2011年08月03日

競技クイズ ナナマルサンバツ2巻 「熱血クイズ物語!」

ナナマルサンバツ 杉基イクラ氏のコミックス「ナナマル サンバツ」2巻【AA】が、アキバでは2日に発売になった。オビは『大会白熱!≪競技クイズ≫ストーリー第2巻!!』で、裏表紙には『立ちはだかる競技クイズの現実!文系スポ根! 競技クイズストーリー!』。なぎさんの感想は『熱血クイズ物語!いやー青春してますなー。高校生クイズの舞台裏を見てるみたいだ』などなど。
-

杉基イクラ氏のコミックス「ナナマル サンバツ」2巻【AA】発売
「大会白熱!≪競技クイズ≫ストーリー第2巻!! 問題 このマンガは面白い。○か×か?」

(知ってることなのに間違いだなんて 口惜しい…!)

(読み方にも注意して 聞く!!)
「男性のなかに女性が1人いることを"紅一点"といいますが――」
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
ゲーマーズ本店

杉基イクラ氏ヤングエースで連載されているコミックス「ナナマル サンバツ」2巻【AA】が、アキバでは2日に発売になった。

『ナナマル サンバツ』は1巻コミックス情報が『入学早々、高校一年生の越山識(こしやましき)が勧誘されたのは、怪しげな先輩が会長を務める「クイズ研究会」だった。同級生の真理(まり)に引きずられ、内気な本の虫だった識は、0.1秒を争う早押しクイズの世界に足を踏み入れる』で、クイズ制作会社セブンワンダーズ 協力の「クイズは燃える!」な青春ラブコメ(?)クイズストーリー。

今回発売になった2巻オビ謳い文句は、『大会白熱!≪競技クイズ≫ストーリー第2巻!! 問題 このマンガは面白い。○か×か?』で、裏表紙のあらすじは『識(しき)の前に立ちはだかる競技クイズの現実!文系スポ根! 競技クイズストーリー! 』になってる。

4校合同の新歓クイズ大会は第2ラウンド「早押しボード」へ! だが、識は定番問題の存在を知り、競技クイズのあり方に疑問を持ってしまう。識の秘められた才能は開花できるのか!? 話題沸騰の競技クイズ物語! 「ナナマル サンバツ」2巻コミックス情報

なお、「ナナマル サンバツ」2巻【AA】の感想には、彩彩華美さん『もっとクイズを知りたいと前に進み始めていく展開とそのクイズ大会での心理戦がまた駆け引きを含めてこの競技への面白さが伝わってくる作品でした』、謎鳥さん『よく耳にしたクイズ研究会の実態に迫ったりもします。早押し一つとっても高度な駆け引きが行われいたりと、白熱しながらテレビの前にかじりついていたあの頃を思い出させてくれもします』、なぎさん『熱血クイズ物語!クイズ大会の話、先輩の過去?や新キャラなんかもチラ見でいやー青春してますなー。高校生クイズの舞台裏を見てるみたいだ』などがある。

「ナナマル サンバツ」2巻コミックス情報 / 杉基イクラ氏のブログ「いくら亭」

「"クイズ"とは万国共通誰もが知っている"遊び"である…」
「勝負は水物 何が起こるかわからないからおもしろい――」
「他の奴に戦略を聞かせないってのも戦略の一つだろ?」
「――だけど できたのもあるんだ できるのに」
「好きだから負けたくないんです!」
「クイズを学べ」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51280202