2011年03月22日

「緋弾のアリア」アニメ放映直前! 赤松中学&こぶいちインタビュー(前編)

緋弾のアリア コミックアライブ編集部リナックスです。今回はこの場をお借りして、4月にいよいよTVアニメ放映が迫っている「緋弾のアリア」の原作小説の著者である赤松中学先生、イラストのこぶいち先生へのインタビューを敢行!平和の温故知新の平和さん、かーずSPのかーずさんをインタビュアーに迎えて、赤松中学先生、こぶいち先生に熱く語って頂きました!
-

4月にいよいよTVアニメ放映が迫っている「緋弾のアリア」

MF文庫「緋弾のアリア」 最新刊9巻は3月25日発売予定です
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称「武偵」を育成する特殊な学校。 「あるきっかけ」で頭脳が活性化するという体質を持つ遠山キンジは、通学途中に爆弾事件に巻き込まれ、強襲科(アサルト)の超エリートである神崎・H・アリアと出会ってしまう――。Sランクの最強武偵・アリアと、(普段は)一般人・キンジの凸凹コンビが凶悪犯に立ち向かう、大スケールアクション&ラブコメディー!! 「緋弾のアリア」あらすじ
著:赤松中学先生による「緋弾のアリア」は、「ゆずソフト」で活躍中のこぶいち先生の描くかわいらしいキャラクターが、武器をもって通学可能な学校で通ったりバトルしたり、その学校にはいろいろ歴史上の偉人たちと関わりのあるキャラクターが通学していたり、野球でいうオールスター戦のような華やかさのある作品です。 そんな人気シリーズの源泉に足を踏み入れる禁断のインタビュー、早速どうぞ!



◆放送開始直前!アニメ化の感想は…?

―――「緋弾のアリア」アニメ化おめでとうございます! アフレコに立ち会われた感想はいかがでしたか?

赤松中学先生(以下、赤松):ずっと考えながら見ていたので、終わった時はもうヘトヘトですね、徹マンみたいな状態です(笑)。 言葉のニュアンスなど原作者しか知らない事を監督さんや音響監督さんにポイントポイントで質問されたりするので、ずっと集中力を保ってなければならないんです(笑)。

―――放送も間近ですが、今の心境は?

こぶいち先生(以下、こぶいち):嬉しいような恥ずかしいようないたたまれないようなそんな感じです。

―――アフレコで印象に残ったことはなんでしょうか?

こぶいち:アリアの不思議かわいいあわて声とヒステリアモードのキンジの変わりっぷりでしょうか。

赤松釘宮理恵さんの演じられるアリアは、MF文庫Jに偉大な先輩がいましたので(笑)、その声のイメージはずっとありました。その他にも白雪役の高橋美佳子さんの声を聞いた時に「あ、白雪の声、こんな感じだよ」と一発で思いました。 白雪の色んな面をきちんと出して頂けて、ありがたく聞かせて頂いてます(笑)。

―――アニメに期待している点は?

こぶいち:アクションシーンでぐりぐり動けばいいなあと。動きを参考にさせてもらおうと思います!

赤松:『緋弾のアリア』という作品において、アニメが独立していて、それで終わりという事ではないと思っています。アニメ、マンガ、原作小説すべてが刺激し合ってますので、今後アニメが本編にも影響してくることもあるでしょうし、アニメが作品全体に与える良い影響に期待しています。

―――その中で赤松先生が果たす役割とは?

赤松:なんにせよ小説が一番未来まで描いてるわけですし、それが原作になって他のものが生まれていきますので、第一歩は私が踏み出さなきゃいけない、と自覚しています。どのキャラクターがどうする、どうなるのかという決断役として、今後も頑張らせていただければ。


◆『 緋弾のアリア』誕生の秘密に迫る…?

―――小説「緋弾のアリア」ですが、最初に考えついた時の発想、初めて読んだ時の感想などをお聞かせください。

ヒロインの神崎・H・アリア
ミドルネームの『H』は●●●●四世の頭文字
好きな食べ物は「ももまん」

赤松:●●●●四世っていうのが一番最初にあって、今よりも探偵モノの色がちょっと濃かったんです。それと、武器を持って通ってもいい日本の学校という、十年以上前からあったアイデアを合わせて『武偵』になりました。

こぶいち:アリアかわいい!アクション大変そう!でした。

―――武偵高校は女の子たちも賑やかで楽しそうですね。

赤松:たとえば私自身ゲームをやる時に、『この世界に自分がいたら楽しそうだな』と思える作品は、やってて面白いんですよね。それは見習いたいなーとすごく思いながら書いてます。 キャラクターは割と頭の中に役者がいるみたいなところがあって、『今日のお芝居始めますよ』みたいに始めると、みんな勝手にしゃべり出すんですよね(笑)。

―――それだと赤松先生が思うようにならない時はありませんか?

赤松:どの作家さんもある事だと思いますが、たくさんありますよ。結果的に面白くなければ直さなくちゃいけないっていうのは必ずありますが、書いている時はキャラに任せてしまいますね。特に好き勝手にやりかねない要注意人物はいます、理子とか(笑)。

一同笑い

峰 理子
探偵科(インケスタ)一番のおバカキャラ
しかし情報収集能力は並外れて高い

赤松:でも話が重くなってしまう時にムードメーカーが一人は欲しいと思っていたので、理子だけはツンデレや無口系みたいな、既存のヒロインの枠から少し外れてるかもしれませんね。

―――理子は作中でかなり成長しますが、主人公のキンジは……。

主人公の遠山キンジ
とある特殊体質のせいでアリアのパートナーに
選ばれてしまう。

赤松:キンジも微妙な成長はしているつもりなんですよ(笑)。例えば第一巻の最初は、自分の特殊体質の事を物凄く嫌がってましたが、第二巻あたりからは『それじゃ今後ちょっと渡れないな』って思うようになっていきます。 まあ……あんまりサクサク成長して大人になっちゃうと話が終わっちゃうんで、じりじりと。だって少年はそうじゃないですか、一日一日、少しずつ変わっていくんです!

―――こぶいち先生にお聞きします。各キャラクターにモデルやイメージなどなどありますか?また一番お気に入りのキャラは?

こぶいち

 アリア・他ラノベの既存キャラとあまりかぶらないように意識はしてます。アホ毛はつけてみたところそのままOKが出ました。

 キンジ・目つきが悪いと二枚目ということで割りとそのままです。素の絵で描いたら頭身が高いと言われ何回か直しました。アリアより時間がかかった気がします。

 白雪・正統派巫女らしく意識しました。制服のスカートもアリアよりは長めに描いてます。清楚系だからね! いや清楚系だと思ってたんです。デザインしたときは。

 理子・ロリ巨乳なのでバランスが難しいですね。アリアとほぼ同じ身長という設定なのですが、ラフでちょっとでも頭身が高いと容赦なくツッコミが入ります。のでよく直してます。

 レキ・モノクロで顔だけでも判別できるようにやや目の描き方を変えてます。無表情に見えてちょっと表情があるみたいな感じを目指してますがなかなか……。

 ジャンヌ・セイ○ーとかぶらないようにという…。挿絵指定が割りと多い子ですがよくメガネを描き忘れます。

一番とか決められないですね。みんな好きです。

―――こぶいち先生のイラストに触発されて、赤松先生の中で喚起されて生まれたものはありますか?

赤松:いっぱいあるんですけど、一番最初は、第一巻でアリアが新宿でついに堪えきれなくなって立ち止まって泣き始めるシーンですね。あそこは元の原稿では天候の描写は無かったんですが、イラストには雨が描いてあったんです。 それはこぶいちさんが文章を読んでいる時に湧いたイメージだったと思うんですよ。それをみて僕も『確かに雨が降ってた方が、より悲しさが伝わる』という事で、急に黒雲が新宿に湧いて来て突然雨を降らせてしまったという(笑)。

(一同笑い)

赤松:絵が可愛い!どころじゃなくて、こぶいちさんには、もういろんなものを貰ってるんですよ。さっきの雨みたいに挿し絵に影響されることもありますし、シーンだけではなくキャラクターに関してもかなり触発された部分は多いと思っています。

◆未来を創るために、今をあるものを描く
レキ
狙撃科(スナイプ)に在籍するSランクの天才
無口で無表情で、名字を知るものはいない

―――レキの狙撃シーンを始めとして、「緋弾のアリア」は毎回アクションシーンや舞台に趣向が凝らされていますが、影響を受けているものはありますか?

赤松:映画が一番影響あると思います、自分はハリウッド映画直撃世代だったので、書いていて「あれ、これなんか映画にあったぞ!?」みたいな……。

―――なるほど。第一巻のバスジャックの話だと……。

赤松:『●ピード』ですね(笑)。ライトノベルという舞台は、やっぱりそういうのを使わせてもらえる度量の広い場所でもあるんですよ。可愛い女の子を書いてもいいし、「ガン●カタ」も、両方同時に書いていいんですね。

―――いやいや、その部分を略しても!

赤松:じゃあ『リベ●オン』(笑)。

―――(笑)。近刊の8,9巻ではスカイツリーが登場しました。

赤松:過去に面白かったものって、当たり前ですけど、過去の世の中にあるものなんですよ。でも我々は未来のものを創らなきゃいけませんので、最低でも『今この瞬間これだ!』っていう最新のものを入れていく必要があると思っています。 当然ハリウッド全盛期にはスカイツリーはなかったわけですし、今の自分が見ている最新のものと、過去に触れて面白かったものが組み合わさって、少し未来の皆さんに受けるものを作っていければいいなぁと思います。

インタビュー後編(3月23日公開)へ続く

◆アニメ放映日はこちら!
アニメ「緋弾のアリア」公式ホームページ
TBSにて4月7日(木)深夜1時25分から放送開始!
MBSにて4月11日(月)深夜2時20分から
CBCにて4月14日(木)深夜2時から
BS-TBSにて4月30日(土)深夜1時から
※放送日時は変更になる可能性がございます。
インタビュアー :平和(平和の温故知新) / かーず (かーずSP

【関連リンク】
東京武偵高校|TBSテレビ:緋弾のアリア 公式ホームページ緋弾のアリア」
MF文庫J『緋弾のアリア』公式サイト
メディアファクトリー
コミックアライブ編集部
著:赤松中学氏のブログ「赤松中学のページ」
イラスト:こぶいち氏のブログ「こぶろぐ」
この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51240587