2011年06月04日

紅 kure-nai7巻 「カワイイ切彦ちゃんor恐い切彦ちゃん。どっちがお好き?」

紅 kure-nai片山憲太郎氏のライトノベル山本ヤマト氏がコミカライズされた「紅 kure-nai」7巻【AA】が3日に発売になった。裏表紙は『かつて真九郎と同じ事件を経験していた理津。その暗殺に向けて、動き出す切彦。霧彦の襲撃を止めることはできるのか!?』とかで、メロン秋葉原店のPOPは『カワイイ切彦ちゃんor恐い切彦ちゃん。どっちがお好き?』だった。
-

山本ヤマト氏のコミックス「紅 kure-nai」7巻【AA】
メロン秋葉原店 「カワイイ切彦ちゃんor恐い切彦ちゃん。あなたは、どっちがお好き?」

「その名前を言うんじゃねえ!!俺は《斬島》だ!!《斬島》の切彦だ!!
殺し屋なんだよ!!生まれた時から!!」

「お兄さん…お兄…」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店

片山憲太郎氏のライトノベルを小説版の挿絵も担当されている山本ヤマト氏がコミカライズされ、ジャンプスクエアで連載されている「紅 kure-nai」7巻【AA】が3日に発売になった。

「紅 kure-nai」は特設ページによると『駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎…そして、九鳳院紫。二人の出会いは、真九郎の師匠・柔沢紅香の依頼で始まった…。 互いの存在に救われた真九郎と紫の間には、次第に絆が生まれていた…』な、お話みたいで、今回発売になった7巻の裏表紙は『かつて真九郎と同じ事件を経験していた理津。その暗殺に向けて、動き出す切彦。自ら理津の護衛に名乗りを上げた真九郎だが、霧彦の襲撃を止めることはできるのか!?更に、切彦以外にも理津の命を狙う者が…!?』になってる。

斬島切彦は、キャラクター紹介によると裏十三家の一つ、《斬島》の「切彦」の名を継ぐ殺し屋。悪宇商会所属。《ギロチン》と呼ばれている。普段は大人しく、天然ボケ気味だが、刃物を持つと豹変する』なキャラクターみたいで、7巻オビは『切彦を止めろ!!』、メロン秋葉原店には『カワイイ切彦ちゃんor恐い切彦ちゃん。あなたは、どっちがお好き?』POPが付いていた。

なお、「紅 kure-nai」7巻【AA】の感想には、彩彩華美さん『これまでのオリジナルエピソードではなく原作エピソードを描いた今回の切彦編は逆にこれまでのオリジナルでの切彦ちゃんと真九郎や紫との信頼のカタチが出来ていたからこそ原作以上の非情さと衝撃を受けてしまうような伏線やらこれまでの過程やら、真九郎と切彦がお互いの命を賭けて本気であいまみえる展開はかなりやられましたね』、何かよくわからん気まぐれBlogさん『切彦と真九郎と紫の心の持ち様や葛藤が面白かった巻でしたw。特に、暗殺者としてか、それとも普通の人間としてか、両方をあわせ持つ自分の心に困惑する切彦には可哀想になってくる巻でしたw』や、がーだぐ日記さん『原作版よりリンさん愛着湧くように描かれてるし、もうちょっとマイルドな展開になるのかなぁなんて思ってもいたんですよね・・・でも・・・orz』、漫画まみれラノベづくしさん『切彦ちゃん大暴れ、なのはいいんですが、まさか・・・ですよね?(ガクブル。今回、絶奈さんのお風呂シーンがあったんですが・・・あれ? 泡が取れてませんよ!? ここは某矢吹先生に倣って単行本化の時に取るべきだったかと!(力説』などがある。

「紅 kure-nai」7巻コミックス情報

「入れ替えたのよ、体中の臓器を」
「お父様とお母様が庇うように潰れてくれたから、助かったのよ」
「切彦ちゃんは
必ず俺が止めて見せます」
「ふざけんなよてめえ!!
殺す気で来い…!!」
「…く、来んなよおお!!」
「ふぇあ」

【関連記事】
紅OVA付き6巻 「紫も可愛ええすがやっぱ斬彦ちゃんええですよな……」
OVA付き紅 kure-nai 5巻限定版 「TV版のキャラデザ、無かったことに!」
「5歳・・7歳・・14歳・・なんという紳士ホイホイッ!」
紅 kure-nai2巻、女子高生の入浴シーン(控えめふくらみ)
紅 kure-nai1巻発売 「これぞ原作ファン待望のファンブックですよ、醜A社さん」

【関連リンク】
集英社 / ジャンプスクエア
「紅 kure-nai」7巻コミックス情報
ジャンプスクエア「紅 kure-nai」特設ページ
山本ヤマト氏のホームページ「soybean」
紅 (原作小説・マンガ・アニメ) - Wikipedia
テレビアニメ「紅 kure-nai」公式
原作小説:スーパーダッシュ文庫「紅」
『紅 kure-nai 7巻』が発売した件について

【感想リンク】
斬島切彦編クライマックス!「紅 kure-nai」7巻
ギロチン編もクライマックス
リンさんがああああああああああ!!!
最強の暗殺者である「切彦」の襲撃を、真九郎は止める事ができるのか?
原作にもない演出も加わってより心情が強く描写されていて読み応えがありました
殺し屋としての切彦が理津を狙って紫たちの前に姿を現してしまい・・・
理津、紫を守れるのか、そして切彦はどうなってしまうのか??
この展開は、切ないな
切彦の苦悩と葛藤。最後に見せた涙と笑顔の行方はーー次巻が早くも楽しみです!
切彦ちゃんにも望みはありそうなんですが、……どうなんだろうなあ(6月1日更新分)
紅 kure-nai 7 - ブクログ
紅 kure-nai 7 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51264936