2011年02月17日

「数々の迷セリフで有名な冒険王版ガンダムが、復刻版で登場!」

冒険王版ガンダム 復刻版ファーストガンダムオンエア時の1979~80年に、当時の少年漫画誌「冒険王」に連載されたコミックス「機動戦士ガンダム」【AA】が復刊し、アキバでは16日発売になった。 『スーパーロボット的テイストが盛り込まれているのが特徴』みたいで、メロン秋葉原店のPOPは『数々の迷セリフで有名な冒険王版ガンダムが復刻版で登場!』だった。
-

「冒険王」で、1979年~1980年に連載されたコミックス「機動戦士ガンダム」【AA】復刊

メロンブックス秋葉原店 「数々の迷セリフで有名な冒険王版ガンダムが復刻版で登場!
アグレッシブなアムロが見れるのは冒険王版だけですよ」

メロン秋葉原店POP「数々の名シーンが君を待つ!」
宇宙空間で発進するズゴックや、スイッチ1つでザクを撃破テレビを叩き割るアムロ

ファーストガンダムオンエア時の1979~80年に、当時の秋田書店が発刊していた漫画雑誌「冒険王」に連載された岡崎優氏のコミックス「機動戦士ガンダム」【AA】がマンガショップより復刊し、アキバでは16日発売になり、メロンブックス・K-Booksで見かけた。

今回復刊した、「機動戦士ガンダム」【AA】は1979年5月号~1980年2月号に冒険王に掲載された全10話と、別冊冒険王に掲載された「機動戦士ガンダム�V めぐりあい宇宙」を収録したもので、オビの謳い文句は『伝説のコミカライズが今甦る!』、『TVアニメ放映と同時に発表された唯一の長編漫画が連載時の紙面を限りなく再現したオリジナル版で登場』になってた。

もともとの冒険王版ガンダムは、ガンダムコミック大全さんによると『史上初のガンダムコミックとなるこの作品は、当時の情勢もあり製作サイドの監修がほとんど行き渡っていないため、内容としてはかなりのブッ飛んだコミックとなっている。「ガンダム」というブランドが確立されている昨今では考えられないようなストーリー展開であり、基本的な流れ以外は原作・設定無視のコミカライズとなっている。しかし現在の「ガンダムとは何か」を知っているヒトたちにとっては、その設定無視さ加減が逆にギャグマンガとしての面白さを際立たせていて、現在でも一部でカルト的な人気を集めており、ファンならそれなりに一見の価値はあると思われる作品である』な初代ガンダム漫画みたい。

メロンブックス秋葉原店には『数々の迷セリフで有名な冒険王版ガンダムが復刻版で登場!アグレッシブなアムロが見れるのは冒険王版だけですよ』POPがあり、テレビを叩き割るアムロや、スイッチ1つでザクを撃破宇宙空間で発進するズゴックなどのコマを使ったPOPを展開していた。

ロボットアニメ不朽の名作『機動戦士ガンダム』。いわゆるファースト・ガンダムのテレビ放送中に連載された唯一の長編マンガが、この「冒険王」版である。今回は可能な限り「冒険王」の誌面を再現したオリジナル版で登場!!執筆は「テレビマガジン」で『キューティーハニー』『UFOロボグレンダイザー』を連載したことでも知られる、コミカライズの匠・岡崎優氏。その内容は、掲載誌の読者層に合わせて、スーパーロボット的テイストが盛り込まれているのが特徴であり、読みどころともなっている。復刻版「機動戦士ガンダム」裏表紙

なお、冒険王版「機動戦士ガンダム」旧版の感想には、ぎんが帝国さん『話の流れは細部ははしょってありますがアニメ版とだいたい大まかには同じ(?)です。しかし、アムロの性格が全然違う!(だって「くそっ、しょうがねえな」とかいうセリフが二話に出てくるんですよ(^^;) 顔つきからして違っていて、非常にカッコイイ美少年なんですよ。設定書にあった「○○○してはいけない」っていう注意書きを全部無視して描いたらこうなるんじゃないかと思うくらいアニメ版とギャップがあります』や、アヴァロンさん『本来なら「相手がザクなら人間じゃないんだ…!」と自分に言い聞かせるシーンも物言わず撃ち落して「ざまぁみろ!w」とぬかす鋼鉄ジーグっぷりがステキすぎる』、コロボックル工房1さん『なんか、スイッチ1つでモビルスーツ2体を粉砕してます。連邦のモビルスーツは化け物ですね』などがあった。

「機動戦士ガンダム」コミックス情報

「TV・SFロボット巨編
どうどう新れんさい!!」
「機動戦士だっ!!
あれをもってきたのか!?」
「ええい、このスイッチだ!!」
「赤い彗星だって!?そういや、やけにすばやい!!」
「負けんぞ…絶対キサマらになど負けるものか…!!」
「平和な宇宙をオマエたちの勝手にはさせんぞ!!」

【関連記事】
twitpic:冒険王版ガンダム 復刻版。zinにも入荷
画像:復刻版 冒険王版ガンダム(1)発売。メロン
水陸両用モビルスーツBOOK 「なんだよそれマニアックなwwww」「オレ大歓喜w」
伝説の量産型モビルスーツを徹底解説「マスターアーカイブ RGM-79 GM」
「ガンダムを知っているから笑ってしまう。まさに腹筋崩壊ww」
MS-06アーカイブス 「ザクマニア垂涎!」のザク専門書
「アッガイ 戦場アホアホバトル漫画が奇跡の単行本化!」
RGM-79 GM特集 ザ・ジム 「ザクが至高のMSならば、ジムは究極のMS!」
機動戦士ガンダム RB-79ボールの同人誌 「ボール超カケー!!」
ザクオンリー本 「ザク大事典 All about ZAKU」発売
ガンダムを通常の3倍楽しむ 「ガンダムの常識 一年戦争モビルスーツ大全」
2009年はガンダム30周年 新年の歴代ガンダムOPデモ
デブいガンダム漫画 ぶよガンダム 「しょっぱなのザクにキュン萌え」
ファーストガンダムDVD-BOX発売、聖地アキバはこんな感じ
復刻したファーストガンダム主題歌 「レトロを通り越して、一回りして斬新」

【関連リンク】
マンガショップ
「機動戦士ガンダム」コミックス情報
冒険王版ガンダムとは (ボウケンオウバンガンダムとは) - ニコニコ大百科
機動戦士ガンダム (冒険王版) - Wikipedia
岡崎優 - Wikipedia
冒険王 (漫画雑誌) - Wikipedia
ガンダムコミック大全

機動戦士ガンダム 第1話
初期の「ガンダム」シリーズ、YouTubeで5話限定の無料配信スタート
自民議員「ガンダム実現がマニフェストになるかも。石破氏には提案済み」

あちこち違いすぎるんですが、なんと言っても「頼もしすぎるアムロ」(;´▽`A``
これが熱血アムロか
あなたの知らないガンダムがここにあります! ガンダムフリークならぜひ!(大阪・日本橋)

【旧版関連リンク】
「やったぞ、サイド7の最期だ」
「ええい このスイッチだ!!」
くそっ、しょうがねぇな
「ざまあみろ」
「いやーっ!!」「ちーっ!!」


機動戦士ガンダム (サンライズ・ロボット漫画コレクションvol.1)機動戦士ガンダム (サンライズ・ロボット漫画コレクションvol.1)
著者:矢立肇/富野由悠季/岡崎優
マンガショップ(2011-02-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51226195