2011年06月11日

僕と彼女のゲーム戦争 「美少女だらけの学校を舞台に、超絶ゲームバトル!」

僕と彼女のゲーム戦争電撃文庫6月新刊のライトノベル「僕と彼女のゲーム戦争」【AA】(著:師走トオル氏、イラスト:八宝備仁氏)が10日発売になった。オビは『女子だらけの高校に転入した矢先、僕は美少女に声をかけられた―「キミにはゲーマーの才能がある!」』で、メロンブックス秋葉原店のPOPは『美少女だらけの学校を舞台に、超絶ゲームバトルが幕を開ける―!』。
-

師走トオル氏のライトノベル「僕と彼女のゲーム戦争」【AA】(イラスト:八宝備仁氏)
メロン秋葉原店 「美少女だらけの学校を舞台に、超絶ゲームバトルが幕を開ける―!!」

メロン秋葉原店POP「八宝備仁先生を絵師に迎えた、電撃新刊!」

「せ、生徒会の…」「ああ、すまない。びっくりさせてしまったか?」
ゲーマーズ本店
特典:ミニ色紙
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原店A

6月の電撃文庫新刊師走トオル氏のライトノベル「僕と彼女のゲーム戦争」【AA】(イラスト:八宝備仁氏)が10日発売になった。

『僕と彼女のゲーム戦争』のオビの謳い文句は『女子だらけの高校に転入した矢先、僕は美少女に声をかけられた―「キミにはゲーマーの才能がある!」』、『人気ゲームも実名で登場する、熱く刺激的な青春ストーリー』で、萌特化書店員さんの紹介によると『それまで本ばかり読んできてゲームが嫌いだった主人公が転校をきっかけに「現代遊戯部」に連れてこられてゲームのおもしろさにハマっていくというお話場』、『主人公は一度物語を読み始めると没頭して周りに一切反応できなくなるという驚異の集中力を駆使してこれまで読書をしていたのですが、これがゲームをするときにも同様になってゲームの世界に入り込んでしまうという才能の持ち主。話を読み進めても、のめりこんでいく様は分かりやすく書かれているので共感しやすかったですよ』とのこと。

作中には実在のゲーム「アンチャーテッド」や、「スペランカー」「Gears of War」や、WEBサイト4Gamer.netGAME Watchオレ的ゲーム速報@刃さんはちま起稿さんなどが実名で登場し、メロン秋葉原店のPOPは『八宝備仁先生を絵師に迎えた、電撃新刊!美少女だらけの学校を舞台に、超絶ゲームバトルが幕を開ける―!!』になってた。

平凡な日々が一転、刺激的なゲーム人生に!人気ゲームが体感できる熱い青春ストーリー。 数年前まで女子校だった高校に転入した少年、岸嶺健吾。周囲が女子ばかりというハーレム環境にもかかわらず、人づきあいの苦手な彼は、静かに暮らしていた。しかし、強引に現代遊戯部に参加させられたことで、彼の高校生活は波乱万丈なものへと変わっていく……。岸嶺が入部した現代遊戯部は、ひらたく言えば、ゲーム部。美人生徒会長や変態教師という心強い仲間に支えられ、彼は思わぬ才能を発揮し、刺激的なゲーマー人生を体験することになる!人気ゲームが実名で登場。その躍動感あふれるリアルなプレイシーンは必見!! 電撃の缶詰「僕と彼女のゲーム戦争」

著者の師走トオル氏自身のブログにて『私はほんの数年足らずですが、ゲーム業界の片隅で仕事をさせて頂いておりました。まさに「ゲームで飯を食べさせてもらっていた」上に、そのとき経験した様々な物作りの教訓などは、物書きとなった今も役立っております。かくして、「小説を通じてゲームの面白さを少しでも多くの人に伝えることができれば、昔お世話になったゲーム業界に恩返しができるのでは」と思ったのがこの本を企画した最初のきっかけでした』などをコメントされている。

なお、「僕と彼女のゲーム戦争」【AA】の感想には、とある地方のオタ日記さん『面白かったですね。負けて悔し涙を流すような熱い作品は大好きです。今後に活躍するであろうキャラも何人かいるので、これからどうなっていくのか楽しみですね。本書を読むと「ギアーズ オブ ウォー」をプレイしたくなります。この点も中々興味深く、次の巻でどのゲームが採用されるかにも注目です』、平和の温故知新さん『「集中すると本やゲームに没入してしまう」という主人公の特徴付けと、「ゲーム大会で優勝する」というヒロイン達の目的のおかげで、ある種、ジャンプ漫画のスポーツものみたいな味わいがありました』、『もうちょっとゆるい感じかと思いきや、割と直球青春ものだったのですね』などがある。

「僕と彼女のゲーム戦争」書籍情報

「この中にファミコン版スペランカーをクリアできる人がいたら、来るがいい」
「わたしと瀬名先生とでこの現代遊戯部を作ったというわけだ」
「君のために用意しておいた
婚姻届だ!」
「子犬のようにおどおどと、
仁井谷は言った」
「白いブラジャーと、純白の柔肌が露になる」
「おーい、岸嶺君?天道くん?
おーい、おーい!」

【関連記事】
シロクロネクロ2 「シロvsクロの戦いが激化 そしてハーレムライフも激化」
電撃文庫 魔王なあの娘と村人A  「魔王っつーか裸王www エロエロです」
ストライク・ザ・ブラッド 「今月の注目の新作!学園アクションファンタジー」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(8) 「高坂京介、貴様付きあっているな!」
帰宅部のエースくん 「新入生諸君! 最高の部活 帰宅部に入らないか?」
「天国に涙はいらない。俺たちは5年待った!ようやっとの最終巻!」
新約 とある魔術の禁書目録 「"新約編"禁書リスタートです!」
竹宮ゆゆこ ゴールデンタイム(2) 「2巻キター!半年間正座して待ってましたッ!」
ついに最終章 狼と香辛料16巻 「ホロの笑顔だけで泣きそうです」
ロリコンでスポ根 ロウきゅーぶ!7巻発売 「紳士諸君、アニメ化ですよ!」
シロクロネクロ 「死んでもいいからエッチしたい!」「死んでも生地獄www」
「エンジニアが血の涙を流すライトノベル、なれる!SE 3巻」
青春ラリアット!! 「登場人物、バカばっかりでなにが悪い!」
さくら荘のペットな彼女4巻 「溝口ケージ氏のカラー絵でメイド・バニー・サンタ」
@HOME 我が家の姉は暴君です。「姉が暴君とかなんという俺得w!」
なないろリバーシブル 「服が透ける呪いにあえぐ彼女!」
恋する鬼門のプロトコル2巻 「乳とカルピスが錯綜する異色ラブコメ」
「電撃文庫 秋の祭典2010」フォトレポート
間宮夏生/月光 「殺人レシピを拾った時から始まる退屈じゃない日常」
【お盆進行】 禁書目録21巻ほか 電撃文庫8月新刊発売
あなたの精液をください…恋する鬼門のプロトコル 「たまもは俺の嫁!」
ニート探偵美少女アリス"神様のメモ帳" 「働きたくないと思ったらコレ!」

【関連リンク】
電撃ドットコム
電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE
電撃文庫6月新刊 / 「僕と彼女のゲーム戦争」書籍情報
著者:師走トオル氏のホームページ「センスのないページ('A`)」 / Blog
師走トオル - Wikipedia
イラスト:八宝備仁氏のホームページ「一期一会」
八宝備仁 - Wikipedia

ラノベ質問状 : ゲームメーカーも監修 作者は間違って義援金を…
『僕と彼女のゲーム戦争』amazonで在庫切れ
SCEとMSKKとアイレムの協力の元書かれたゲームをテーマにしたラノベが発売
「師走トオル」がゲームを題材にしたラノベ『僕と彼女のゲーム戦争』を出すぞ!
あの義援金一桁間違えたラノベ作家が実在のゲームを題材にしたラノベを出すらしい
ラノベ作家 師走トオル氏、義援金を1桁間違えて100万振込む

ライトノベル「僕と彼女のゲーム戦争」には,なんと4Gamerが実名で登場
人気ゲームや有名サイトが実名で登場!目指せ一流ゲーマー
『オレ的ゲーム速報』、ライトノベルデビューのお知らせ

【感想リンク】
やったことがないゲームでも描写が丁寧でわかりやすかったです
『僕と彼女のゲーム戦争』高橋名人が読む
ハーレム展開と思いきやガチでゲームまみれのストーリー
やってることはテレビゲームではあるけれど、ここには青春があるよ
艶っぽさ溢れる絵柄に惚れぼれ。アングルも好みです
萌えよりも燃えの熱血部活もの
一番笑ったヒロインの台詞。そんなやつそうそういねぇよ!
「うおおお!ゲームしてええ!!」でしょう。だってゲームしたくなるもんっ!
223Pのイラストは思わず雷撃が走るというか……さすが八宝備仁さん
お約束通りのけしからん乳も存分に堪能できます
面白かった。ゲームのジャンルが増えれば更に面白くなる
八宝備仁先生の絵がねっ!ひさしぶりにだったし!なんていうかもうたまらん!
開始すぐにポケモンの努力値が~性格が~とか言っててわらた
読んでるとひどくス○ランカーがやりたくなるから困る。
ゲームシーンがなかなかに臨場感があって熱い!
これから面白くなってきそうな予感
電撃文庫の僕と彼女のゲーム戦争を読みました。なかなか面白かったです
ゲームの魅力を文章で表現することの可能性というのも感じました
割と直球青春ものだったのですね
今後どのような展開をするのか
僕と彼女のゲーム戦争 - 読書メーター


僕と彼女のゲーム戦争 僕と彼女のゲーム戦争 (電撃文庫 し 15-1)
著者:師走 トオル
販売元:アスキー・メディアワークス
(2011-06-10)

クチコミを見る

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51267076