2011年05月16日

「ジゼル・アラン2巻。おもしろいのか? オススメなのか? 鉄板!!」

ジゼル・アラン笠井スイ氏のコミックス「ジゼル・アラン」2巻【AA】に、K-Books秋葉原新館でPOPが付いてた。コミックス情報は『名家を飛び出し、独りでアパートの大家兼「何でも屋」をやっている少女、ジゼル・アラン。失敗と出会いを経て成長していく姿を描いた第2巻』で、K-Books秋葉原新館のPOPは『おもしろいのか? 否! オススメなのか? 否! 鉄板!!』。
-

笠井スイ氏のコミックス「ジゼル・アラン」2巻【AA】発売
K-BOOKS秋葉原新館
「おもしろいのか? 否! オススメなのか? 否! 鉄板!!」

コミックス情報「独りでアパートの大家兼"何でも屋"をやっている少女、ジゼル・アラン。 失敗と出会いを経て成長していくジゼルの姿を描いた第2巻」

「私にだって どんな仕事が来るかも分からない
私は 私も 何でも屋なんだ」
メロンブックス秋葉原店
(アキバ発売日の12日)
COMIC ZIN秋葉原店
(アキバ発売日の12日)
とらのあな秋葉原店A
(アキバ発売日の12日)

笠井スイ氏が隔月刊漫画誌Fellows!で連載中のコミックス「ジゼル・アラン」2巻【AA】がアキバでは12日発売で、15日にK-BOOKS秋葉原新館では『ジゼル・アラン2巻。おもしろいのか? 否! オススメなのか? 否! 鉄板!!』POPがついてた

コミック『ジゼル・アラン』は、Wikipediaによると『舞台は20世紀前半のヨーロッパ』・『大資産家出身の少女ジゼルは訳あってアパートの大家をしていた。そんなジゼルがある日、「何でも屋」を開業することを思いつき…』というストーリーみたいで、コミックナタリーでは『胸躍らせる話運びとともに、新人離れした精緻かつ色気のある筆致でも人気を獲得している』とか書いてる。

ジゼル・アラン1巻は『お嬢様の可憐なる大活躍』を謳い、とらのあな秋葉原店Aが『可憐な表情も怒った表情も、笑った表情も優しい表情も、全てが素敵ですっ!ジゼルお嬢様っ!!』とかをつけていて、今回のコミックス2巻は、オビ謳い文句『伸びやかに成長するお嬢様』、裏表紙側の『私、何でも屋やめないからな!』になっていて、とらのあな秋葉原店Aには公式POP『お嬢様の可憐なる活躍記』もあった。

お嬢様の過去と成長。 名家・アラン家を飛び出し、独りでアパートの大家兼「何でも屋」をやっている少女、ジゼル・アラン。 好奇心のままに暴走しながらも、なんとか依頼をこなすジゼルの前に、もうひとりの「何でも屋」ギーが現れて――。 失敗と出会いを経て成長していくジゼルの姿を描いた第2巻
「ジゼル・アラン」2巻コミックス情報

なお、コミックス「ジゼル・アラン」2巻【AA】の感想には、古池の作り方さん『オーソドックスな成長譚ではあるのだけれど、何でも屋として上手くできない事に悩みつつも、彼女らしい真っ直ぐなやり方で道を見つけていく。とても読後感の良い話になっている。きちんとジゼルの成長を描いて行こうという姿勢は作者の心意気が見えるようで気持ちがいい』、秋葉の街のオタクマスターさん『ジゼルの山の天気よりよく変わる表情や、コマから湧き出す20世紀ヨーロッパの空気が、この漫画の最大の楽しみです』、 EARL.BOXさん(5月12日更新分)『つかジゼルさんもいいけど、ジゼルさんの周りの人達が無茶するジゼルさん見てハラハラしてる姿も実に和む(笑 ストリッパーのお姉さんとかちょい役かと思ったら、結構マメにジセルさん気にかけてくれる、超良いお姉さんでマジ憧れますわ……素敵すぎる』などがある。

コミックナタリー - 「ジゼル・アラン」特集 / 「ジゼル・アラン」2巻コミックス情報

「モネ!」「ジゼル様!」
「うちの執事のモネだ!」
「自分の世話もできない人間が他人の世話などする資格はございません」
「仕事する気あるのか?」
「何でも屋かくあるべきだな……!」
「人を不幸にするような仕事は  しない」

【関連記事】
画像:笠井スイ ジゼル・アラン(2)発売
笠井スイ/ジゼル・アラン1巻 「お嬢様の可憐なる大活躍」「ジゼルお嬢様っ!」

「フェティシズム溢れる超・短編集。メイドとかメガネとかチャイナ服とか」
原画展示やサイン会「フェローズフェスタ2010」 COMIC ZIN秋葉原店で開催
森薫/乙嫁語り2巻 「マジすげぇ…抜群のセンスに驚くべき表現力!」
Fellows!(フェローズ)vol.10発売 A・B二分冊で1000ページ超え
森薫/乙嫁語り1巻 「夫12歳!妻20歳!これだけで掴みはOK」

【関連リンク】
エンターブレイン / フェローズ!
笠井スイ氏のブログ「鳩」
「ジゼル・アラン」2巻コミックス情報
ジゼル・アラン - Wikipedia
コミックナタリー - 角川4社フェアの若手フェアに「ジゼル・アラン」など20作
コミックナタリー - [Power Push] 笠井スイ「ジゼル・アラン」
コミックナタリー - デビュー作も!「ジゼル・アラン」笠井スイの短編集発売
ジゼル・アラン2巻発売「こんなお嬢様に振り回されたいっ」(大阪・日本橋)

【感想リンク】
ジゼルお嬢様の、ちょっとした昔話。 『ジゼル・アラン』2巻
牽引力たっぷりな、お嬢様「ジゼルさん」の魅力につきますね
真っ直ぐなやり方で道を見つけていく。 とても読後感の良い話になっている
アンティークな特にジゼルの服装や家具、いちいち洒落ています
ついついのめりこんでしまうお嬢様冒険譚第2弾
ジゼルは着々と自分なりに成長して行ってますね
危ないながらも温かい目で見守りたくなりますね
つか最初の話から猫抱いて登場とかもうたまらん(5月12日更新分)
それにしても、ジゼルの表情はコロコロ変わって見てて飽きないな~
男装したコレットがすごくカッコ良かったです!
お嬢様が可愛いのを堪能するだけでなく、大事なことにも気づかされました
執事さんが厳しいと見せかけてただジゼルさんのことが心配な紳士なだけだった
どんどん成長するジゼル(精神的に・身体はそのままでいてください)がたまりませんなぁ
相変わらずの画力が安定して楽しめます。あと、劇中のお祖母さんが可愛い
モネさんがいい味だしてる。ジゼルさんも相変わらず愛くるしい
ジゼル・アラン2巻 - 読書メーター
ジゼル・アラン2巻 - ブクログ


ジゼル・アラン(2)ジゼル・アラン(2)
著者:笠井 スイ
販売元:エンターブレイン
(2011-05-14)



ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)
著者:笠井 スイ
販売元:エンターブレイン
(2010-07-15)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51259761