2011年06月04日

Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~1巻 「災害現場に届け、医の光!」

Dr.DMAT 瓦礫の下のヒポクラテス 災害緊急医療マンガ「Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」1巻【AA】が3日に発売になった。裏表紙によると『限られた条件下で医療を施す「災害医療」のスペシャリスト通称"DMAT"。血の苦手な内科医・八雲響は、壮絶な現場へと出場するが――!? 』で、オビ謳い文句は『災害現場に届け、医の光―!!』。
-

原作:高野洋氏、著:菊地昭夫氏の災害緊急医療マンガ
「Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」1巻【AA】「災害現場に届け、医の光―!!」

「油とほこりにまみれた、血のにおい…」

「ドクター、先にどっちを運び出すか判断してくれっ!」
「救えるのはどちらか1人…もう1人は見殺しにしなきゃいけないのか!!…」

原作:高野洋氏、著:菊地昭夫氏で、スーパージャンプで連載されている、災害緊急医療マンガ「Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」1巻【AA】が3日に発売になり、COMIC ZIN秋葉原店・K-BOOKS秋葉原新館で見掛けた。

オビ裏面では『2004年―。多数傷病者発生事故や、災害が起きた際に現場まで急行し「瓦礫の下の医療」に直接、従事する組織が東京に発足した。彼らは最新の医療施設内で1人の患者に対し最大の医療を施せる「救急医療」ではなく、限られた条件化で幾つもの命と向き合わねばならない「災害医療」のスペシャリスト…通称、DMAT(ディーマット)である』な、実在もする災害医療チームDMATの、血の苦手な内科医・八雲響が主人公。

1巻の裏表紙は『限られた条件下で医療を施す「災害医療」のスペシャリスト、通称"DMAT"。血の苦手な内科医・八雲響は、都内有栖川総合病院の院長の強引な命令で隊員となり、壮絶な現場へと出場するが――!? 行き交う、生と死――。絶望に満ちた災害現場で今、真実のドラマが幕を開ける!! "命"を問う、災害医療コミック!!』で、オビの謳い文句は『災害現場に届け、医の光―!!』、オビ裏面は『現代日本の知られざるリアル救世主!!DisasterMedicalAssistanceTeam』になってる。

なお、「Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」1巻【AA】の連載時の感想には、偏狂的妄執の塊さん『ちょっとワクワクする。先が、楽しみである。内容から言っては不謹慎ではあるが、方向がブレなければ、いい感じの医療漫画に育つような気がする』、所長のcomics blogさん『医学的見地では意見もある部分多いかと思いますが、すごい!良い作品です。話の流れの作り方、今週号のスピード感と一コマの描写。とても新しさとアート性を強く感じます』、ぶるぶろぐさん『テーマはかっこいいのだが、それじゃあマンガとして面白くないと思ったのか災害現場にて被害者たちの血を見ると失神してしまいそうになるという、ある意味ありがちな内科医が主人公。このひ弱そうな主人公が成長していく過程を描いていくのがもうひとつのテーマでもあるだろうし、ここは先の展開に期待』などがある。

「Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」1巻コミックス情報

「お前は医者なんだ
先生なんだ」
「共に瞳孔不同はなし!
脳卒中の疑いあり!!」
「決められるのは
アンタしかいないんだっ」
「僕がどちらかを
殺せってことか!?」
「医師の診断中なんです…
邪魔しないで下さい…っ」
「冷静な判断力とインプロビゼーション(即興医学)」

【関連記事】
萌え医学解説本 「わたしのカラダを医学して!」
コミティア新刊 寄生虫入り臓器イラスト同人誌 「工工工エエエエエエェェェェェェ」
臓器イラスト同人誌「真臓器本+新世紀臓器本」 1万年後の人間の臓器予想も
サークルダルマルダ 臓器本 「若干グロ注意の臓器イラスト本です」
採尿コップ 5個100円 「なんか知らないけど売れてるw」
「図説でわかる!萌える人体のひみつ」 男と女のカラダの性科学
秋葉原に恐怖スポット誕生
「断面図萌えな人に。ネットは広大だわ・・・」
男性器を模した猥褻フィギュア 特価1000円
「前立腺」&「女性性器と痛み」が一番売れる

【関連リンク】
集英社 / スーパージャンプ
「Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」作品情報
「Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」1巻コミックス情報
スージャンで災害の現場描く医療マンガ「Dr.DMAT」始動

東京DMAT
DMAT事務局ホームページ
災害・防災コラム > DMAT(ディーマット)ってなに?
DMATとは?
東京DMAT - Wikipedia
災害派遣医療チーム - Wikipedia

【感想リンク】
否が応でも注目しないわけにはいかない!災害医療の現場を描くドラマ
いざという場面で底力を発揮する、 災害医療のスペシャリストの物語
先の展開に期待☆(連載時感想)
スピード感と一コマの描写。とても新しさとアート性を強く感じます(連載時感想)
方向がブレなければ、いい感じの医療漫画に育つような気がする(連載時感想)


Dr.DMAT〜瓦礫の下のヒポクラテス〜 1 (ジャンプコミックスデラックス)Dr.DMAT〜瓦礫の下のヒポクラテス〜 1 (ジャンプコミックスデラックス)
菊地 昭夫 高野 洋

ReMember(2) (モーニングKC) 神様のカルテ 1 (ビッグコミックス) 傷だらけの仁清 13 (ヤングジャンプコミックス) ガウリンガール 1 (ヤングジャンプコミックス) ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51264962