2011年01月09日

愛恋千鳥1巻/ジェームスほたて 「淫らに喘ぐ姿と、汁っ気の多さがいやらしくて最高!」

愛恋千鳥 ジェームスほたて氏のコミックス「愛恋千鳥」1巻【AA】が8日にいくつかのお店で売ってた。徒然なる一日さん『エロ漫画じゃねーか!www あらゆる汁がつゆだく状態で、淫語も半端無くエロかった…』、何かよくわからん気まぐれBlogさん『巨乳の美少女が淫らに喘ぐ姿と、汁っ気の多さがいやらしくて最高でした!!』とのこと。
-


たくさん出てるのを飲んでるヒロイン 「ん゛あ゛っ ん~んんぅ♥」

「んくっ♥ん゛んっ♥んう゛」じゅずず♥ちゅぷっ♥じゅぷ♥

ジェームスほたて氏ヤングコミックで連載されているコミックス「愛恋千鳥」1巻【AA】が8日にいくつかのお店で売ってた。

「愛恋千鳥」は、何かよくわからん気まぐれBlogさんの紹介は『薬屋の家の息子で大学生の「孤里鑑生」の元に、日本刀を持った巨乳の女の子が現れ殺されそうになる。だが、彼女はイトコの「千鳥」で、逆に鑑生を護りに来たと言いつつ、何故か淫らな奉仕が始まってしまう。はたして、主人公「鑑生」の運命は・・』で、女の子が馬乗りになって股間を押し付けきたり、喉奥まで咥えてくれたり、手コキされたりで、主人公が尋常ではない量を放ってたりしてて、1巻のオビ謳い文句は『許して、淫らを』、『イトコとイイコト♥』。

代々続く薬屋を家業とする大学生・狐里鑑生。その鑑生のもとに現れた日本刀を携えた少女は、千鳥と名乗る。 イトコであるという千鳥の出現を契機に、鑑生をつけ狙う紅葉、その姉である初雪と次々とイトコが襲来……。 「鑑生を護る」という千鳥だが、2人の日々は淫らに彩られて……♥  「愛恋千鳥」1巻裏表紙

なお、「愛恋千鳥」1巻【AA】の感想には、徒然なる一日さん『絶対にエロい内容だろうなー…と思って買ってみたら…エロ漫画じゃねーか!www汁っ気が半端無く多くて、もう愛液、精液乱れ飛びって感じですw あらゆる汁がつゆだく状態で、淫語も半端無くエロかった…』や、何かよくわからん気まぐれBlogさん『常に日本刀を携帯していてちょっと危なっかしいけれど、でも可愛くて巨乳で口数少ない美少女が淫らに喘ぐ姿はかなりいやらしくて、最高に興奮した作品ですw』などがある

「愛恋千鳥」1巻コミックス情報 / ジェームスほたて氏のホームページ

「その手紙をよこせ
でなければ斬る」
「逆レイプ中ですよ なに可愛いとか思ってるんだよ俺…」
「長い舌がからんで
吸い付いてくるっ」
「お…おにくっこすれりゅズリズリってこすられちゃうぅ」
「あ゛ひんはひっはひん」
「せーえきいっぷぁいい…♥」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit