2011年04月20日

F4U/怪獣のテイル2巻 「怪獣の娘達による本気の怪獣ごっこ」

怪獣のテイル F4U氏のコミックス「怪獣のテイル」2巻【AA】が、19日に発売になった。屠られ日記!さん『安易な萌えに走るでもなく ほのぼのコメディでもバトルでもない。この掴みどころのなさが、なんだか素敵な』、ripさん『相変わらず驚異のネーム力。真剣にふざけているのにすごい好感が持てる』などがあり、オビ謳い文句は『怪獣(♀)は(たたかう)お年頃』。
-

F4U氏の「怪獣のテイル」2巻【AA】発売 「怪獣(♀)は(たたかう)お年頃」 

「そう!!! この親子は毎日が日曜日なのである――!!!」

「怪獣だ!!! かっこいい――!!!」 (と言ってる本人も怪獣)
ゲーマーズ本店
K-BOOKS秋葉原新館

F4U氏ウルトラジャンプで連載されているコミックス「怪獣のテイル」2巻【AA】が、アキバでは19日に発売されていた。

『怪獣のテイル』は、1巻コミックス情報『ややニート気味な日々を送っていたマサキ。ある日、そんな彼の目の前に、宇宙からタマゴが降ってきた』・『しかしタマゴから出て来たのは女の子(シッポあり。一応怪獣らしい)。しかもマサキを「おとーさん」よばわりする始末。突然、強制的に父親にされてしまったマサキの明日はどっちだ?』という作品で、1巻発売時のアキバのお店では『怪獣とか大ダコとか小ダコとかマグロとかでてくる娘飼育ストーリー』・『ある日トツゼン、一児(獣?)の父にナリマシタ』などのPOPがついてた。

今回発売になった「怪獣のテイル」2巻【AA】オビ謳い文句は『怪獣(♀)は(たたかう)お年頃』・『怪獣の娘・テイルにお友達(怪獣♀×2)ができました。25分の1スケールの特撮ステージで、怪獣の娘達による本気の怪獣ごっこ、はじまります』で、COMIC ZIN通販の紹介は『卵から生まれたしっぽ娘のテイルは今日もすくすく成長中。ニート気味だった新米おとーさんも奮闘中! 慣れない&規格外の子育ての日々はトラブル続きで大変でもあり、しかしまた楽しくもあり――読むと父性愛が刺激されること請け合い』になってる。

怪獣の娘・テイルは、おとーさん・マサキとその家族との暮らしの中で"こい"や"おねだり"を知ってすこやかに成長中。そんなテイルにもお友達(怪獣♀×2)ができた!! 南の島からワザワイの予感に導かれてやってきた野生児怪獣・あづき、金持財閥の令嬢・円がその莫大な財力で製作したメカ怪獣・セイバー。怪獣の娘達は、今日も金持財閥所有の25分の1スケールの特撮ステージで「本気の怪獣ごっこ」にいそしみます。「怪獣のテイル」2巻コミックス情報

なお、「怪獣のテイル」2巻【AA】感想には、屠られ日記!さん『いやなんと言いますかね。F4Uワールドとでもいうのか、テイルの可愛らしさで売る安易な萌えに走るでもなく ほのぼのコメディでもバトルでもない。この掴みどころのなさが、なんだか素敵な漫画なんじゃないかしら』・『テイルの成長と共に、物語もまだまだこれから進化していくのでしょうかね。このままF4U先生のセンスについて行きますぜ』、kama_meshiさん『新キャラも登場してほのぼのコメディが続くかと思えば、宇宙怪獣が飛来してきて話の弾みもついてる。テイルも可愛いが、お金持ちのお嬢様もヘンでおもしろい』、ripさん『相変わらず驚異のネーム力。真剣にふざけているのにすごい好感が持てる』などがある。

「怪獣のテイル」2巻コミックス情報 / F4U氏のホームページ

「ごっこバトルである!!!」
「わたくしのセイバーと戦ってみなくて!!!」
目からビーム
「いまそこにある盾!!!」
「テ…テイルも電池きれた
朝ごはんしよ」
「うみだっ!!!」

【関連記事】
F4U/怪獣のテイル1巻 「ある日トツゼン、一児(獣?)の父にナリマシタ」
F4U:文化部をいくつか 「一言でいえばシュール」
F4U:今夜のシコルスキー発売 「クレイジー!アナーキー!フルボッキ!」
F4U 「今夜のシコルスキー」ポスター 貧乳・スク水・白濁液
サークルNAITOU2(F4U) 委員長はボッコボコ完全版!!!!! 卵子プレイ

【関連リンク】
集英社 / ウルトラジャンプエッグ / ウルトラジャンプ
ウルジャンエッグ生まれのコミックス 『怪獣のテイル』2巻、はつばいしたよ!!
「怪獣のテイル」作品ページ
「怪獣のテイル」2巻コミックス情報 / 1巻コミックス情報
F4U氏のホームページ「Naitou2」 / Twitter
F4U (漫画家) - Wikipedia

【感想リンク】
ほのぼのコメディでもバトルでもない。この掴みどころのなさ
ニートの特撮大好き青年マサキの下に突然ふってきた怪獣娘のテイル
このままF4U先生のセンスについて行きますぜ
「怪獣のテイル」2巻 - 読書メーター
テイルも可愛いが、お金持ちのお嬢様もヘンでおもしろい
相変わらず驚異のネーム力。真剣にふざけているのにすごい好感が持てる
「怪獣のテイル」の演出が、とってもエキセントリックでF4U先生的です(1巻感想)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51251030