2011年05月14日

ロボット残党兵 最終巻 「世界ロボット大戦終結!」

ロボット残党兵 横尾公敏氏のコミックス、シリーズ最終巻の「ロボット残党兵」5巻【AA】が13日に発売になった。裏表紙は『増殖する「世界壁」によって領土を拡大し続ける機械化帝国!敗戦国・日本の残党兵たちは不退転の決意で最後の決戦に挑む!!』で、オビの謳い文句は『…父よ、貴方は強かった!!』、『世界ロボット大戦終結!』。
-

横尾公敏氏のコミックス、シリーズ最終巻「ロボット残党兵」5巻【AA】
「…父よ、貴方は強かった!!」、「世界ロボット大戦終結!」

「この作戦の名は…"新世界の鉄槌"としよう!」

「ここでお別れだ!!俺は…やり残したことをやりに行く!」
メロンブックス秋葉原店
特典:メッセージペーパー
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
K-BOOKS秋葉原新館

comicリュウで連載されていた、横尾公敏氏のコミックス、シリーズ最終巻にあたる「ロボット残党兵」5巻【AA】が13日に発売になった。

「ロボット残党兵」は作品情報によると『第二次世界大戦の最中、敗戦の色が濃くなる中、日本はついにロボット兵器の導入に踏み切った!! 主人公、三船は自身の病魔と闘うため、ロボット兵器開発技官である親友の高橋に自ら志願することを告げ、人としての自分に終止符を打ち、戦地へと赴くのだが……』な、主人公が機械化人間・日の丸人なマンガ。

2巻コミックス情報は『1巻発売と同時に「アキバBlog」で絶賛された異色作、南洋の大海原を舞台に日、米軍の機械化人同士の戦闘が繰り広げされる。次々に登場する機械化人は圧巻!』、4巻コミックス情報が『タラワ環礁タリタイ島での壮絶な戦いは、最終的に敵味方の区別なく多くの死とともに終わった。戦闘中に行方不明なった三船はからくも生き延びて、念願の家族との再会を果たす。一方大戦で兵力の根幹となった機械化人間たちは、なんと全人類に宣戦布告を行う。三船は義勇軍として人類側に残る。真の戦いがここに始まる!』で、今回発売した5巻には描き下ろしの後日談が収録され、「ロボット残党兵」最終5巻【AA】のオビは『…父よ、貴方は強かった!!』、『世界ロボット大戦終結!』。

偏執狂的な描線とセリフ回しは表現する意志にあふれている。機械化人間たちの宿命に、各国の情勢、謎の地下組織など、さまざまな要素を絡めつつ展開される架空戦記は、まさに発火寸前だ asahi.com「ロボット残党兵」1巻発売時
増殖する「世界壁」によって領土を拡大し続ける機械化帝国!壁攻略の橋頭堡を築くべく敗戦国・日本の残党兵たちは不退転の決意で最後の決戦に挑む!!龍神賞出身の新鋭が贈る入魂の感動巨編!堂々の大団円!! 「ロボット残党兵」5巻裏表紙

なお、「ロボット残党兵」最終5巻【AA】の感想には、みそさん『最後まで勢いが変わらないままで面白かったです。後日談のノスタルジックな雰囲気がいい余韻になっています』や、diacloneさん『描き下ろしの後日談にニヤニヤ。春子の勤め先にはきっと英子ちゃんたちがいるんだろうなとか色々妄想』、外道おりはりせんさん『 これはマジ名作。ラストがほんといいわ』などがある。

「ロボット残党兵」作品情報

「機械化人間諸君!!
日本を守るために死んでくれ!」
「俺はやっぱり家族を守るために
戦いたいと思ったよ」
娘が描いた家族の絵
「どうだ?最強の日の丸人を
見た感想は」
「これは酷すぎです
虐殺ですよ」
「高橋…さー帰ろう」

【関連記事】
機械化人間・日の丸人 「ロボット残党兵」3巻
帝國陸軍の秘密兵器 「ロボット残党兵」1巻 絵は濃い

【関連リンク】
徳間書店 / comicリュウ
「ロボット残党兵」作品情報
横尾公敏氏のTwitter
ロボット残党兵 - Wikipedia

【感想リンク】
戦争に勝ち続けるという怖さ。『妄想戦記 ロボット残党兵』完結
最後まで勢いが変わらないままで面白かったです
描き下ろしの後日談にニヤニヤ
5巻で終わると思っていなかったのでビックリ。打ち切り?
ハッピーエンド。ああ、良かった。面白かった
マジ名作。ラストがほんといいわ
不完全燃焼に感じたけど後日談は良かった!!
良い終わり方でありましょうや



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51259194