2011年02月09日

ついに最終章 狼と香辛料16巻 「ホロの笑顔だけで泣きそうです」

狼と香辛料ライトノベル「狼と香辛料 16 太陽の金貨(下)」【AA】がアキバでは8日発売になった。『狼と香辛料』は読売新聞の書評でも絶賛され、2度アニメ化もされた『行商人ロレンスと、狼神ホロのエポック・ファンタジー()』。16巻オビでは『本編感動の最終章!』を謳い、ZIN秋葉原店のPOPは『旅のおわり。このホロの笑顔だけで泣きそうです』だった。
-

著:支倉凍砂氏、イラスト:文倉十氏のライトノベル「狼と香辛料 16 太陽の金貨(下)」
ZIN秋葉原店「旅のおわり。このホロの笑顔だけで泣きそうです」


電撃文庫2月新刊の1つ、著:支倉凍砂氏、イラスト:文倉十氏のライトノベル「狼と香辛料 16 太陽の金貨(下)」【AA】がアキバでは8日発売になった。

『狼と香辛料』は支倉凍砂氏のデビュー作だったライトノベルで、1巻の作品紹介が『行商人・ロレンスと、狼神・ホロが織りなすエポック・ファンタジー!』、読売新聞の書評でも絶賛されたり、2度アニメ化された中世な世界を舞台に行商人とオオカミ娘が登場し、剣も魔法も登場せず経済を扱った作品。

16巻書籍情報は『行商人ロレンスと狼神ホロの旅、本編ついに感動の最終章!! デバウ商会によって新貨幣が発行され、自由と希望の町となるレスコ。 ホロは、禁書を得るためキッシェンへ。ロレンスは、デバウ商会に追われミューリ傭兵団とともに雪山を越えることに。バラバラになってしまった二人の運命は!? 行商人ロレンスと狼神ホロの旅を描く新感覚ファンタジー、ついに本編感動のフィナーレ!』で、COMIC ZIN秋葉原店では『旅のおわり。このホロの笑顔だけで泣きそうです』POPが付いてた。

人によっては、え?これで終わり?あれは?それは?なんて思われるかも知れません。担当様にも言われました。でも、それだと私の美学が……哲学が……うにゃうにゃ……と。
ただ、そんなことを思いながらも、シリーズ全体の心残りとしてひとつあって、構成的にニョッヒラ出せなかったのがなあ……と。そのような事情から後日談を丸ごとエピローグとして出します。本になってない短編もありますので、まだもう少しだけ「狼と香辛料」の世界を垣間見たい、という方はよろしくお願いします。多分初夏刊行予定です 支倉凍砂氏のあとがき抜粋

なお、「狼と香辛料 16 太陽の金貨(下)」【AA】の感想には、kimpeaceさん『本編完結。やっぱり寂しい。かなり後半まで結末が読めずにドキドキした』や、ノジタカさん『ホロとロレンスらしさで最後を迎えて読み終えた時にフニャときましたね。ラノベのジャンルとしては、今までに無いのでシリーズ通して楽しく読めました』、徒然なる一日さん『ロレンスは相変わらずピンチの雨あられですw やっと落ち着いたと思ったら、次から次へと振りかかるトラブル…やっぱりこのコンビは何だかんだ言っても名コンビなんだなー…と再確認してしまいますw』などがある。

「狼と香辛料 16 太陽の金貨(下)」書籍情報

ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
メロンブックス秋葉原店
K-BOOKS秋葉原新館

【関連記事】
電撃文庫11月新刊 「禁書目録」「狼と香辛料」など3300冊くらい
狼と香辛料11巻 「わっち祭りじゃー!!」
ネット完売? 「狼と香辛料 狼と金の麦穂」DVD付ビジュアルノベル出た
シャナ18巻・狼と香辛料10巻・・・電撃文庫2月の新刊 2000冊盛り
狼と香辛料ノ全テ 「恥ずかしいもの たくさん載ってます」
「アニメは終わったけど、小説はまだまだ続く!」 狼と香辛料8巻発売
「狼と香辛料」など電撃文庫新刊 「高く積みすぎちゃいました・・・(笑)」
まだまだ足りない 「狼と香辛料」

狼と香辛料 電撃コミックアンソロジー 「これはいい"わっち"!」
「いちゃいちゃロレンス爆発しろ!」 コミックス狼と香辛料 5巻
コミック版「狼と香辛料」2巻発売 「脱がなくてもすごいんです」
小梅けいと コミック版「狼と香辛料」1巻発売 ホロ乳首あり

【関連リンク】
AMW / 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE
電撃文庫2月の新刊 / 「狼と香辛料 16 太陽の金貨(下) 」書籍情報
著:支倉凍砂氏のBlog「すぱイしー ているず」 / Twitter
イラスト:文倉十氏のホームページ「ハイノハナ」 / Blog / Twitter
支倉凍砂 - Wikipedia
文倉十 - Wikipedia
狼と香辛料 - Wikipedia
アニメ「狼と香辛料 Official web site」

狼と香辛料16巻発売 「ホロの背中を撫でるロレンスに号泣必至です!」(大阪・日本橋)
[ラノベ質問状]「狼と香辛料」いよいよ最終章へ 17巻でついに完結
『狼と香辛料』16巻の表紙公開
「狼と香辛料」が読売新聞の書評で絶賛される

【感想リンク】
ついに最終巻。長かったなーとちょっと感慨深い
お前ら、本当に昔からやっていることが変わらないよなー、と思う
ホロとロレンスの二人旅もついに終着。『狼と香辛料』で最後の大勝負
うーん、実にこのシリーズらしい幕の降ろし方でしたね
やっぱりこのコンビは何だかんだ言っても名コンビなんだなー
もう最初からクライマックスです
かなり後半まで結末が読めずにドキドキした
ホロとロレンスですが、もう完全にデレデレです
口絵+挿絵で見開きの雪山のシーンと、ラス前のシーンは格別だった
ホロとロレンスの物語という点では素晴らしく綺麗に纏まったと思う
この表紙のホロを見ただけで泣けてしまう…。・゚・(ノД`)・゚・。
いやー、面白かった。上下巻の下巻ということもあり、1ページ目から物語が佳境
あの事件は、あの登場人物はどうしているのかと、気になる事は山ほどある
ホロとロレンスの話も一区切りを迎えました
北の地で巻き起こる貨幣騒動の顛末(ネタバレ)
読書メーター「狼と香辛料XVI 太陽の金貨(下) 」を読まれた方の感想(ネタバレ含む)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51212910