2011年02月25日

CHOCO 「イグナクロス零号駅 4」~シビュラージュの原罪~前編

イグナクロス零号駅 CHOCO氏のコミックス「イグナクロス零号駅」4巻【AA】がアキバでは24日発売になった。 新刊情報では『時は遡り、大戦前の「シビュラージュリング」完成記念式典へ。報道カメラマン・チャスケは2人の姫巫女に目を奪われる。しかし、その式典で事件が起きて……?』で、オビは 『零号駅誕生の裏に秘められし真実が明らかになる!』になってた 。
-

CHOCO氏のコミックス「イグナクロス零号駅」4巻【AA】
「零号駅誕生の裏に秘められし真実が明らかになる!」

「愛しの…いと…」

「お、お願い!お兄ちゃん!!」
ゲーマーズ本店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店

電撃大王で連載されているCHOCO氏のコミックス「イグナクロス零号駅」4巻【AA】がアキバでは24日発売になった。CHOCO氏は武装神姫のキャラクターデザインや、ゼノサーガシリーズのキャラクターデザイン・メカデザインなどに参加されているイラストレーター・漫画家さん。

今回発売になった『イグナクロス零号駅』4巻は、新刊情報では『時は遡り、大戦前の「シビュラージュリング」完成記念式典へ。式典を取材する報道カメラマン・チャスケは2人の姫巫女、ミランダとイプシィに目を奪われる。しかし、その式典である事件が起きて……?連載再開以降のエピソードを一気に読める第4巻、ここに推参!』を謳い、オビのキャラクター紹介によると、「イグナージュリングの管理を司る"青の姫巫女"」神林ミランダ、「ミランダと対をなす"黒の姫巫女"」神林イプシィ、「スクープ精神旺盛なフリーカメラマン」茶木チャスケなどが登場し、4巻オビは『愛しき姫巫女よ、きみはオレの被写体』、『零号駅誕生の裏に秘められし真実が明らかになる!』だった。

イグナクロス零号駅を舞台に、この駅に訪れる様々な乗客とのやり取りを描く。長期休載前までの連載分でコミックス3巻までに収録。成年誌(コミックZip)での不定期掲載後、『月刊コミック電撃大王』にて連載され、およそ6年間の休載の後、2010年6月号から『イグナクロス零号駅~シュビラージュの原罪~』を連載中。イグナージュリング完成当時の世界の混沌を、一人のカメラマンの目線を通して描かれている。 イグナクロス零号駅 - Wikipedia

なお、「イグナクロス零号駅」4巻【AA】の感想には、kugikugiさん『半分CHOCOさんの趣味がはいってるじゃねぇかw』や、連載時のHAVEの日記さん(第1話掲載時)『イグナーシュのシステムを紹介したら襲撃されました話』『これは、真実を追うカメラマンが主人公にあたるのでしょうかね。そして、冒頭を読む限りでは、傲慢な人間が力を欲しているような雰囲気ですかね』などがある。

CHOCO氏のホームページ「CHOCOLATE SHOP」 / イグナクロス零号駅特設ページ

「青の姫巫女ミランダ 
黒の姫巫女イプシィ」
「なおのこと本性を撮ってやりたくなるね!」
「ではまず、この足に口づけを」
「のぞくな!お兄ちゃん!!」
「私の死体が撮りたいの?」
「ちょっと!!待って!!」

【関連記事】
絵師さん52人のヘッドフォン娘 「ヘッドフォン少女画報」発売

【関連リンク】
CHOCO氏のホームページ「CHOCOLATE SHOP」
アスキー・メディアワークス / 電撃ドットコム
月刊コミック電撃大王 / 大王コミックス、2月の最新刊!
イグナクロス零号駅特設ページ
イグナクロス零号駅 - Wikipedia
CHOCO - Wikipedia
イグナクロス零号駅 - ストーリーを教えてもらうスレ まとめ Wiki*
ハイエンドの元祖CHOCO「イグナクロス零号駅」大王で復活

【感想リンク】
半分CHOCOさんの趣味がはいってるじゃねぇかw

なんというか、パンツって感じっす(2011年3月号連載時)
チャスケは覗きだな(2011年1月号連載時)
温泉ど~ん。都合いいっすねぇ~(2010年12月号連載時)
チャスケの所にイプシィ来客話(2010年11月号連載時)
ミランダは、軽く濡れる!状態かしら(2010年10月号連載時)
いまいちよく理解できておりませんなんだ(2010年8月号連載時)
姫巫女の周りの人間達紹介話(2010年7月号連載時)
真実を追うカメラマンが主人公にあたるのでしょうかね(2010年6月号連載時)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51229829