2010年11月08日

【コラム・ネタ・お知らせ】 世紀末オカルト学院 オフィシャルアーカイブは、「ムー」取材としょこたんのイラストもついて11/27発売ですよ

世紀末オカルト学院 オフィシャルアーカイブ はじめまして。一迅社ポストメディア編集部のブラコン担当・M子です。本日は11月27日(土)発売予定の「世紀末オカルト学院 オフィシャルアーカイブ」【AA】の色校が上がってきましたので、そちらの内容をご紹介させていただければ……と。詳しくは以下をどうぞ。
-


あれは今から36万、いや確か「キャラ☆メル Febri」Vol.02の編集中だったでしょうか……。 「マヤ様特集」もとい「世紀末オカルト学院」特集に掲載する画像を選んでいた頃でした。

あの「マヤ様特集」は、それはもうマヤ様に踏まれたい一心で作っておりました。 いっそマヤ様に「何こんなふざけた特集作ったのよ!」と罵られたかったくらいです。ええ。誰も罵ってくれませんでしたが。 ただ『この世紀末オカルト学院」の魅力・見どころは、マヤ様だけじゃないよなー』と消化不良気味に思うところも、もちろんあったわけです。

マヤ様が好きな人、個性的な脇役たちへ夢中になった人、コッソリと挟まれるオカルトネタに惹かれた人、11話以降の怒涛の展開で釘付けになった人、親子の関係にホロリときてしまった人、などなど。人によって「いい!」と思ったポイントは異なるはず!

……というわけで、こんな本ができました。いや、もうすぐできます。
「世紀末オカルト学院 オフィシャルアーカイブ」【AA】です。

「世紀末オカルト学院 オフィシャルアーカイブ」【AA】こちらが表紙(※鋭意制作中)
腕を組んだマヤ様と、 大きく載っている世紀末オカルト学院』の文字が目印

前々回のコラムを真似して、ローアングルから撮影。 威圧感たっぷりですが、スカートの中は見えません。そこは神域なのです。覗きたい、そして踏まれたい……。

前述のとおり、いろいろな楽しみ方ができるのが『世紀末オカルト学院』の魅力だと思いますので、この本には色々詰め込んでいます。

まずはキャラクターとストーリーの紹介。 各キャラクターの設定・物語の流れなど、基本的なことを振り返ることができる作りになっています。載せる画像は自重していないが、大丈夫か? 大丈夫だ。問題ない。

画像は幼い頃のマヤ様のページ。
ニーソックスとタイツの違いとか。旧スク水とか。浮き輪とか。

セクシーな美風さんにはお尻の設定画まであるんですね。

この回は、最後のツンなマヤ様を取り上げかったのです。 あと鼻をつまむ姿。

あとは、『世紀末オカルト学院』の欠かせない要素をまとめた「オカルト大百科」

なるべく多くのネタを、なるべく分かりやすく……。 何故か「アベミノル」先生についても取り上げています。 それオカルト?

設定資料もいろいろ載っています。

長野県松代へ実際に何度も足を運んだというだけあって、
細かく丁寧に風景が再現されています。
聖地巡礼時にはじっくり比較してみるといいかも。

そして、こちらはインタビュー記事ですね。アニメ公式監修の「あの」編集部に突入取材!

こちらは「ムー」編集長の三上さんにお話を伺った時のものですね。
内容、凄く……濃いです。

さらにスタッフ&キャストインタビューも充実!

・伊藤智彦さん(監督)と千葉崇洋さん(キャラクターデザイン)
・日笠陽子さん(神代マヤ役)と水島大宙さん(内田文明役)

のW対談をはじめとして、計14名の方のインタビュー・コメントを載せています。

「日笠陽子さんがオーディションで演じたマヤとは!?」
「最終話に出てきた“フミアキ”は一体どっち?」
「千尋さんのポエムに隠されたウラ話」

などなど、皆様のお話の中で初めて明かされる事実もある……かもしれません。

さらにさらに、“しょこたん”こと中川翔子さんには、イラストを描き下ろしてもらいました!

描き下ろしイラストをちょっとだけお見せします。 これは、ネコミミ……?

その他にも色々詰め込んだ1冊になっているはずです。
11月27日あたりに書店に並ぶ予定ですので、気になった方は書店で探してみてください。


【ここだけの話、その1】
中川翔子さんには当初モノクロで原稿をお願いしていたのですが、なんとカラーの原稿をいただいてしまいました。 その原稿がまた美しいのです! でも掲載するスペースはモノクロ部分しか……ああもうどうしよう! この素敵なイラストをモノクロでしかお見せできないなんて、辛すぎる……!

ということで、本書のどこかにフルカラー版のイラストも急遽掲載することにいたしました。
ちょっと変わったところに掲載しています。


【ここだけの話、その2】
『ムー』編集長の三上さんへの取材は、学研の『ムー』編集部様へ突撃して行わせていただきました。 そう、あの『ムー』編集部です!皆さんは『ムー』編集部と聞いてどのようなイメージをお持ちになるでしょうか?この本には、そんな編集部内の様子もちょこっと載せています。謎のベールに包まれた『ムー』編集部の謎がここで明らになる! ……かもしれません。少しだけ。しかし、よく無事に取材から帰ってこられたなあ……。

一迅社 『ポストメディア』編集部 ブラコン担当・M子

【バックナンバー】
リニューアル!! 月刊ComicREX11・12月合併号は10月27日(水)発売ですよ!
AIKaだよ~10歳の保健体育だよ~おいしいよぅ香ばしいよぅ~
一迅社文庫のお知らせ盛りだくさん 新刊や最新情報
8月ぱれっと新刊と、ぱれっとフェアの紹介とか
ComicREX"単行本フェア"と"コミケ76"出展のお知らせッ!
ComicREX夏の新連載大攻勢~第2弾~
今回も盛りだくさんな「キャラ☆メル」とか、「東方」の事とか
ComicREX 夏の新連載大攻勢~「聖機師」始動~
ComicREX 夏の新連載大攻勢
4月末~5月頭に出る「かんなぎ」と「ギアス」本ですよ
キャラ☆メルVOL.8 校了直後のポストメディア編集部より
編集部にイケメンが加わった百合姫の春のラインナップ
一迅社文庫 2月新刊と今後のビッグタイトル(予定)とか 
TVアニメ「宇宙(そら)をかける少女」 見てますか?
1月売の百合姫コミックスとか、今年前半の百合姫編集部の抱負とか
ComicREXは2009年も駆け続けます!
今年最後の「キャラ☆メル」&年末進行の「ぱれっとLite」 
冬コミ 一迅社ブースはNo331ですよ~
ComicREX12月号、緊急重版完了!
脱・魔法使い指南書? 「30歳の保健体育」
REX12月号付録「かんなぎ」ドラマCD 声優さんのコメントなど
かんなぎアニメ放映開始でフェアも開催中のこと 
かんなぎ第1話完成とREX付録DVDのこと
読者の方の熱気がゲリラ豪雨をはねのけた、十文字青先生サイン会 
コミケ直後に発売する一迅社文庫8月新刊 
一迅社の夏コミ販売物と、十文字先生サイン会と
・ 今まさに「ろりぽ∞」サイン会をやっている状況で、一迅社のコミケ情報を垂れ流すのこと。
7月の百合姫と、「ろりぽサイン会」とか「かんなぎ」とか 
「キャラ☆メル」1周年とグレンラガン写真集第2弾「ニア」 
「かんなぎらじお」とアニメ放送日のこと
ジャンル「百合」なライトノベル、作ってます 
GW進行 「ひぐらし」・「ハルカ」(まだ作ってます) 
一迅社文庫 5/20創刊します 
「かんなぎ」アニメの続報と東方のこと
女装指南本「オンナノコになりたい!」 続編製作中 
「わっち」大特集のキャラ☆メルVol.4
戦力増強中の百合姫編集部 
3月1日創刊 ぱれっとLite 誌名が決まるまで
REX版「アイマス」限定版ドラマCDの話とREXのアレ 
カバーが「脱衣仕様」の本 製作中
『コミック百合姫』独立創刊しちゃいます 
取材への臨み方~その料理法が編集者の手腕 
「ソーダ屋さんのソーダさん」ドラマCD 
百合作品ガイドブック「百合ミシュラン(仮)」を製作中 
・ ZUN先生への励ましのビール きましたよ 
百合姫Wildrose、「規制をかけた状態」でご紹介 
キャラ☆メルvol.2  編集作業が最終局面 
早くも冬コミで何するのか決めねえといけねえ季節ですよ 
一迅社から女装解説書 「オンナノコになりたい!」 
夏コミの一迅社グッズ さらに細かく写真付きで
一迅社のコミケグッズ紹介「×っきー☆ちゃんねる~」 
だんだんコミケが近づいてきますよ 
キャラ☆メル創刊日です。ほんとによかった、発売できて。
ティンクルセイバーNOVA ドラマCD収録 
念願のキャラクター雑誌「季刊キャラ☆メル」
さあ、みんなゴールデンウィークだよ! 
「春夏秋冬」限定版ドラマCDは、こんなお話
編集者にとっての「新人賞」 
翠星石が、ののしりまくってくれる超素敵CD
ごきげんよう。月刊ComicREX編集部のイクマですよ 
おがきちか先生サイン会レポート 
ホント、日本人は、格闘技が好きですね
一迅社の"抱き枕ソムリエ" 抱き枕カバーにこだわる
今日は「パラオ」という国について
みなさんも歌いながらぐりぐり動かして遊んでください
ComicREX編集部新人、鈴鹿へ
受話器を置いた私、百合姫副編集長りっちいは困りました
世界で2ヶ所、空母を閲覧できるのをご存知ですか?
まんが4コマKINGSぱれっと そういえば、こないだ校了
3種の神器 名刺と手帳と書店用注文書
今回はやっぱりコミケレポ
一迅社の主戦場は3F女性向け商業誌フロア
仏さんじょ先生「ろりぽ∞」サイン会、メイド喫茶で
CYNTHIA_THE_MISSION3巻発売記念
REXコミックスの拡材を持って秋葉原に
一迅社 水樹奈々さん、小柄ですが存在感はすごい
いきなり無関係な焼酎のボトル
先日取材同行ってやつをしてきましたよ
編集長、ミクロシスターUNIを存分に語っちゃっう
一迅社ってなんだっけ?
この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51092609