2011年03月04日

僕らのナムコ80'sトリビュートコミック 「我が青春のナムコ!」

僕らのナムコ80'S トリビュートコミック ナムコゲームのアンソロジーコミック「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」【AA】がアキバでは3日発売になった。コミックRUSHブログによると『ビデオゲーム史に残る名作を輩出し続けた、ナムコを愛してやまない作家陣が描く、1980年代青春グラフィティ&トリビュートコミック!!』で、アーリオオーリオさんの感想では『我が青春のナムコ!』。
-

1980年代ナムコゲームアンソロジーコミック「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」【AA】

「あふれる飛び出るナムコ愛!!」
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原

1980年代のナムコゲームをテーマにしたアンソロジーコミック「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」【AA】が、アキバでは3日発売になった。

『僕らのナムコ80'sトリビュートコミック』は、コミックRUSHブログによると『「パックマン」「ギャラガ」「ゼビウス」「ドルアーガの塔」「ファミスタ」……。そんな、ビデオゲーム史に残る名作を輩出し続けた、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)を愛してやまない作家陣が描く、1980年代青春グラフィティ&トリビュートコミック!!』な、オビの謳い文句は『みんなみんなナムコが大好きだ!!』、『ナムコ(現バンダイナムコゲームス)を愛してやまない作家陣が描く1980年代青春グラフティ&トリビュートコミック!!』、『あふれる飛び出るナムコ愛!!』になっている。

カバーイラストはヤスダスズヒト氏で、漫画は、うめ氏、清野とおる氏、久松ゆのみ氏、道満晴明氏、平沢ケンゴ氏+塚本エミイ氏、ドリヤス工場氏、冨士宏氏、押切蓮介氏、水越保氏+たかはしまもる氏、能田達規氏、雑君保プ氏、千翠茉子氏、片瀬優氏の全13編、遠藤雅伸氏×冨士宏氏の特別対談や、ナムコビデオゲーム年表、各ゲームの解説などを収録。

「パックマン」「ギャラガ」「ゼビウス」…TVゲームをやらない人も、一度は名前を聞いたことがあるであろうゲームタイトルたち。これらビデオゲーム史上に残る名作は、すべて「遊び」をクリエイトするナムコ(現:バンダイナムコゲームス)が1980年代に生み出したもの。
そんなナムコゲームの魅力に、どっぷりハマった作家陣が敬意を込めて執筆したのが、本書「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」なのです。
「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」はじめに

なお、「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」【AA】の感想には、アーリオオーリオさん『我が青春のナムコ!コナミ、カプコン、デコなど。私のゲーム魂を揺さぶってくれたメーカーは多々ありましたが。ずば抜けて私の心を独占してくれたのがナムコのゲームでした』『ゼビウスやディグダグなどのナムコ・オールドゲームを題材として。各先生が当時のゲームを語ったり、パロったりする短編マンガ集です』や、更新を怠る日々さん『ナムコ愛にあふれている本です。当時ゲームにはまった人には超お勧め』などがある。

「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」新刊情報

ギャラガ
ゼビウス
ナムコのファミコンゲームの箱
バトルシティー
バトルシティー
ピストル大名の冒険
ファミコン版ディグダグ
リブルラブル
ワルキューレの伝説

【関連記事】
スペランカーアンソロジー 「この厚さで死ねる!」 「16人の作家が描く男の死に様!」

【関連リンク】
JIVE
「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」新刊情報
ナムコ - Wikipedia
ナムコのゲームソフト - Wikipedia

【感想リンク】
ナムコ・ファンとしてはぜひとも目を通しておきたい作品ばかりです
当時ゲームにはまった人には超お勧め
80年代のナムコゲームに対する熱い思いをぶつけた?アンソロジーコミック
30代以上のおっさんホイホイみたいな話題になります(;´▽`A``
「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」発売中


僕らのナムコ80'sトリビュートコミック (CR COMICS DX)僕らのナムコ80'sトリビュートコミック (CR COMICS DX)
著者:COMIC RUSH編集部・編
ジャイブ(2011-03-07)



この記事はゲーム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51233838