2011年07月09日

トカゲの王 「入間先生+ブリキ先生+中2設定=最強すぎる!!」

トカゲの王 電撃文庫7月新刊、 入間人間氏のライトノベル「トカゲの王I」【AA】(イラスト:ブリキ氏)が8日に発売になった。オビには『入間人間×ブリキが放つ、禁断の能力者バトル小説、ついに登場!』で、メロン秋葉原店は『つるぺたフルカラー全裸絵もあるし、無くなる前に買っとけ!』、『入間先生+ブリキ先生+中2設定=最強すぎる!!』POPでオススメしてた。
-

入間人間氏のライトノベル「トカゲの王I―SDC、覚醒―」【AA】(イラスト:ブリキ氏)
「入間人間×ブリキが放つ、禁断の能力者バトル小説、ついに登場!」

「おま、なにやって、んだよ」「プールに行くから着替えてたの」

五十川石竜子 「中学三年生。世界を塗り替えたい少年」
巣鴨涼 「中学三年生。露出過多な少女」
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原店

電撃文庫の7月新刊、入間人間氏のライトノベル「トカゲの王I―SDC、覚醒―」【AA】(イラスト:ブリキ氏)が8日に発売になった。

『トカゲの王I―SDC、覚醒―』は、目の色を変える能力を持つ主人公・五十川石竜子と、露出過多なヒロイン・巣鴨涼を描いた能力者バトル小説みたいで、カバーの謳い文句は『俺は、まがいものの能力者だ。だからこそ、この力で世界を変える。だって、俺は「最強」なんだから』、『入間人間×ブリキが放つ、禁断の能力者バトル小説、ついに登場!』、メロンブックス秋葉原店には『入間先生+ブリキ先生+中2設定=最強すぎる!!』、『つるぺたフルカラー全裸絵もあるし、無くなる前に買っとけ!!』POPが付いていた。

俺の力は単なるインチキ。だからこそ、俺はこの『能力』で世界を塗り替えてみせる。
俺はこんな所で終わる人間じゃない。その他大勢が強いられる『普通の人生』から逸脱した、選ばれし者なんだ。俺に与えられた能力『リペイント』は、インチキめいたまがい物。でも、俺には世界を"塗り替える"資格がある。このインチキこそ、俺の力なんだ。どこまでもなにもかも騙し抜く。まず手始めに、俺自身も騙す。そして、目の前に立ちはだかる不気味な殺し屋どもから必ず逃げ延びてやる。だって、俺は。『最強』なんだから。
「トカゲの王I―SDC、覚醒―」電撃の缶詰新刊情報

「トカゲの王I―SDC、覚醒―」【AA】の感想にはreading archivesさん『入間氏初の能力バトル物。バトルによる負傷の描写が生々しくて、精神的にキツかったです。敵味方、ここまでボロボロにされる展開は中々見ないですね。耐性が無い人にはキツイかもしれません。いろいろとグロかったです』や、エロ=オレの読書感想文さん『何かみーさんが能力に目覚めたら?という感じなんですけど、目覚めた能力が「目の色を変える」です』、『しょぼい能力を最大限に使って強大な敵に立ち向かう作品かと思っていたら、全然違って困る作品です(笑)』、いつかバイトを辞めてやる!!さん『主人公のとかげ君(中3)はイタいし、痛いですね。でも妄想じゃなくて一応能力を持っているのでギリセーフ?かなりしょぼい能力ですが。主人公のとかげ君が格好良く描かれているのは表紙と口絵くらいのもので、本編では傷だらけ。痛い痛い』などがある。

なお、「トカゲの王I―SDC、覚醒―」のあとがきで、入間人間氏は『「せっかくカリスマ編集者が付いているわけだし、そろそろ俺も能力バトル小説で一発当てよう、ぐへへ」みたいな考えがあったりなかったりな本作のテーマは中学生です。各所に「あぁ、中学生だなぁ」というものを感じていただけたなら、本書を書いた甲斐があったなぁと嬉しくなります。まあ、テーマなんて今考えたんだけど。この作品も基本的に今まで同様、ラブコメです』などをコメントされている。

「トカゲの王I―SDC、覚醒―」書籍情報

「こんなもん、ギアスごっこにしか使えん」
「血だ!本物か?なまぐさっ!」
「やっぱりトカゲくんのことが好きだって」
「いひ、いひ、ひぃぃ、ひぃ、いひ」
「おややぁ。そいつは運がない」
「その目がね、すっっっっっっごく、欲しいの」

【関連記事】
電波女と青春男」BD1巻発売 パンツも解禁
アニメ「電波女と青春男」、エリオ役の大亀あすかさんがきた3Dしおり配布
「電波女と青春男」最終8巻発売 アニメ放送直前に終わる
血まみれ包丁 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
TVアニメ化 電波女と青春男7巻 「妄想ヒロインの可愛さがヤバい。マジヤバい」
ゲーマーズ本店に「このライトノベルがすごい!2010」入りしたラノベコーナー
電撃文庫11月新刊 「禁書目録」「狼と香辛料」など3300冊くらい
電撃文庫9月新刊を、とらのあな2Fではざっくり2100冊くらい積んでた たぶん過去最高

コミックマーケット80カタログ、ブリキ絵の貧乳ひも水着娘(とらROM版特典)
僕は友達が少ない(6)特装版発売 「肉ゥゥゥゥーーー!!ブヒィイイイイイイ!」
僕は友達が少ない5巻 「残念系ラブコメディ、二学期編突入!」
僕は友達が少ない(はがない)4巻 「ゼロの使い魔を超えちゃったよ」
僕は友達が少ない コミックス1巻 「リア充ども!!!爆発しろ!!!」

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス
電撃文庫
「トカゲの王I―SDC、覚醒―」書籍情報
イラスト:ブリキ氏のホームページ「ブリキの砦」
入間人間 - Wikipedia
ブリキ (イラストレーター) - Wikipedia

俺はこんな所で終わる人間じゃない。だって俺は“最強” なんだから。「トカゲの王I」
【トカゲの王】口絵でブリキ絵の全裸幼女キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!
【ラノベ】ブリキ絵にブヒり死ぬ 入間人間新シリーズ「トカゲの王」表紙絵公開

【感想リンク】
異能がもたらす狂わしき殺戮ゲーム
ミステリーとホラーな雰囲気を前面に出して、先を読ませないのは相変わらずで上手い
あー、入間人間ってこういう作家だったよ! やられたよ!
中二病を患ったウソつきが『最強』を目指す異能力バトル小説
異能バトルもの。ただし入間人間節全開
本編では傷だらけ。痛い痛い
強大な敵に立ち向かう作品かと思っていたら、全然違って困る
娯楽作品として楽しめたかというと微妙だった
色々と設定が混じりすぎていて、よく分かりません
敵味方、ここまでボロボロにされる展開は中々見ないですね
トカゲの王 1 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51274211