2011年03月20日

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 「はがない平坂読大絶賛!」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっているガガガ文庫の3月新刊の、渡航氏のライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」【AA】が19日に発売になった。あらすじは『リア充爆発しろ!友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だった』で、オビでは「僕は友達が少ない」の『平坂読、絶賛!!』を謳ってる。
-

ガガガ文庫3月新刊 渡航氏のライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」【AA】
イラスト:ぽんかん(8)氏

「青春は残酷だ!?ひねくれ男の妄言ラブコメ」

巻頭の折り込みポスター
とらのあな秋葉原店A
夜には完売
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原店

ガガガ文庫の3月新刊の一つ、著:渡航氏挿、絵:ぽんかん(8)氏のライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」【AA】が、東北関東大震災の影響で、1日遅れの19日に発売になった。

書籍情報では『--青春は嘘で欺瞞だ。リア充爆発しろ! ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だった。さえない僕がひょんなことから美少女と出会ったはずなのに、どうしてもラブコメにならない残念どころか間違いだらけの青春模様が繰り広げられる』を謳い、巻頭の折り込みポスターではキャラのセリフ「爆発しろ」・「てっきり私のこと好きなのかと思ったわ」・「誰がビッチか!!あたしはまだ処――」などなど(とら・ゲマは当日完売)。

このライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』のあらすじは、平坂読氏の『僕は友達が少ない(はがない)』に似てるみたいだけど、オビ謳い文句は『平坂読、絶賛!!』と、平坂読氏のコメント『トラウマを抉られつつも超面白かったです。友達がいなくても強く生きていく勇気をもらいました!』入り。

まあその、オビの依頼を受けてあらすじを聞いたとき「…いい度胸ですね?」とは思ったものの、面白くなかったら断るつもりだったけど面白かったので仕方ないので絶賛しました。ガチでとても面白いです。特にはがない好きな人なら絶対いけます 「僕は友達が少ない」平坂読氏のつぶやき

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」【AA】の感想には、deltazuluさん『さりげないエピソードが胸に痛い!友達がいない二人が、奉仕部として、人助けしていくことで、ちょっとずつ変わっていくあたりが楽しいです。ラブコメな要素がチラチラあって楽しいので、続きも期待』、ひづみさん『僕は友達が~を、尖らせた感じ。自分はこっちのほうが好み。哀しい名言の宝庫だと思う』、ラルフさん『この溢れんばかりのぼっち感ェ…まさに達人の域である。気持ち分かっちゃう自分が切ない』などがある。

なお、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』のあとがきで、著者:渡航氏は『おれも女子高生と制服デートしたかった。いや、今もしたい。そんな思いを込めて書きました。楽しんでいただけると嬉しです』などを書かれてる

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」書籍情報

「あー、出た。出たよこれ」
「女子力って単語が
もうビッチくさいよな」
「これは毒見と言うんだ」
「俺の"絶対に許さないリスト"を読んだのか!?」
「誰。なんで名前知ってんの」
着替え中

【関連記事】
「こうして彼は屋上を燃やすことにした」 なぜか北斗の拳アスキーアート
キミとは致命的なズレがある 「殺人鬼の記憶と事件の真実を追うサイコサスペンス」
僕は友達が少ない5巻 「残念系ラブコメディ、二学期編突入!」
僕は友達が少ない(はがない)4巻 「ゼロの使い魔を超えちゃったよ」

【関連リンク】
小学館 / ガガガ文庫
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」書籍情報
ガガガ編集部ログ / 平坂読先生に、帯の推薦コメントを頂きました!
著者:渡航氏のBlog「渡航日誌」 / Twitter
ラノベ作家のリアル立ち回り~さっぱり売れないときはどうすればいいの?編
挿絵:ぽんかん(8)氏のBlog「ゼロキョリ射撃。」 / Twitter / pixiv
「僕は友達が少ない」1巻書籍情報
「僕は友達が少ない」著者:平坂読氏のTwitter
オビの依頼を受けてあらすじを聞いたとき「…いい度胸ですね?」
オビに推薦文を書かせていただきました

大阪屋ランキング9週目ランクイン
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 緊急再重版決定
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』平坂読、絶賛!!!
第5回小学館ライトノベル大賞受賞作がキワモノぞろい

【感想リンク】
ラブコメとか全部何かの間違いだし。ダメダメな青春を送っちゃおう
誰からでも安定して80点を取れるタイプの作品だと思った
とにかく主人公・八幡のキャラが強烈
はがない作者が絶賛!「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」
面白かった。是非、続きが読みたい
美少女と部活動をすることになったヒネクレ高校生の一風変わった青春ラブコメ
いやー笑える話でした。もう主人公の全てが痛々しい。なんだコレ
こんなに残念に思ったのはこの作品が初めて
こいつぁやばい。ただの青春ラブコメと思ってるとやられますよ?
これは楽しかった。そうだよねー、人間嫌なことってずっと覚えてるよねー(遠い目)
これは痛い。残念系小説の中でも随一の痛さ
苦笑いとニヤニヤが止められない残念青春コメディ
文章のテンポが自分にとてもなじんでくれたようで、大変読みやすかった
途中読みですがテンポいい文章です。楽しいですよこのタイトル
クラス内での人間関係など妙に生々しくて
僕は友達が~を、尖らせた感じ
この溢れんばかりのぼっち感ェ…まさに達人の域である
照れ隠しとかニヤニヤしちゃう
個性的なヒロインもキャラが立っていてカワイイ(ネタバレあり)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。感想 - 読書メーター(ネタバレあり)


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
渡 航 ぽんかん(8)

GJ部 5 (ガガガ文庫) ひきこもりの彼女は神なのです。 (HJ文庫) うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。 (HJ文庫) 五年二組の吸血鬼 (一迅社文庫) デート・ア・ライブ  十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51239904