2011年07月28日

コミックス版アクセルワールド 「人気加速中のタイトルがコミック化!減速なしの面白さ!」

アクセルワールド 川原礫氏のライトノベル「アクセル・ワールド」を合鴨ひろゆき氏がコミカライズされた、コミック版「アクセル・ワールド」1巻/2巻【AA】が27日に同時に発売になった。1巻オビは『もっと先へ…加速したくはないか、少年』で、ゲーマーズ本店のPOPは『アクセル全開!人気加速中のタイトルが待望のコミック化!!減速なしの面白さ!』だった。
-

コミック版「アクセル・ワールド」1巻 / 2巻【AA】発売
川原礫氏のライトノベルを合鴨ひろゆき氏がコミカライズ

「今だ!!叫べ!!《バースト・リンク》!!」

「…ハルユキ君、私が、キミが好きだ」
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

川原礫氏のライトノベルシリーズ「アクセル・ワールド」を、合鴨ひろゆき氏がコミカライズされ電撃文庫MAGAZINEで連載されているコミック版「アクセル・ワールド」1巻 / 2巻【AA】が、27日に同時に発売になった。

アクセル・ワールドは、『2046年、ニューロリンカーという携帯端末を用いることで生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われる()』ようになった近未来を描いた作品で、コミックス1巻折り込みチラシの新刊情報では『コミックでも《最強のカタルシス》を体感せよ!!』、『デブでいじめられっ子の少年・ハルユキはある日、校内一の気品と美貌を持つ少女・黒雪姫と出会う。彼女から託された謎のソフトウェアによって《加速世界》の存在を知ったハルユキ。中学内格差最底辺にいたはずの少年の運命は、凄まじい勢いで《加速》し始める…!!』みたい。

コミックス1巻オビの謳い文句は『もっと先へ…加速したくはないか、少年』で、2巻のオビでは原作者の川原礫氏が『私が書きたかった世界がここにあります。2冊読み終えるまで加速が止まりません!』があり、コミカライズされた合鴨ひろゆき氏のブログでの紹介によると『1巻と2巻あわせて、原作ライトノベルの「アクセル・ワールド」1巻の 物語となっています』とのこと。ゲーマーズ本店では『アクセル全開!!人気加速中のタイトルが待望のコミック化!!減速なしの面白さ!!』POPが付いていた。

どんなに時代が進んでも、「いじめられっ子」はなくならない…。デブな中学一年生、ハルユキもその一人だった。しかし彼はある日、校内一の気品と美貌をもつ《黒雪姫》と出会う。彼女から託された謎のソフトウェア《ブレイン・バースト》。そして知った《加速世界》の秘密中学内格差最底辺にいたハルユキの運命は、凄まじい速度で《加速》しはじめる―!!電撃文庫の大人気シリーズがついにコミックで登場!「最強のカタルシス」で贈る次世代青春エンタテイメント!!
「アクセル・ワールド」1巻裏表紙
バーストリンカー《シルバー・クロウ》となったハルユキは、黒雪姫を襲う謎の敵《シアン・パイル》の脅威を排除するため、彼女を護る「騎士」として立ち向かうこととなる。しかし黒雪姫が敵の正体として疑いの目を向けていたのは、ハルユキがよく知る「ある人物」だった。意見を違えた黒雪姫とハルユキ。そのわずかな歪みが、事態を最悪の方向へと導く―!?激突!!シルバー・クロウvsシアン・パイル!!衝撃のバトルに刮目せよ!!
「アクセル・ワールド」2巻裏表紙

なお、コミックス版「アクセル・ワールド」1巻 / 2巻【AA】の感想には、あんぽんたんなぶろぐさん『主人公は、小太りの劣等感を持っている、あんまり居ないタイプ。でも仮想世界では凄いのよんってやつな。いやー、マジおもしれーよ!!原作を一気に読みたくなるほど面白い!設定もサイバーで惹かれるが、物語もいい!!絵はたまに稚拙な部分もあるが、概ね良好。って感じ。超オススメ!』や、ゆえひろきさん(1巻感想)『原作を初めて読んだときの衝撃をもう一度味わえます。しかも今度は、映像でっ! 私的にはこのコミカライズはとても納得です。……っていうか、基本的に私は小説がコミカライズされても読まないんです。が、コレに関しては読まないと損をします』などがある。

「アクセル・ワールド」1巻コミックス情報 / 2巻

《完全ダイブ》
「思考発声はできるかな?」
「キミは…現実を変えたくはないか?」
「心臓は血液を送り出すポンプなだけではない」
「僕はあなたの言う通りに働きます…他には何も望まない」
「―…や久しぶり、ハルユキ君」

【関連記事】
「アクセル・ワールド」重版分 完売したお店あり
「アクセル・ワールド」 アキバも売れてるみたい
シャナ18巻・狼と香辛料10巻・・・電撃文庫2月の新刊 2000冊盛り

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫MAGAZINE
「アクセル・ワールド」1巻コミックス情報 / 2巻 / 試し読み
《最強のカタルシス》を描く次世代青春エンタテイメントが、漫画でも読める!
合鴨ひろゆき氏のホームページ「あいがもPACKAGE」 / Blog / Twitter
原作:川原礫氏のホームページ「WordGear」
アクセル・ワールド - Wikipedia
川原礫 - Wikipedia

『アクセルワールド』アニメ新版権絵について・・・
新アニメ『アクセルワールド』新版権絵公開!もっ先のおっぱいが加速している
アクセル・ワールド、PVきたあああああああああああああ オー判
『アクセル・ワールド』アニメ版PV公開
アクセル・ワールド : 4月からテレビアニメ放送開始 キャストとスタッフ発表
『アクセル・ワールド』アニメビジュアル&キャラ原案公開!デブ主人公の時代来るか?
『アクセル・ワールド』は4月、『ソードアートオンライン』は7月から それぞれ2クール確定
アニメ「アクセル・ワールド」公式サイトオープン
コミック版「アクセル・ワールド」の1巻と2巻が同時発売(大阪・日本橋)
『アクセル・ワールド』コミック化決定!作画は合鴨ひろゆきとあかりりゅりゅ羽

【感想リンク】
いやー、マジおもしれーよ!!!!!!原作を一気に読みたくなるほど面白い!
やはり小説で読むよりも絵で見られる方がわかりやすいし、盛り上がりやすくて良かった
非常に分かりやすくてテンポ良く読めました
小説だと1巻の話を2冊(同時発売)で。なんというか、懐かしい
アクセル・ワールド 1巻 - 読書メーター / 2巻


アクセル・ワールド 1 (電撃コミックス)アクセル・ワールド 1 (電撃コミックス)
著者:川原 礫
販売元:アスキー・メディアワークス
(2011-07-27)



アクセル・ワールド 2 (電撃コミックス)アクセル・ワールド 2 (電撃コミックス)
著者:川原 礫
販売元:アスキー・メディアワークス
(2011-07-27)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51278741