2011年04月30日

一匹と九十九匹と 1巻 「救われがたい矛盾を抱え生きる―僕ら、全人間へ」

一匹と九十九匹と うめざわしゅん氏のコミックス「一匹と九十九匹と」1巻【AA】が28日?に出てる。コミックス情報では『混乱の只中にいる僕たちは、一体何によって救われるのか。異才が峻烈に贈る、珠玉のオムニバス・シリーズ!!』を謳い、裏表紙は『失意と、疑惑と、苦痛と、迷いと。救われがたい矛盾を抱え生きる―僕ら、全人間へ』。
-

うめざわしゅん氏のコミックス「一匹と九十九匹と」1巻【AA】 「政治、社会、科学、知性、進歩、善意…混乱の只中にいる僕たちは、一体何によって救われるのか」

第2話「オーバードーズ」

第5・6話「HOW TO GO」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A

うめざわしゅん氏が月刊!スピリッツで掲載されているコミックス「一匹と九十九匹と」1巻【AA】が28日?に出てる。

『一匹と九十九匹と』は、「海の夜明けから真昼まで」、「オーバードーズ」、「ポップロンド」、「ガッコーの巣の上で」、「HOW TO GO」前篇・後篇の計6編を収録し、 オビでは『政治、社会、科学、知性、進歩、善意…混乱の只中にいる僕たちは、一体何によって救われるのか』、『衝撃の問題作、解禁!!注目の異才が峻烈に描く、異端者たちの叙述詩―魂揺さぶる必読の読切連作集!!』な謳い、裏表紙は『失意と、疑惑と、苦痛と、迷いと。救われがたい矛盾を抱え生きる―僕ら、全人間へ』、『深く確実に胸を打つ、珠玉の読切オムニバス・シリーズ』になってる。

魂揺さぶる衝撃の読切連作集! 政治、社会、科学、知性、進歩、善意……混乱の只中にいる僕たちは、一体何によって救われるのか。異才が峻烈に贈る、珠玉のオムニバス・シリーズ!! 異端者達への鎮魂歌……待望、瞠目の第1集登場!!
「一匹と九十九匹と」1巻コミックス情報

なお、編集者からのおすすめ情報によると『前作「ユートピアズ」(ヤングサンデーコミックス)の一編「どつきどつかれて生きるのさ」が、TVドラマ「世にも奇妙な物語」にて実写ドラマ化されるなど、各所より高評価を受ける、異才・うめざわしゅん。その最新作はさらにスケールアップして、絶対必見の内容となってます! 是非ご覧ください!!』だそうで、「一匹と九十九匹と」1巻【AA】の感想には、kamenjiroさん『今回も短編集だが、世にも奇妙系ではなく、重くシリアスな人間ドラマだった。救いが無いわけではないが救われているとも言い難いお話…』、miracle_963さん『青臭いのが好きなひねくれた大人は必読。久々にズブリとやられました』などがある。

「一匹と九十九匹と」1巻コミックス情報

第1話「海の夜明けから真昼まで」
第5・6話「HOW TO GO」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51254545