2010年11月20日

ヴォイニッチホテル1巻 「楽園のような常夏の島にあるホテルの一風変わった群像劇」

道満晴明 ヴォイニッチホテル 道満晴明氏のコミックス「ヴォイニッチホテル」1巻【AA】が19日発売になった。コミックス情報では『太平洋南西に浮かぶ小国・ブレフスキュ島、その小さな島のホテルが舞台。陽光降り注ぐのんびりした南国ムードの中、一癖も二癖もある宿泊客達の悲喜交々ドラマ』を謳い、てけとうにっきさん『一風変わった群像劇が今幕を開ける!』なマンガみたい。
-

道満晴明氏のコミックス「ヴォイニッチホテル」1巻【AA】発売
「南の島でゆっくり静養する時間のない人達に贈る、癒しの道満晴明ワールド!」

「大丈夫 心配いらない」
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
K-BOOKS秋葉原新館

『超常的な設定や世界観を多用しながら、虚無感や悲哀(と同時にシュールな笑い)を漂わせる寓話めいたものを得意とする()』という道満晴明氏のコミックス「ヴォイニッチホテル」1巻【AA】が19日発売になった。

裏表紙のあらすじ紹介によると『のんびりとした南国ムードの小さな島のホテルで、エキセントリックな宿泊者達が織りなす悲喜こ交々人間ドラマ』なお話で、オビでは『青い海と白い街並。黄色い大洋が島を彩る。ここは、太平洋南西に浮かぶ小国「ブレフスキュ島」。心地いい風に押されて、疲れた顔の男がホテルのドアを開ける――。南の島でゆっくり静養する時間のない人達に贈る、癒しの道満晴明ワールド!』などなど。

柳上さんのレビューでは『太平洋南西の島にあるホテルを舞台に、魔女かメイドとヤクザと殺し屋と売人と殺人鬼と覆面レスラーなどなどが織りなすオカルトのようなラブコメのようなショート連作。ほのぼのしたまま斜め上のテンションでハジけたかと思ったら、ふいに淋しさのようなものがよぎったり……』な感じみたいで、てけとうにっきさん『とある南の小島。楽園のようなその常夏の地にあるホテルヴォイニッチ。そこを訪れる様々な人々による一風変わった群像劇が今幕を開ける!』とのこと。

なお、「ヴォイニッチホテル」1巻【AA】の感想には、てけとうにっきさん『道満晴明先生の一般紙連載。でもやってる事はいつものような感じです』・『表面のノリはシュールでも背景にはしっかりとした設定が見え隠れしているのでそれが表面化してくる今後が楽しみ』や、Kenさん『全体の構成の中で、各エピソードが強く関連し合っているワケではないから、大きな物語というよりも、舞台設定を一つにしたアンソロジーっぽい雰囲気ではあった』、サロロさん『おもしろかったー。やっぱうまい、変則的なテンポが癖になる。ほんと絶妙。大好きだわー』などがある。

「ヴォイニッチホテル」1巻コミックス情報 / 道満晴明氏のBlog

「まだ眠そう さぁここに」
ポンポン
「ちょっおまっ中は?
箱の中身は!?」
「死のう 今すぐ死のう」
「Bランチお願いします」
「ワシントン条約に違反!?」
「傷なら私も ほら」
「キメながらオナるの
サイコ~~っ」

【関連記事】
道満晴明/よりぬき水爆さん 「酷くて優しくて痛くて温かい」
道満晴明:最後の性本能と水爆戦 「摩訶不思議 パラノイアメルヘン」
性本能と水爆戦征服 「エロマンガ界の異端児・道満晴明」

ハルヒアンソロジー 「涼宮ハルヒの競演」 くぼたまこと・道満晴明・ヤス・井冬良ら24人
スペランカーアンソロジー 「この厚さで死ねる!」 「16人の作家が描く男の死に様!」
COMIC快楽天7月号 「道満先生は自由すぐる!」

【関連リンク】
「ヴォイニッチホテル」1巻コミックス情報
秋田書店 / ヤングチャンピオン烈
道満晴明氏のBlog「道満晴明の寓居」 / Twitter
道満晴明 - Wikipedia
南の島でゆっくり静養する時間のない人たちに贈る、道満晴明ワールド!!(大阪・日本橋)

【感想リンク】
殺伐としたストーリーながら、キャラクターがコミカルで、ラブストーリーまで
表面のノリはシュールでも背景にはしっかりとした設定が見え隠れ
南の島を舞台にした、リゾートでラブコメでオカルトなお話
ほのぼのしてるのに、何故か怖くて、サスペンスで、エキセントリック
バイオレンスとエロスと癒しが混在する、奇妙なホテル
中身は割といつもどおりの道満さんだった
切れ味持ち味が薄れていないところがすばらしい
舞台設定を一つにしたアンソロジーっぽい雰囲気
どーまんってもしかして普通の漫画も面白く描けるのか
ヴォイニッチホテルでは~の順で結婚したい
変則的なテンポが癖になる。ほんと絶妙
人にお薦めし易い道満作品が出たー!



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51095969