2011年05月12日

シロクロネクロ2 「シロvsクロの戦いが激化 そしてハーレムライフも激化」

シロクロネクロ2電撃文庫の5月新刊のライトノベル、多宇部貞人氏の「シロクロネクロII」【AA】が10日発売で、オビ謳い文句が『ネクロマンサー×おバカゾンビで贈る、 究極至高のネクロマンティック・ラブコメディ第2弾!』。メロン秋葉原店のPOPは『これが新しいラブコメた!! シロvsクロの戦いが激化 由真のハーレムライフも激化 私と契約してゾンビにならないか』。
-

著:多宇部貞人氏、イラスト:木村樹崇氏のライトノベル 「シロクロネクロII」【AA】
「ネクロマンサー×おバカゾンビで贈る、究極至高のネクロマンティック・ラブコメディ第2弾」

(このデート中、例えばオレが転んだとして右手が高峰の、左手がソフィアの胸をそれぞれ鷲掴みにしてしまう。完璧な事故だ……ドゥフフ楽しくなってきやがったぜ!)

メロンPOP「これが新しいラブコメた!! シロvsクロの戦いが激化 そして…由真のハーレムライフも激化
私と契約してゾンビにならないか」
K-BOOKS秋葉原新館
メロンブックス秋葉原店

電撃文庫5月新刊のうちの1つ、著:多宇部貞人氏、イラスト:木村樹崇氏のライトノベル「シロクロネクロII」【AA】に、メロンブックス秋葉原店が『これが新しいラブコメた!! シロvsクロの戦いが激化 そして…由真のハーレムライフも激化 私と契約してゾンビにならないか』POPが付いてた。

『シロクロネクロ』は第17回電撃小説大賞を受賞されたライトノベルで、まいじゃー推進委員会!さんの1巻レビューが『死せる彼をつき動かすのはエロパワー!不慮の死を遂げた少年・不二由真は、善なるネクロマンサー”シロネクロ”の少女・高峰雪路によってゾンビとなって再びこの世に蘇る。シロネクロと、 対立するクロネクロとの戦いに巻き込まれたのだ。彼を守るため、高峰はその日から同居を命じた……のだが、欲望を満たすと成仏してしまうため、えっち行為 はすべて禁止!』なお話。

今回発売になった「シロクロネクロII」【AA】は、オビ謳い文句が『ついに動き出すシロとクロ! そして由真は、やっぱりピンク(妄想中)!?』・『ネクロマンサー×おバカゾンビで贈る、 究極至高のネクロマンティック・ラブコメディ第2弾!』で、niruvaさんの感想は『前巻に続いて面白かったー。話の盛り上がりの強弱がしっかりしてるので、読んでてのめり込んでしまったw 今巻で、いくつか新しい伏線が張られたようなので、続きが楽しみ』とのこと。

なお、2巻書籍情報は『樽多露(たるたろ)市立美術館で起きた「奇跡の宝石盗難事件」、馬流原(バルハラ)町各地で目撃されている 「赤目の巨大野良犬」の噂で街が騒がしくなり始めた頃、相変わらずおバカでゾンビな高校生・不二由真はシロネクロの美少女・高峰雪路のえっちな妄想夢を楽しんでいた。その頃、“真の黒(クローダム)”サルマン・リガルディーが所有する“賢者の石“が盗まれたことを巡り、クロネクロ幹部・四札(スート)のヴィクター・フランクストンが探索に乗り出す。時同じくして、シロネクロ協会は、戒律違反の疑いがある雪路の査問会を開くため、司教級(オウンガン・クラス)のシロネクロたちを樽多露市に集結させていた。騒がしい街の水面下で動き出すシロとクロのネクロマンサーたち。そして、雪路とソファイアの師匠・ドールマンサーのマトリも現れ、雪路の真相に少しずつ迫っていく──』になってる。

「シロクロネクロII」書籍情報

「えー……
なんか布少なくない?」
「盗まれたのは俺が狙ってたモンでな、犯人捜してんだよ」
「そして、オレは
マハラジャになった」
「子ども扱いするなよ
ワカゾーめ」
「あ、ふじさま……
おはようございまふ……」
「なんで私の下着を頭に被ってるの……?」

【関連記事】
シロクロネクロ 「死んでもいいからエッチしたい!」「死んでも生地獄www」

妹がゾンビなんですけど!「兄の事が大好きな妹が、ゾンビになってパワーアップ」
「だから僕はHができない3」 おっぱい!おっぱい!
だから僕は、Hができない2 「ち、乳ビンタだとぉっ!」
「だから僕は、Hができない」 お風呂、生乳、裸Yシャツ。
これはゾンビですか?「1・2・3 アニメ化だー!!」
「アクセル・ワールド」 アキバも売れてるみたい

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫
「シロクロネクロ」2巻書籍情報 / 1巻書籍情報
イラスト:木村樹崇氏のホームページ「Digi-Force」 / Twitter
シロクロネクロ - Wikipedia

【感想リンク】
大切な女の子を守るためなら、鬼にも変態仮面にもなってみせる!
いくつか新しい伏線が張られたようなので、続きが楽しみ
いざという時にまで格好良さよりもエロさを優先させなくても
前半はあまり乗れなかったなー。終盤が本当に面白い
今回は引っ張り過ぎな感じがして、個人的にはあまり楽しめなかった


シロクロネクロ2 (電撃文庫) シロクロネクロ〈2〉 (電撃文庫)
著者:多宇部 貞人
販売元:アスキーメディアワークス
(2011-05-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

シロクロネクロ (電撃文庫) シロクロネクロ (電撃文庫)
著者:多宇部 貞人
販売元:アスキー・メディアワークス
(2011-02-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51258599