2011年05月18日

だぶるじぇい4巻 発売 「TVアニメ化決定!」「こんなアニメで大丈夫か?」

だぶるじぇい「こんなアニメで大丈夫か?」原作:野中英次氏、作画:亜桜まる氏のコミックス「だぶるじぇい」4巻【AA】が17日に発売になった。 コミックナタリーによると『「魁!!クロマティ高校」の野中が生み出すシュールなストーリーと、亜桜の可愛らしい絵柄の異色の組み合わせで注目されている』みたいで、オビは『TVアニメ化決定!!!!!!!!』、裏表紙が『こんなアニメで大丈夫か?』。
-

原作:野中英次氏、作画:亜桜まる氏のコミックス「だぶるじぇい」4巻【AA】発売
「TVアニメ化決定!!!!」 「日本テレビアニメ番組 ユルアニ内」

裏表紙オビ 「こんなアニメで大丈夫か?」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原店

原作が「魁!!クロマティ高校」の野中英次氏、亜桜まる氏が作画を担当されているコミックス「だぶるじぇい」4巻【AA】が17日に発売になった。

『だぶるじぇい』は、コミックナタリー『主人公の宇佐美はじめが入部した「伝統芸継承部」を舞台としたギャグで、週刊少年マガジン(講談社)にて連載中。「魁!!クロマティ高校」の野中が生み出すシュールなストーリーと、亜桜の可愛らしい絵柄の異色の組み合わせで注目されている』みたい。アキバでは1巻発売時には『「萌え(亜桜)にギャグ(野中)を加えたら、至極のショート・おバカ作品になりましたwww』、2巻発売時には『混ぜるな危険の真髄がココに!!』とかのPOPがついてた。

TVアニメ化も決定したみたいで、4巻オビが『TVアニメ化決定!!!!!!!!』、裏表紙は『こんなアニメで大丈夫か?』になってた。

さあ今週もやってきました、鳥羽一郎と、ボンジュール宇田の『オールナイトフランス』! 伝統芸継承部にハガキ職人として 入部を許されるかどうか、フランソワーズ坂井の実力が試される……って、部室をスタジオにしてまでやる事か!? 他にも、イタコ女子高生、着ぐるみ大会議 などなど、脱線必至のネタがてんこ盛り!! ムダ絵もたっぷり増量中! 鳥羽ゆたか先生の新作が読めるのは、だぶるじぇい4巻だけ!! 「だぶるじぇい」4巻コミックス情報

なお、コミックス「だぶるじぇい」4巻【AA】の感想には、alphabateさん『ぶっちぎりにわけのわからなさで押してくる笑いがあれば、ぐだぐだと会話がつぶれていく面白みがったりする。あとなんかいい話も途中であったり。各話のオチのページをめくるときの開放感がたまらない』、ましゅさん『くっ、訳が分からないのに笑ってしまう……。間違いなく、今、勢いだけで突っ走る漫画ナンバー1』、KONの徒然日記 さん『カバーをめくるとお約束の原作者野中先生の絵が拝めます。野中先生はどんだけゴリラが好きなんだよ!メカ沢っぽいのも出てきてるし。ちなみに未来町内会の巻数と並んだそうですがそりゃ小夜からは何ですかそれと言われますよね』などがある。

「だぶるじぇい」4巻コミックス情報

「紹介します さる職人の羽柴さんです」「いや違う違う」
「ネットとかブログで自分が流行を発信してると思ってる人たちに言いたい」
「全然 怖くないんですけど…」「え!?」
「グダグダで一向に話がまとまらないのだった」
「舞台…」ラーラー
「舞台…!!」ワーワー
「はーいこれが現在の順位表でーす」

【関連記事】
だぶるじぇい2巻 「混ぜるな危険の真髄がココに!!」
だぶるじぇい1巻(野中英次×亜桜まる) 「究極のショート・おバカ作品www」
「メカ沢登場!(ホンモノ) 俺と記念撮影しねーか?」

【関連リンク】
講談社 / 週刊少年マガジン
「だぶるじぇい」作品紹介(試し読みあり)
「だぶるじぇい」4巻コミックス情報
亜桜まる氏のブログ「ヘタレマノレ」 / Twitter
だぶるじぇい単行本第四巻、でま・・・・・す、た!
だぶるじぇい - Wikipedia
野中英次 - Wikipedia
亜桜まる - Wikipedia

マガジンで某漫画が打ち切り 作家「10万部以上売れたら、連載再開できるけど多分ムリ」
「だぶるじぇい」が連載終了 作家「10万部以上売れたら、連載再開できるけど多分ムリ」
コミックナタリー - 亜桜まる×野中英次「だぶるじぇい」ユルアニ?でアニメ化
『だぶるじぇい』ユルアニでTVアニメ化決定!
アニメ化が決まった「だぶるじぇい」原作4巻の表紙が奇乳すぎる件

【感想リンク】
カバーをめくるとお約束の原作者野中先生の絵が拝めます
いやぁ・・・まさかこの作品がアニメ化とはね・・・大丈夫か?w
だぶるじぇい(4) - 読書メーター
各話のオチのページをめくるときの開放感がたまらない
間違いなく、今、勢いだけで突っ走る漫画ナンバー1
真田さんの話が普通に良い話すぎて、作画担当の亜桜先生が書いた話じゃないのかと疑った



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51260482