2011年02月09日

「やられ姿がエロ過ぎる!」 織田nonが描く女奴隷剣闘士

囚われし竜戦士ブランウェン 織田non氏がイラストを描かれた「クイーンズブレイド リベリオン 囚われの竜戦士 ブランウェン」【AA】がアキバでは8日に発売になった。公式ブログには『これまでの常識を打ち破るイラストがたくさんありますので、ご自分の目でお確かめください』で、E.M.D.2ndさん『やられ姿がエロ過ぎですわ。事後にしか見えないシーンもあったりするし!』とのこと。


立ちバックで後ろから突かれる・・・ではなく、下段スイング

ナカに大量の白濁液をそそがれてビクンビクン・・・ではなく、ボディを負傷
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店

『確かな画力で描かれる年上系お姉さんで数多の姉萌えをウハウハさせてる()』というエロ作家の織田non氏がイラストを描かれた、ゲームブック「クイーンズブレイド リベリオン 囚われの竜戦士 ブランウェン」【AA】がアキバでは8日に発売になった。

織田non氏はアキバを含め発売から数日で壊滅した「異端審問官シギィ」も描かれた方で、今回の女奴隷剣闘士ブランウェンは『大陸で最も高貴で希少な存在である"竜の血を引く者"であり、古代竜に仕える"聖竜の戦士"として知られていた』が、『奴隷剣闘士の身分となり果て、沼地の魔女の闘技場で奴隷や下等な魔物相手に生死を賭けた闘いを強いられている』というキャラクターで、「囚われの竜戦士 ブランウェン」【AA】の謳い文句は『待望の織田non第2弾は、悲劇の剣闘士!』・『いかなる辱めを受けようとも、わたしは誇り高き竜戦士…だっ…』になってる。

織田non氏はブログの作業報告で『またキャラクターを描かせていただけることに なりましたー!!』・『女奴隷剣闘士!!設定だけですでにエロイ!!』・『担当様の出すアイディアもかなり大好物な物ばかりなので、もうノリノリです^^』だったみたいで、おっぱいさるぐつわでよつんばい屈辱的な女尻ポーズや、拘束乳首股間責め一戦交えたあと 放心状態などなど。

大陸で最も高貴な存在と言われる聖竜の戦士として知られていたが、今は捕らえられ闘技場で生死を賭けた戦いを強いられている奴隷剣闘士。 『異端審問官シギィ』でおなじみ年上女性の艶姿を描かせたら天下無双の鬼才・織田non渾身の第2弾!  「囚われの竜戦士 ブランウェン」
なお、「クイーンズブレイド リベリオン 囚われの竜戦士 ブランウェン」【AA】は、 E.M.D.2ndさんのレビューでは『いきなり四つん這いな格好になっててフイタ。縛られたり、馬乗りにされたり、お尻ペンペンされたり、騎乗位(違う)されたりといろいろやりたい放題されています。で、そのまたやられ姿がエロ過ぎですわ。(なんか事後にしか見えないシーンもあったりするし!)』とのこと。

クイーンズブレイド公式サイト / 織田non氏のホームページ「non space」

おっぱい
さるぐつわでよつんばい
尻をもちあげた
屈辱的なポーズ
魔法の拘束具
乳首と股間責め
こっちに付きだしたケツ
一戦交えたあと
イキ顔放心状態

【関連記事】
「もう一度言います、クイーンズブレイドリベリオン異端審問官シギィが無いんです」
「鬼才・織田nonが描く妖艶聖女」QBリベリオン 異端審問官シギィ

COMIC快楽天3月号 「織田non、痴態貪る獣欲カラー!」
織田nonが初表紙のホットミルク 「今回はやたらと巨乳物が多かった気が」
COMIC快楽天7月号 「道満先生は自由すぐる!」

【関連リンク】
クイーンズブレイド公式サイト
「囚われの竜戦士 ブランウェン」キャラクター紹介
クイーンズブレイド リベリオン - Wikipedia
クイーンズブレイド美闘士Blog:ブランウェンとリリアナいよいよ発売!
クイーンズブレイド美闘士Blog:リリアナ&ブランウェン プレビュー
織田non氏のホームページ「non space」 / ブログ / Twitter

【感想リンク】
ゲームをするよりも、マニアは別の目的で使いそうな一冊です
いきなりこんな四つん這いな格好になっててフイタ
誇り高き女戦士が奴隷剣闘士に堕とされて・・・

クイーンズブレイド リベリオン 囚われの竜戦士 ブランウェン (対戦型ビジュアルブックロストワールド) クイーンズブレイド リベリオン 囚われの竜戦士 ブランウェン (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
ホビージャパン(2011-02-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

クイーンズブレイド リベリオン 異端審問官シギィ (対戦型ビジュアルブックロストワールド)クイーンズブレイド リベリオン 異端審問官シギィ (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
ホビージャパン(2009-11-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

Google+ | Twitter | この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています │ Ajax Amazon Edit


トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51212852