2010年12月21日

殺し屋も組長も全員女子高生 「trash.」1巻 臓物ぶちまけ

trash(トラッシュ)1巻 原作:山本賢治氏 作画D.P氏のコミックス「trash.」1巻【AA】が20日に発売になった。 オビは『殺し屋も組長も全員女子高生!!』とかで、何かよくわからん気まぐれBlogさん『殺し屋といっても女子高生なので、華がある・・と思ったら大間違い。ほぼ殺戮が占めてました。こんな女子高生、永遠に出会いたくないわw』。
-

コミックス 「trash.」1巻【AA】発売
「殺し屋も組長も全員女子高生!! 一殺八万円で仕事引き受けます!!」

女子高生殺し屋 “フランチェスカ”マインと“バレット”石川るしあ

「この作品の売りは美少女アクションではなく、内臓でろ~ん脳味噌ぶちまくグロ描写かと」
屠られ日記!さん
メロンブックス秋葉原店
特典:メッセージペーパー
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

原作:山本賢治氏 作画D.P氏でヤングチャンピオン烈に連載されているコミックス「trash.」1巻【AA】が20日に発売になった。

オビ謳い文句は『《ヤマケン×ディーピー》クレイジータッグ!! 殺し屋も組長も全員女子高生!! 一殺八万円で仕事引き受けます!! 伝説の殺し屋"バレット&フランチェスカ"スラッシャーアクション!!』で、裏表紙には『人殺しの神様はいつだって私達の味方なんだから!』。とらのあな通販の紹介は『普段は可愛い制服に身を包んだ彼女たちのもう一つの顔は、“殺し屋”だった――!! 』になってる。

Wikipediaによると、原作の山本賢治氏は『内臓(いわゆるモツ)の描写には定評がある』みたいで、「trash.」1巻【AA】でも、モツパーティーや味噌パーティーや、ミンチパーティー、手足が無くなったり、目をつぶされ手を切り落とされ臓物ぶちまけしてたり。
アジア最大の歓楽街・歌舞伎町――。二人の少女が目覚める街。関東岩志組組長・許斐美能子から、悪逆非道な悪党どもの始末を請け負う伝説の殺し屋『バレット&フランチェスカ』。ベレッタとフランキスカで街を緋色に染める殺戮天使が今日も舞い降りる。クレイジーナンバー1のスラッシャーバイオレンス第一弾!!  「trash.」1巻裏表紙
なお、「trash.」1巻【AA】の感想には、何かよくわからん気まぐれBlogさん『ターゲットにされる人間はほとんど悪人が多いので、悲壮感よりもむしろスッキリって感じがちょっと多めですw それと、殺し屋といってもやはり女子高生なので、華がある・・と思ったら大間違いで、ほぼ殺戮が占めてました・・。可愛いというよりも、むしろ怖ろしい。こんな女子高生、永遠に出会いたくないわw』や、東雲さんの崩壊日記改さん『非常に色濃くヤマケンテイストが反映されておりどっちを向いてもキ●ガイだらけのたいへん楽しい作品になってますな。モツもたっぷりだ:D ということで、そっち向きのファンの方へ』、 アーリオ オーリオさん『いかれていやがりますなコリャ。 「ブラックラグーン」の猟奇双子編を彷彿とさせる雰囲気です。 強姦殺人者には目には目を~みたいな惨たらしい死を。 腕脚は飛び、脳漿内臓ぶちまけはあたりまえ! 坊や嬢ちゃんには見せられねえなあ』などがある。

「trash.」1巻コミックス情報

女子高生のバレット&フランチェスカ
1人殺すとギャラ8万円
「責任をもってゴミ掃除させていただきます!」
「な…な…なんだ!? なんなんだあ~~っっっ!!」
「写メなんか送ってきやがって… ゲッ!!」
内臓描写もいろいろ



【関連記事】
D.P:ポコのお仕事 「超フライング発売!」
サークルダルマルダ 臓器本 「若干グロ注意の臓器イラスト本です」
ちょいグロ漫画コーナー 「子供が泣いたら撤収かも」
秋葉原に恐怖スポット誕生
「この本は上級者向けです。見本をめくる際もご注意」 女の子の臓物
「断面図萌えな人に。ネットは広大だわ・・・」

【関連リンク】
秋田書店 / ヤングチャンピオン烈
「trash.」1巻コミックス情報
山本賢治 - Wikipedia
D.P - Wikipedia
とらのあな「trash.」1巻特設ページ
COMIC ZIN「trash.」1巻特典情報
グレースタイル 山本賢治先生の目に異常、網膜剥離に「近い」状態に

【感想リンク】
trash 1巻 女子高生の殺し屋二人組みによる血しぶきバイオレンス
血湧きモツ踊るバイオレンスアクション
女子高生が殺し屋とか、大好物です
だらりとした日常描写と、緊張感あるアクション場面のギャップが楽しめます
残虐なシーンが満載で、グロテスクながらも少しスッキリしてしまう所がニクイ!!
吐き気を催すような描写も目いっぱいとイカレた内容です
非常に色濃くヤマケンテイストが反映されておりどっちを向いてもキ●ガイだらけ
ドン!ドガッ!と悪人を軽く屠っては1秒後には肉塊の出来上がりって感じ
悪に対して一切容赦しない殺しを執行。これはこれで爽快…か?

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51109889