2011年02月09日

シロクロネクロ 「死んでもいいからエッチしたい!」「死んでも生地獄www」

シロクロネクロ 電撃小説大賞の電撃文庫2月新刊、著:多宇部貞人氏・イラスト:木村樹崇氏のライトノベル 「シロクロネクロ」【AA】がアキバでは8日に発売され、ゲーマーズ本店では『「死ぬ前に一度くらい女の子とえっちしてみたかったんだよぉ!」そんなわけでゾンビとして蘇りましたお^ω^ でも性的欲望を満たすと即成仏。死んでも生地獄ww』POPがついてた
-

著:多宇部貞人氏・イラスト:木村樹崇氏「シロクロネクロ」【AA】発売

「ゆ、湯上り卵肌ぁぁぁ!? うおおおォォ! そのタオルの隙間から覗く上気した桃色の肌はオレをどこへと連れて行こうというのかァァァ――(そして彼岸へ……)」

「メスガキがナメやがって! さっさと“死者の書"を渡しやがれ!」
「クロネクロ! 使者を冒涜する貴方たちに秘宝は渡さない!」
とらのあな秋葉原店A
特典:特製しおり
メロンブックス秋葉原店
特典:フルカラークリアしおり

電撃小説大賞を受賞された電撃文庫2月新刊の1つ、著:多宇部貞人氏・イラスト:木村樹崇氏のライトノベル 「シロクロネクロ」【AA】がアキバでは8日に発売になった。

書籍情報によると『屍体(ゾンビ)になっても死ぬほどアレな、ハイテンション・おバカラブコメ!! ちょっと……というか死ぬほどえっちな高校二年生・不二由真(ふじゆうま)は、不慮の死から強い未練を糧にゾンビとして蘇った』というストーリーで、オビ謳い文句は『死んでもいいから“えっち”したい!!!』。ゲーマーズ本店では『「オレは、死ぬ前に一度くらい女の子とえっちしてみたかったんだよぉ!」そんなわけで、ゾンビとして蘇りましたお^ω^ でも性的欲望を満たすと即成仏。周りはカワイイ女の子達。死んでても生地獄ww』POPが付いてた

「女の子との共同生活=脱・童貞!!」と喜ぶ由真だが、性的欲望を楔(くさび)に復活しているため「欲望を満たす=即・成仏!!」と知って悶絶する。雪路はそんな由真を元の人間に戻そうと父の親友・八尾(やお)の助言を仰ぐ。  秘宝"死者の書"を巡り、クロネクロとのバイオレンスアクションな日々が続く一方で、シロネクロの名門・アクセルロッド家の令嬢で可愛い少女ソファイアが仲間に加わる。可愛い女の子に囲まれバラ色の日々、のはずが大波乱が訪れ……!? 「シロクロネクロ」書籍情報
「シロクロネクロ」【AA】の感想には、まあいいか。さん『エロコメかと思っていましたが...決してそれ一辺倒では無く。どちらかと言えば異能バトルの方が分量的に多かったように思いました。ゾンビとのバトルがあるので、血やら臓物が飛び交う微妙にハードな展開がありつつ、主人公のアホな言動のお陰で重い話になり過ぎないよう救われていた感じでしょうか』とのこと。

なお、著者の多宇部貞人氏が第17回「電撃小説大賞」を報じた読売新聞の記事によると、多宇部氏は『自分も中高時代に主人公のような気持ちだったので、読者がこのままの自分でがんばればいいんだ、と思ってくれたらいい。これからも楽しんでもらえることを第一に、新作をどんどん出していきたい』をコメントされていたみたい。

「シロクロネクロ」書籍情報

「あのね、キミはもう既に死んでるのよ」
「一人で楽しむ……一人で……おい、まさか……」
「ハンドルから片手を離して中指を立ててきやがった」
「見た目はポンデライオンのクセに」
「アップリケのくまも幸せそうだ」
「オレの右拳に、会心の手ごたえが刻まれた」


【関連記事】
シロクロネクロ2 「シロvsクロの戦いが激化 そしてハーレムライフも激化」
だから僕は、Hができない2 「ち、乳ビンタだとぉっ!」
「だから僕は、Hができない」 お風呂、生乳、裸Yシャツ。
これはゾンビですか?「1・2・3 アニメ化だー!!」
「アクセル・ワールド」 アキバも売れてるみたい

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫
「シロクロネクロ」書籍情報
木村樹崇氏のホームページ「Digi-Force」 / Twitter
電撃小説大賞 多宇部貞人さんの「シロクロネクロ」
2010年3月から2011年3月までデビューした新人のオリコン1万越え

【感想リンク】
シロクロネクロ (電撃文庫)のインクさんのレビュー
エロは世界を救う!?妄想パワーで復活、ネクロマコメディ!!
印象としては意外なほど爽やか!
バトル要素、学園ラブコメ要素、エロ要素などが惜しみなく盛り込まれた作品
どちらかと言えば異能バトルの方が分量的に多かったように思いました
ゾンビ小説。死せる彼をつき動かすのはエロパワー!
作者は相当東方が好きだと思う
いくらなんでも主人公が駄目人間すぎじゃね?
突出した部分がないので総合的にマイナスに見える
凄く読みやすい―けれども、作品としては可もなく不可もなく
下ネタの質が合わなかった

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit