2011年01月08日

血まみれ包丁 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん ラノベ「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」をコミカライズした「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘」【AA】が、アキバでは7日に発売になった。コミックス情報では『不思議系美少女「御園マユ」。彼女には色々秘密が多くて!?』などを謳い、メロン秋葉原店には『原作第1巻の雰囲気をそのままコミカライズ!』な血まみれ包丁POPが付いてた。
-


「僕こと"みーくん"が久しぶりに再会したキミを、楽しく面白く支えていくから。嘘だけど」
裏表紙
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

原作の小説も完結し、1月22日に実写映画が公開される、入間人間氏のライトノベル『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』を、佐藤敦紀氏がコミカライズされた「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘」【AA】が、アキバでは7日に発売になった。

コミックス『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』は、コミックス情報では『クラスでも浮いてる不思議系美少女「御園マユ」。彼女には色々秘密が多くて…!?映画+原作のハイブリッド!コミックだけの新しい「みーまー」がここに始まる!!』謳い、とらのあなの紹介は『舞台は、小学生兄妹の失踪事件と連続殺人事件が同時に起きている田舎町…クラスでも浮いてる不思議系美少女"御園マユ"。彼女には色々秘密が多くて、なかなか周りとの距離を縮められずにいた。主人公であるみーくんは、何故か彼女との"絆"を感じるが、彼自身も心と身体に深いキズを負っていた…』などなど。メロンブックス秋葉原店には血まみれ包丁が描かれたPOPが付いてて、『原作第1巻の雰囲気をそのままコミカライズ 佐藤敦紀先生GJ!』になってた。

10年前に誘拐事件と殺人事件が起きた、ここ名岐町では、実は今も誘拐事件と連続殺人事件が起きている。町がそんな不穏で不安な空気に包まれている中、"まーちゃん"こと御園マユは、誰とも交わらず元気に生きていた。 でも大丈夫。周りの空気が読めていなくても、僕こと"みーくん"が久しぶりに再会したキミを、楽しく面白く支えていくから。嘘だけど。でも"まーちゃん"、まさかキミが幼い姉弟を誘拐した犯人だったなんて…ね
コミックス「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」裏表紙

なお、コミックス「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」【AA】の感想には、徒然なる一日さん『何て言うか…この二人は同棲させちゃ駄目だろ…と思ったわw 異様って言葉が一番似合うカップルって感じでしょうか。読んでいてゾッとするシーンが結構あったりして』や、何かよくわからん気まぐれBlogさん『怖い!学校に通うかのような気軽な気持ちで誘拐を行なう彼女と、コンビニにでも行くかのような気軽な気持ちで人を殺す彼。そんな犯罪を日常として処理できてしまう彼と彼女の精神が怖い!!』、漫画まみれラノベづくしさん『そこかしこに出ている病的な雰囲気がとてもいい。悲しく痛々しく少し温かい、人の心の物語といった感じでしょうか。なんども出てくる「嘘だけど。」っていう台詞が印象的ですね』などがある

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘」コミックス情報

不思議系美少女
「御園マユ」
「おっと」バチチチッ
「あや血が出てる」
「いたいあたまいたいいたいいたい」
「その時に僕とマユの螺子は緩んじゃったのかな」
「マユが殺人という手段で
事件を終わらせた」

【関連記事】
コミックス「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」積みに血まみれ包丁
コミックス「嘘つきみーくんと、壊れたまーちゃん」発売
ゲーマーズ本店に「このライトノベルがすごい!2010」入りしたラノベコーナー
電撃文庫9月新刊を、とらのあな2Fではざっくり2100冊くらい積んでた たぶん過去最高

【関連リンク】
角川書店 / ヤングエース
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘」コミックス情報
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん メディアミックス情報
原作1巻:書籍情報「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸」
原作1巻:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸
佐藤敦紀氏のホームページ
コミック版みーまーが発売した件について(秋葉原)
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の販促用POP
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10「終わりの終わりは始まり」発売 "完結"(大阪・日本橋)
『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』ヤングエースでコミカライズ決定

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん @ ウィキ
映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』公式サイト
映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』オフィシャルブログ
映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』公式Blogのブログ
映画版が思った以上の好感触

【感想リンク】
実写版と原作文庫版の和洋折衷的な内容だと思われるコミカライズ
とても普通じゃない、壊れた青春の1ページがここに!?
何て言うか…この二人は同棲させちゃ駄目だろ…
まーちゃんの壊れ方がまた素敵過ぎて思わずぞくぞくっとさせられました^^
原作を××している人にはコミカライズ版もお勧めしたい
過去の事件で心に傷を負った少年と少女が10年振りに再会し・・・
予想以上に自然な美少年で驚きました
それにしても、感情移入が難しい作品が最近多い



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51167777