2011年01月21日

バビル2世 ザ・リターナー2巻 「コミケ3日目、お台場にポセイドン上陸!」

バビル2世 ザ・リターナー 「バビル2世」のスピンオフ「バビル2世 ザ・リターナー」2巻【AA】が20日に発売になった。「バビル2世 ザ・リターナー」はコミックナタリーによると『40年の時を経て蘇ったバビル2世が対決するのはアメリカ。ロストテクノロジーを巡り、激しい戦闘を繰り広げる』で、2巻ではポセイドンがコミケ3日目のお台場に上陸してたり。
-

「バビル2世」のスピンオフ「バビル2世 ザ・リターナー」2巻【AA】発売

ポセイドンがコミケ3日目のお台場に上陸

ポセイドンに驚く人たち「なんと、3日目は中止ですなこれは」
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店

原作:横山光輝氏、漫画:野口賢氏でヤングチャンピオンに連載されているコミックス「バビル2世 ザ・リターナー」2巻【AA】が20日に発売になった。

『バビル2世 ザ・リターナー』は、コミックナタリーによると『40年の時を経て蘇ったバビル2世が対決するのは、軍事国家と化したアメリカ。人類の科学と常識をはるかに凌駕するロストテクノロジーを巡り、激しい戦闘を繰り広げる』という、現在の日本を舞台にした「バビル2世」スピンオフ。

1巻コミックス情報は『40年の歳月を経て「バビル2世」が奇跡の復活!! 今度の敵は最強軍事国家・アメリカ!! 現代兵器VSバビル2世の超能力バトル勃発…!!』、今回出た2巻コミックス情報は『空の王者・ロプロスが復活! 超音速で飛翔するロプロスに米国空軍はまったく歯が立たず…。だがそこにとんでもない落とし穴が…!?』』になってる。

北極海で勃発した米国海軍イージス艦と「ポセイドン」の戦闘。一方、そのころ東京都・新宿に一人の少年と身体を自由に変形させる黒豹が現れた。米国陸軍戦闘ヘリ。アパッチとの壮絶な戦闘をくりひろげたその少年は自らを「バビル2世」と名乗り米国に宣戦布告。その後、バビル2世は101部隊と呼ばれる特殊部隊に強襲される。少年と同等の超能力を有する101部隊との戦闘は凄惨を極めるも少年は勝利。その後「ロプロス」と「ポセイド」を自分の元へと呼び出した。 バビル2世 ザ・リターナー1巻までのあらすじ

なお、「バビル2世 ザ・リターナー」2巻【AA】の感想には、ryokuさん『3つの僕復活! そしてアメリカ軍との戦闘へ。アメリカ側の行動の裏には、101から作られた兵士以外になにか重大な秘密が隠れていそう』、mmr193さん『すごいな 野口 賢!この勢いで描ききれるのか!?』や、炸裂ぱんださん『この101続編バビル2世は面白くなってきたな!ポセイドンとロ プロスはメカルフ名乗ってもいいだろwwヨミはバビル2世に味方するっぽいし続きが楽しみだっ!』、neanさん『所詮リメイクものと侮ってたら、ヤラれたぁという感じ。新しいロプロス、ポセイドンに惚れたぞぃ』などがある。

「爆撃機じゃないぞ!なんだあれは!?」
「ポセイドン、古代バビロニアの力を見せつけてやれ!」
「来たかロプロス、40年ぶりだな!」
「お台場にポセイドン上陸!」
「我々の敵は、地球上の生物ではありません」
「来るのが遅いぞ、バビル2世」

【関連記事】
バビル2世(2)「コミケ3日目、中止のお知らせ」
バビル2世 ザ・リターナー1巻 「出版界激震!バビル2世、復活」

【関連リンク】
秋田書店 / ヤングチャンピオン
「バビル2世 ザ・リターナー」2巻 コミックス情報
「バビル2世 ザ・リターナー」1巻 コミックス情報
バビル2世 - Wikipedia
コミックナタリー - ヤンチャン、野口賢によるバビル2世新解釈連載がスタート

【感想リンク】
リターナーを読んだら、もう陥落しちゃいました。なにこれ。面白いんですけど
作者の「描画演出力」は、ケレン味たっぷりでず抜けている
「バビル2世 ザ・リターナー」第2巻 時を超え現れた宿敵!新たな脅威となるのか!?
所詮リメイクものと侮ってたら、ヤラれたぁという感じ
『バビル2世ザ・リターナー』面白いなあ。『バビル2世』と『その名は101』を読み返したい。
この101続編バビル2世は面白くなってきたな!
面白いんだけど、なんというか、完結してから一気に読んだ方が楽しめるんじゃないか感が…
「バビル2世 ザ・リターナー」2巻レビュー
バビル2世(2)ザ・リターナー (ヤングチャンピオン・コミックス) 感想 - 読書メーター

【1巻感想リンク】
初代バビルや101なんて読んだことないよ!という方(俺含む)でも大丈夫!
読んでみたけどだいぶ原作と違うのね~
首都東京を血の海にするバビル2世の戦い!!
その名は101!バビル2世VS.最強軍事国家アメリカ!!
バビル2世ザ・リターナー 1 (ヤングチャンピオンコミックス) 横山 光輝 感想 - 読書メーター
伝説の第2章が開幕!「バビル2世 ザ・リターナー」スピンオフ新連載!


バビル2世ザ・リターナー 2 (ヤングチャンピオンコミックス)バビル2世ザ・リターナー 2 (ヤングチャンピオンコミックス)
著者:横山 光輝
秋田書店(2011-01-20)

クチコミを見る

バビル2世ザ・リターナー 1 (ヤングチャンピオンコミックス)バビル2世ザ・リターナー 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
著者:横山 光輝
秋田書店(2010-07-20)

クチコミを見る

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51184997
この記事へのトラックバック
「この四十年で人類も進化した!気をつけろ!」このバビル2世の台詞が、本作の作風を物語ってますね。「バビル2世 ザ・リターナー」は、原作の四十年後、2010年現在の日本を舞台...
バビル2世ザ・リターナー【今日も他人事】at 2011年02月10日 01:41