2010年12月09日

TVアニメ化 電波女と青春男7巻 「妄想ヒロインの可愛さがヤバい。マジヤバい」

電波女と青春男 電撃文庫12月新刊のライトノベル「電波女と青春男」7巻【AA】がアキバでは8日に発売になった。 新刊情報は『これは、宇宙人が見守る街で描かれる青春物語。宇宙の何処か、別の地球の出来事かもしれないけどね』で、五月雨る粉灰さんの感想には『萌え悶え死ぬかと思った。妄想ヒロインの可愛さがヤバい。マジヤバい。やばばば』などなど。
-

TVアニメ化も決定「電波女と青春男」7巻【AA】発売

「ウチュージン探し?行く行く!」

「にわ君、格好良くなったな-って。それだけ」

「なんというか、アレだね。時々思うけど、私でよかったのかい?」
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原店

電撃文庫12月新刊の1つ、TVアニメ化も決定してる著:入間人間氏、イラスト:ブリキ氏のライトノベル「電波女と青春男」7巻【AA】が、アキバでは8日に発売した。

『電波女と青春男』は1巻書籍情報によると『異性と育む夢の高校ライフを過ごすはずだった俺の隣に、謎の電波女登場!?』で、青春ポイント(主人公の学園生活における青春度を表すポイント)の獲得に命を掛ける主人公と、同居する布団ぐるぐる電波女・藤和エリオの交流を描くラブコメディ?みたい。まいじゃー推進委員会!さんの1巻感想は『自分を宇宙人と言い張る電波で、そのうえ顔を含めた上半身を簀巻きにして謎の生物と化している、トンデモ少女がヒロインの…青春小説』だった。

今回出た「電波女と青春男」7巻は7巻書籍情報によると『青春ポイントにまつわるお話じゃなくて、「妄想ポイント」が主軸となるみたいだ。宇宙って途方もなく広いわけだし、俺たちが辿り着けないほど遠くにもう一つぐらい地球があって、そこではやっぱり俺やエリオたちがいて、似たような毎日を送っていて……とか妄想することがあるんだけど。今回はそんなお話』で、ギャルゲーのマルチエンディングのように、各ヒロインとのエンディングを妄想したショートストーリーみたい。

なお、「電波女と青春男」7巻【AA】の感想には、五月雨る粉灰さん『萌え悶え死ぬかと思った。妄想ヒロインの可愛さがヤバい。マジヤバい。ヤバいとしか言えないヤバさ。やばばば。前たん的な前川さんもリュウシやっちゅーにも。読みながら何度リアルに叫んだことか』や、うさぎ犬さん『今回は妄想のお話。だけど、その妄想の中に妙にリアルさがあって、これから誰に傾いたとして、それがどういう状況になるのかが書かれてる』、彩彩華美さん『第7巻は、妄想というかif的な未来図を描いた短編チックなエピソードで、ギャルゲー風にヒロインそれぞれとのマルチエンディングと締めくくりの本編ストーリーをごっちゃにしたショートストーリーでした』などがある。

なお、「電波女と青春男」のTVアニメは2011年4月放送予定。監督は化物語などの作品で知られる新房昭之氏、アニメーション製作はシャフト。電撃文庫12月の新刊ポスターでも『2011年春TBSにてアニメ化!』を謳っていた

「電波女と青春男」7巻新刊情報

「一番大きいのでもサイズが合わなくて」
「シロクマとペンギンのキスは数秒続いた」
「映画館の薄暗がりに紛れさせるように呟く」
「エリオ、お前は本物の宇宙人だったんだ!」
「ナンダ、コンナトコロニイタノカ」
「ふっふ、このエンディングも悪くないでしょう?」

【関連記事】
アニメ「電波女と青春男」、エリオ役の大亀あすかさんがきた3Dしおり配布
「電波女と青春男」最終8巻発売 アニメ放送直前に終わる
twitpic:ゲーマーズ本店、角川フロアの「電波女と青春男」。角川の春アニメ一押し?
twitpic:電波女と青春男、6巻時点では60万部。最新刊は7巻
ゲーマーズ本店に「このライトノベルがすごい!2010」入りしたラノベコーナー
電撃文庫11月新刊 「禁書目録」「狼と香辛料」など3300冊くらい
「電撃文庫 秋の祭典2010」フォトレポート
電撃文庫9月新刊を、とらのあな2Fではざっくり2100冊くらい積んでた たぶん過去最高

【関連リンク】
7巻ですが8割方が丹羽真の妄想でお送りします。キモ!
妄想という名のマルチエンディング、お見せします
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE
電波女と青春男(7) 書籍情報
電波女と青春男(1) 書籍情報
入間人間 - Wikipedia
イラスト:ブリキ氏のホームページ「ブリキの砦」
電波女と青春男@ウィキ
電波女と青春男 - Wikipedia

アニメ「電波女と青春男 」式ホームページ
『電波女と青春男』アニメ版スタッフ・キャスト発表
新アニメ『電波女と青春男』スタッフ&キャスト発表! 制作はシャフト!!!
新アニメ「電波女と青春男」の制作&キャスト発表!シャフトが制作を担当!
新作アニメ『電波女と青春男』制作:シャフト 監督:新房昭之 2011年4月放送予定

【感想リンク】
まさかの妄想で一冊使い切りました。はっはっは
マコ君の妄想(というか夢)×6+うらやまけしカラオケ(現実)の短編集チックな7巻
まさかのエルシャダイネタに思わず吹いた^^
それにしても、バカップルっぷりが良いなぁ。とってもニヤニヤできる
エルシャダイネタとか相変わらず満載w
もしこんな未来があったらという、丹羽くんの妄想話が炸裂してます
しかしよもやマルチエンドを小説一冊かけて、しかも妄想という形でやるとは思わなかったよ
まさかのエンディング集、確かにジジババエンドが一番ありそうだ(笑)
萌え悶え死ぬかと思った。妄想ヒロインの可愛さがヤバい



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51105592