2011年05月18日

酷道同人誌 R371 「紀伊半島の山岳国道、371号線」

R371 「紀伊半島の山岳国道371号線」サークルpassion fruits jamの"酷道"マンガ同人誌『R371』が、COMIC ZIN秋葉原店に17日?に入荷してた。和歌山の海水浴場を目指す大学生?が、ランドクルーザー70とジープラングラーTJで紀伊半島を縦断するお話。サークルさんの告知によれば『「紀伊半島の山岳国道、371号線を舞台としたドラマ仕立ての創作漫画」という感じです』とのこと。
-

サークルpassion fruits jamの"酷道"マンガ同人誌「R371」

「で、気つかって選んだ結果がこのくそ山道かい!」

「…こうも対向車が少ないとホンマにこの道が使われてるのか不安になんやが…」
「対向車? 対向車なんか来んのか?」

サークルpassion fruits jamの"酷道"マンガ同人誌『R371』が、COMIC ZIN秋葉原店に17日?に入荷してた。2月のコミティア955月のコミティア96関西コミティア38で頒布されたものみたい。

「酷道」とはWikipediaによると『一般国道のうち乗用車による通行が困難であるなど「国道」と呼ぶには相応しくない、文字通り「酷(ひど)い状態の国道」を揶揄した用語(俗語)』で、同人誌『R371』に登場する大阪府河内長野市から和歌山県東牟婁郡串本町までの国道371号線は、『落石や路肩崩落なども多く全国でも三指に入る酷道()』とまで言われていたみたい。

同人誌『R371』は、サークルさんの告知によれば『「紀伊半島の山岳国道、371号線を舞台としたドラマ仕立ての創作漫画」という感じです』とのことで、大阪の大学生?たちが和歌山県南端・串本の海水浴場を目指して、4WD車で国道371号での紀伊半島縦断するお話で、作中に登場する車(「トヨタ・ランドクルーザー70型」や「クライスラー・ジープラングラーTJ」)の紹介や、地図や写真での国道371号線のルート解説も載ってる。

国道371号、河内長野から串本町まで国道とは名ばかりの258kmを突っ走れ!遂に出た!"酷道"マンガ。実ルートについての紹介もあります。 COMIC ZIN通販

なお、同人誌R371のあとがきで、サークルpassion fruits jamの米田大将氏は『やっと出来上がりました、酷道本!構想から仕上がりまで2年くらいかかっちゃいました。なげぇーよ!その間にも世の中の情勢が色々と変わってしまって、南紀田辺市の方まで高速道路が開通してしまうし、国道371号線もほんの少しですが高規格化(要はトンネルや橋ができて山道がまっすぐ通れるようになってしまった)したりと、物語の根底をくつがえしかねない状態でした。一方で、酷道(酷い悪路の国道)人気は少しずつ上昇している感じもありまして、動画投稿サイトや同人誌イベントでも愛好者がやや増えている感じもしています。そういう意味ではそれなりのタイミングで本が作れたのかなーと、まぁ安堵しております』などを書かれていた。

サークルpassion fruits jam

「いよう!」
「って、なんじゃこりゃー!!!」
「道の真ん中なんやねん? コケかなんか生えとるで!」
「お前の運転レベルはまだ俺と並んだわけじゃないぞ!」
「改めて地図で見ると恐ろしいことしてるのがわかるな」
「"点線国道"って言って、車で通れる様な道は無いらしい」
「崖くずれか?!」

【関連記事】
20年かけて撮影された、日本全国の銅像700体以上の同人誌
コミティア新刊 自転車で長距離を走るロングライド同人誌 「ロングライダース」
同人誌「日本の核融合実験装置 トカマク・ヘリカル・ミラー・レーザー」
日本の大型飛行艇の解説&見学同人誌
エレベーター同人誌 alt*2 「みつけよう、エレベーターの楽しみ」
舞鶴鎮守府&呉鎮守府めぐり同人誌 「ちんじゅふVol.1」
水戸コミケ新刊 ひたちなか海浜鉄道・湊線沿線 女の子3人の自転車旅行
同人誌「日本の電子戦機」 自衛隊や米軍の早期警戒管制機、電子情報収集機、電子妨害機といった電子戦機の写真と解説
"チェレンコフ放射光"ありの原子炉見学同人誌ほか、同人誌ランキング1/23
エヴァ破にも出てきたKEK(高エネルギー加速器研究機構)の同人写真集

【関連リンク】
サークルPassion Fruits Jam / イベント告知
米田大将氏のpixiv / 「R371 同人誌用表紙」
COMIC ZIN通販「R371」商品ページ
国道371号 - Wikipedia
酷道 - Wikipedia

【国道371号線レポートサイトリンク】
橋本市の紀ノ川の南側から南はかなりの酷道である
二度足を踏み入れようと思わせないレベル
狭悪路の3ケタ国道区間が長い国道
しかも分断箇所2箇所。凄すぎる。長すぎる



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51260425