2011年07月14日

美少女吸血鬼ラノベ 「お前のご奉仕はその程度か?」

お前のご奉仕はその程度かGA文庫の7月新刊、著:森田季節氏、イラスト:尾崎弘宜氏のライトノベル「お前のご奉仕はその程度か?」【AA】が14日に発売になった。『美少女吸血鬼の従僕になった少年の、ボーイ・ミーツ・ヴァンパイア・ラブコメディ()』で、メロン秋葉原店のPOPは『美少女だらけの吸血鬼帝国で一生ご奉仕!?俺もこの国に亡命してぇ!』になってた。
-

著:森田季節氏のラノベ「お前のご奉仕はその程度か?」【AA】発売
「わたし以外の誰にも噛ませてはダメだ!わたしだけに、ご奉仕するのだ!」

「美少女吸血鬼の従僕になってしまった少年の、ボーイ・ミーツ・ヴァンパイア・ラブコメディ」
イラスト:尾崎弘宜氏

「わたしのミニオンを…良太を傷つけた罪、高くつくからな」
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

GA文庫の7月新刊の1つで、著:森田季節氏、イラスト:尾崎弘宜氏のラノベ「お前のご奉仕はその程度か?」【AA】がアキバでは14日に発売になった。

GA文庫編集部ブログによると『舞台は日本から独立した吸血鬼の帝国!? そんな日本の中にできた帝国に高校生・朝霧良太が迷い込み、かわいいけどわがままな吸血鬼の少女・詩憐に従僕―ミニオン―にさせられてしまいます。そこからはじまる、ご主人様と従僕な少年の、ボーイ・ミーツ・ヴァンパイア・ラブコメディ!』で、登場するのは女性にモテる呪いにかかった男子高校生で、美少女吸血鬼の従僕(ミニオン)にさせられた「朝霧 良太」、良太をミニオンにした、わがままで友達がいない美少女吸血鬼「冬倉 詩憐」、良太の初恋の少女「沙羅野 王花」など。

オビ謳い文句が『わたし以外の誰にも噛ませてはダメだ!わたしだけに、ご奉仕するのだ!』で、GA文庫の新刊告知ポスターは『わからないヤツだな!いいかげんご主人様の気持ちに気づけ!良太にはご奉仕の精神が足りない!』。メロン秋葉原店のPOPは『日本から独立した吸血鬼帝国(しかも美少女吸血鬼だらけ)で男子高校生が一生ご奉仕するハメに!?ふぉおお!俺もこの国に亡命してぇ!』になってた。

高校生・朝霧良太が迷い込んだ街は日本から独立した吸血鬼の帝国!?そこで吸血鬼の少女・冬倉詩憐と出会った良太は、詩憐に噛まれてしまい、一生ご奉仕するはめに!?結局日本人のまま詩憐のミニオン(候補)として仕えることで許しを得たものの、帝国で唯一の日本人なため、今度は多くの血族の少女たちに狙われるようになってしまう!ご主人様な吸血鬼の少女と従僕な少年の、ボーイ・ミーツ・ヴァンパイア・ラブコメディ! GA文庫の作品紹介

なお、「お前のご奉仕はその程度か?」【AA】について、COMIC ZIN通販の紹介は『森田先生の作品は初めて、という方には是非森田季節ワールドに踏み入る最初の一歩として。そして既刊作品を読んでいるファンの方々は、森田先生の新境地がいかなるものかを確かめるために読むべし!』とかで、メロンブックス秋葉原店とCOMIC ZIN秋葉原店には「うわっ・・・私の年収低すぎ!?」をネタにした(たぶん)公式のパロディPOP『うわ…私の従僕の忠誠度、低すぎ…?()』や、『うわ…俺の人生低すぎ…?()』も付いてた。

「お前のご奉仕はその程度か?」新刊案内

ZIN秋葉原店にあった
POPやポスター
「うわ…私の従僕の忠誠度、低すぎ…?」
GAえくすぷろ~らぁの紹介
「あなた、もしかして日本人ですか?」
「血を吸わせてくれるだけでいい」
「噛まれたら一発でアウト」


【関連記事】
ストライク・ザ・ブラッド 「今月の注目の新作!学園アクションファンタジー」
ニート吸血鬼、江藤さん(1) 「無職で可愛い女の子は今日からパンツ禁止ね」
ネットで話題のラノベ「五年二組の吸血鬼」 アマゾン3位 アキバもほぼ完売
エロゲ化決定 シオンの血族2巻「超絶テンションで展開する"真性"ハーレムアクション」
ブラッドラッド2巻 「女を掛けた 真剣勝負!!」 幽霊娘と吸血鬼と狼男

【関連リンク】
ソフトバンク クリエイティブ / GA文庫
「お前のご奉仕はその程度か?」新刊案内 / 書籍情報
「お前のご奉仕はその程度か?」店舗別特典一覧ページ
森田季節先生の新作!「お前のご奉仕はその程度か?」
著者:森田季節氏のブログ「森田電鉄」
新刊には特典がつきます! と お札がやってきた
イラスト:尾崎弘宜氏のホームページ「かたくりレモン」

森田季節 - Wikipedia
森田季節とは - はてなキーワード
尾崎弘宜 - Wikipedia
『お前のご奉仕はその程度か?』表紙公開
『お前のご奉仕はその程度か?』GA文庫7月刊に森田季節新作

【感想リンク】
ご主人様の詩憐と良太、そして彼を付け狙う吸血鬼やストーカーたちのドタバタラブコメ劇
やぁこれ結構楽しかったです。 安定した楽しい小波が続く感じ
吸血鬼たちの暮らしぶりや物語の設定はかなり無茶苦茶だけど、そこが笑える
個人的なことを言えば「森田季節」に求めてる作品ではなかったかな
ハーレムラノベとしてのツボを押さえているようでどこかズレてるというか
ハーレム系なんだけど、斜め上の変化球設定がおもしろかったですね。おすすめ

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit