2010年11月10日

ブレイドブレイカー1巻 「妖刀ならぬ幼女刀!?」

鈴木恭太郎 ブレイドブレイカー 鈴木恭太郎氏のコミックス 「ブレイドブレイカー」1巻【AA】が9日に発売になった。EARL.BOXさんのレビューでは『人の負の感情を感じ取る能力を持った主人公が、妖刀を封じる「鞘」の化身の少女に出会いその妖刀をめぐる戦いに巻き込まれるお話』みたいで、COMIC ZIN秋葉原店のPOPは『携えるは妖刀ならぬ幼女(体型)刀!?』だった。
-

鈴木恭太郎氏の 「ブレイドブレイカー」1巻【AA】発売

COMIC ZIN秋葉原店 「携えるは妖刀ならぬ幼女(体型)刀!? 男子の本懐ココにあり!」
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:描き下ろしイラストカード

鈴木恭太郎氏(=鈴木狂太郎氏?)がヤングキングアワーズに連載されているコミック 「ブレイドブレイカー」1巻【AA】が9日に発売になった。

コミックス情報によると、 『大学生の大森大樹は人の「殺気」が目に見えて判る特殊能力を持っていた。幼い頃から人間の汚さを感じ取って生きて来た大樹……ある時、女友達のストーカーの刃物を大樹があっさり避けるのを見た少女に「刀」の主となってくれと頼まれ……!?』というストーリーで、EARL.BOXさんのレビューでは『人の負の感情を感じ取る能力を持った主人公が、妖刀を封じる「鞘」の化身の少女に出会いその妖刀をめぐる戦いに巻き込まれるお話』みたい。

オビは『儂の主に成らぬか? 出会った少女は身の裡に妖刀を銜え込んでいた…』を謳い、メロンブックス秋葉原店のPOPは『「鞘」・桜と「主」・大樹の妖刀狩り開幕!!』、COMIC ZIN秋葉原店のPOPは『携えるは妖刀ならぬ幼女(体型)刀!? 男子の本懐ここにあり!な伝奇浪漫~』だった。
妖刀の「鞘」たる少女と 剣に不思議な才を持つ青年の出会い。 『ヤングキングアワーズ』で絶賛連載中、 鈴木恭太郎先生が描く妖刀剣戟譚『ブレイドブレイカー』、 ついにコミックス第1巻が発売。 少女の身体から刀を抜き放つシーンがたまらなくエロティック! そして息を飲む迫力の戦闘シーン! 
COMIC ZIN通販「ブレイドブレイカー1巻」紹介
なお、「ブレイドブレイカー」1巻【AA】の感想には、 物欲と知識欲の果てにさん『斬新かつ興奮の剣闘シーンと、自重しないパンツが盛り込まれた逸冊です・w・b!!』、彩彩華美さん 『ロリ要素を抜いたとしても十分面白い。妖刀や妖刀狩りとの戦いは剣の達人と「殺気」を読めるだけの素人と言う一見勝ち目のなさを帳消しにし、互角以上の戦いを演じる緊迫感のある殺陣はホント見所でした』や、徒然なる一日さん『刀を抜く時の鞘(ようじょ)の悶絶というか絶頂というか…とにかくエロいお!(マテ』 などなど。

「ブレイドブレイカー」1巻 コミックス情報

「儂の主と成ってくれぬか?」
「まだお主が触れて良い身体では無いぞっ!!!」
「儂の中にも一本の妖刀を納め封じておる」
「なッ…手がッ!?」
「共に闘うと誓えば…儂の全てに触れる事を許すぞ♥」
「永遠の櫻花!!!」

【関連記事】
幼女の体内に刀 ブレイドブレイカー2巻 「ペッタンロリはデフォ」
魔法教えました!!「鈴木狂太郎の描く少女はサイコーです!!」
鈴木狂太郎/魔法教えます!! 「幼女・・・かわいいよ・・・抱きしめたいよ!」

【関連リンク】
少年画報社 / ヤングキングOURS
「ブレイドブレイカー」1巻 コミックス情報
COMIC ZIN通販「ブレイドブレイカー」1巻
とらのあな通販「ブレイドブレイカー」1巻

【感想リンク】
華奢でもうペドい域に入りそうな女の子だとまた凄い背徳感で良いですな(変態です
ロリエロおパンツおパンツ……だけじゃない!
コマ割りと視点が非常に秀逸。『勢い』の表現手法について相当考え抜かれています
やたらぱんつを入れてくる アングルも、いっそ清清しいほどですw
あんな終わり方だと、続きが気になるジャマイカ!w
妖刀は人を虜にするらしいじゃないですか。当然鞘だって虜にしてくるでしょうよ
テンションダダ上がりの展開ですが、ロリ要素を抜いたとしても十分面白い
見た目以上にかなり素直で無邪気。そして若干無防備なとこが実によい幼女。いや鞘
主人公は、まだ一般人の気分が抜けてなかったようで、その為に支払った代償は…
設定はありがちだが、上手い。先の展開が楽しみ
骨ばった感じの画風とコマ割りは作者さん独特で見飽きさせません
儂の主に成らぬか?「ブライドブレイカー」1巻発売(大阪・日本橋)


ブレイドブレイカー 1巻 (ヤングキングコミックス)ブレイドブレイカー 1巻 (ヤングキングコミックス)
著者:鈴木 恭太郎
少年画報社(2010-11-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51093161