木さん厳しい! その辺はね、さすが敏腕編集者ですよ!

三木:いや、いいコピーにはね、いろいろ言いたくなるんです!

一同:嘘くせー!

ゆま:『禁書』と『俺の妹』はテレビCMでもお互いの作品に出ているんですが、あれも全面的に三木さんに原稿を直されまして、自分の才能の無さを痛感しました! 全面リテイクです!

伏見:でも、私が書いた原稿も、ゆまさんカットしたじゃないですか!

一同爆笑

ゆま:いや、尺に入らなかったんですよ!

伏見:最初にそれを教えて欲しかったんですよ。三木さんからは「なに無難な原稿書いてんの? もっと長くしろよ、もっと気合入れて書けよ!」って言われたので! CMの原稿を6パターンくらい一晩かけて書いたんですよ。そしたらあんまり使われなかったんです……。

三木:その一部をここで公開してみます。こんな感じでした。

【没ネタ1】
「この街には舞夏がいる。その他全てを裏切っても良いが、オレはアイツだけは絶対に裏切らない」
土御門(つちみかど)さんかっけー! さすが妹萌え! いいコト言うじゃん!
TVアニメ「とある魔術の禁書目録 Ⅱ」10月より放送開始!
以上、『俺の妹』の高坂桐乃でした!
【没ネタ2】
  長い夏休みが終わり、2学期が始まった。
  学園都市の高校生、上条当麻は相変わらず騒がしい日常を送っていたが、
  運命は再び彼を闘いの渦中へと誘っていく。
  天使召喚の秘術が記された『法の書』を巡る陰謀。
  学園都市最大の行事『大覇星祭』と、その裏で暗躍する「ルートディスターブ」
  そして、ついにローマ正教、禁断の『あの組織』が動き出す……!
  科学と魔術が交差するとき、新たな物語が始まる――。
「千葉(せんよう)の堕天聖」の二つ名を持つ、私の力が必要かしら?
TVアニメ「とある魔術の禁書目録 Ⅱ」10月より放送開始。
以上、『俺の妹』の黒猫より。
【没ネタ3】
「たとえ俺達がどれほどのクズでも、どンな理由を並べても、それでこのガキが殺されて良い事になンかならねェだろォが!」
一期でイチバン好きな台詞なんだけど、マジクールなアクセロリータさんには、ぜひともラストオーダーちゃんを紹介してもらいたいなー、と、キリノはキリノは可愛く小首をかしげてお願いしてみたり!
TVアニメ「とある魔術の禁書目録 Ⅱ」10月より放送開始!
以上、『俺の妹』の高坂桐乃でした!
【没ネタ4】
黒猫「その名は炎、その役は剣。顕現せよ、我が身を喰らいて力と為せ。魔女狩りの王・イノケンティウス!」
桐乃「……アンタ、何言ってんの?」
黒猫「ふっ、ルーン魔術の詠唱よ」二人「TVアニメ「とある魔術の禁書目録 Ⅱ」10月より放送開始」
二人「以上『俺の妹』の」
黒猫「黒猫と」
桐乃「桐乃でした」

三木:……いかがでしたでしょうか。頑張ってるでしょ?

―――でもこれ絶対入らないよ! 1分30秒くらいのCMでしょ(笑)!

三木:いやまあ熱意の表れでしてね……。尺足りないよりは、絶対多めにして削られたほうがクオリティー高いんですよ。なのでそれはそうしたほうがいいって判断で ……(以下、言い訳が延々と続いたのでカット)

■伏見「最初はネタ画像かと思った。ソースは俺。」

―――両方の原作で担当編集をされている三木さんの立場から、今回のコラボのお気持ちや意図などがあれば。

三木:もう本当にありがたいことです。10月スタートで同じ電撃文庫だし、同じ担当なので両方売れて欲しいんですよ。片方売れて、片方売れないのが世の中ですけど、そうじゃなくて、どっちも上手くいって欲しい。

今回のコラボは、ウチ(アスキー・メディアワークス)の都合しか考えてないプランだと言われても語弊がないくらい、本当は非常識な事だったので、2社の方々が好意的に捉えてくれたので、凄く嬉しかったです。

―――日経新聞のコラボ広告について、伏見さんはどんなお気持ちですか?

伏見「立ち上がれ日本経済」って、こいつらに言われたくねえなって思いました。

一同爆笑

伏見電撃文庫 秋の祭典2010というイベントの当日にTwitterで流れてきて、最初はネタ画像だと思ってたんですよ。なぜなら俺が聞いてないもん、と。そしたら電撃の会場で飾られてるんですよ。「あぁ、本当だったんだぁ」って。で、ちょっと軽く文句を言ったら「メールしただろ」って言われて……。

三木:し…た…夢かな…? 夢を、見ていました。スクライド的な意味で。

伏見:仮にメールしてても、その日はイベントに出かけているから、メール受け取れないですよ!

三木:あっ、そうですね!(笑) でも違うんですよ、さっきの駄目になりそうになった問題もあったので、実現しないのにメール出すのも、それはそれで難しかったんですよ。

伏見:コラボ広告を見た瞬間、ゆまさんのドヤ顔が頭に浮かびました

一同、大爆笑!!

伏見:ゆまさんは「こういう販促をしますよ」じゃなくて「こういう販促をしてやったぜ、どやっ!」っていう、毎回そんな感じなので、非常に頼りにしています!

ゆま:まぁでも、伏見先生にも好意的に受け取って頂けていたみたいで、僕らとしては嬉しいなっていう気持ちしかないです。

■俺の妹がこんなにコラボするわけがない?……桐乃モデルデビューについて

―――きりりんと黒猫の特選バイト情報ピザハットなど、『俺の妹』のコラボが非常に増えてます。公式サイトでモデル募集という形でやってますよね。実在するタレントみたいな感じで、非常に面白い試みかと思うんですけど。

三木:7巻を読んで頂ければ分かると思うんですけど、桐乃がもし事務所に入って読者モデル以外のプロのお仕事をしたら……という、ifなストーリーを現実世界で行ったら楽しいんじゃないかと思いまして。桐乃は、自分が好きなものだったら楽しげに紹介してくれそうなイメージでしたので、そういうタイアップを、やりたいのにツテがないとか、ちょっとイキナリ言ってもなぁと躊躇されている一般企業の皆様もいらっしゃると思っていたので、門戸を広げるという形で、もし面白そうだったら組みませんかというご提案です。是非お願いします! ギャラはとります!(笑)

伏見:そこら辺は重要なところらしくて、最近、桐乃がTwitterで金の話をし始めました。

一同:生々しい(笑)

―――最後にジェネオンさんアニプレックスさんに、意気込みを伺えますか?

太田『おれいも』には負けないぞ!

ゆま:太字で是非!

太田:いやいや、ライバル関係みたいになるからやめてください、俺までステージに登ってしまうやないですか(笑) 僕は細々とやっていきますので。だってポスター配ってる時に、「あっゆまだ! ゆまだ!」って並んでる人に言われてましたからね、この人(笑)

ゆま:もうね、見世物みたいですよ。まぁそれはともかく、『とある魔術の禁書目録II』さんのチームとはこれからも仲良くさせて頂く予定ですので、どっちも応援してください!

―――これからも両作品が楽しみです、本日はありがとうございました。

(10月某日 アスキー・メディアワークス本社にて)

ここで『俺の妹』アニメ放送記念 伏見つかさ先生サイン入りアニメポスタープレゼント 
■受付メールアドレス:oreimo2@gmail.com
■受付期間:2010年11月6日(土)~2010年11月22日(月)
■ハンドル/ペンネーム (本名ではなく)
■メール件名に必ず「俺の妹サイン入りアニメポスター希望」とお書きください
■アニメ&原作の『俺の妹』に期待することがあれば教えてください
■ほか、伏見つかさ先生、かんざきひろ先生への応援メッセージがあればお書きください
・当選者への当選お知らせメール 11月末頃予定
・申込は1人1件まで。複数申込は無効。申込多数の場合抽選となります
・当選発表は、当選者への当選お知らせメールをもってかえさせていただきます
・当選お知らせメールの際、お届け先とお名前をご返信ください

【関連記事】
俺の妹がこんなに可愛いわけがない7巻 「シリーズ最大級の山場到来!?」
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」7巻発売記念 伏見つかさ先生インタビュー
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ放映インタビュー
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 アニメ化記念インタビュー
俺の妹(6)発売記念 伏見つかさインタビュー
アニメ化決定「俺の妹」6巻発売 平積み45面展開
俺の妹(5)発売記念 伏見つかさインタビュー<前編> <後編>
海外留学した桐乃はどーなるのか 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」5巻 発売
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(4)発売記念 伏見つかさインタビュー <後編>
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(4)発売記念 伏見つかさインタビュー <前編>
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(4) 「色んな意味でクライマックス」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(3) 発売記念イ ンタ ビュー -前編- -後編-
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(2) 発売記念イ ンタ ビュー -前編- -後編-
重版再入荷 初版よりもタクサン → また売り切れ
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 売り切れてる
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 かーずSP・アキバBlogが名指しで登場

【関連リンク】
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式サイト
俺の妹がこんなに可愛いわけがない - Wikipedia
伏見つかさ氏のブログ 「LUNAR LIGHT BLOG」
かんざきひろ氏のブログ 「tabgraphics_blog」

取材・文:かーず(かーずSP)、平和(平和の温故知新@はてな)、ノトフ(はつゆきエンタテインメント

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51092054