2011年08月08日

世界の処刑と拷問 「この本を目にしたスタッフの目の輝きが怖ぃですぅ‥‥」

世界の処刑と拷問 笠倉出版社から「世界の処刑と拷問」【AA】が出てる。裏表紙は『四つ裂き、鋸挽、引き伸ばし責め、串刺しの刑、汚物責め、異物挿入、虫責め、共食い、ギロチン鉄の処女、がみがみ女のくつわ……豊富な図版とイラストで見る古今東西残酷絵巻』。メロン秋葉原店のPOPでは『この本を目にしたスタッフの目の輝きが怖ぃですぅ‥‥』とのこと。
-


メロンブックス秋葉原店POP「この本を目にしたスタッフの目の輝きが怖ぃですぅ‥‥」

四つ裂き
「伸びきった四肢がちぎれるまで終わらない」

異物挿入
「へらに瓶、果てはアリの巣までもが性器にねじ込まれた」

笠倉出版社から「世界の処刑と拷問」【AA】が出ていて、メロンブックス秋葉原店では『この本を目にしたスタッフの目の輝きが怖ぃですぅ‥‥』POPがついてた。

表紙謳い文句は『縛る 打つ 斬る 焼く 刻む 恐怖と苦痛に満ちた人間の闇の歴史』、裏表紙は『四つ裂き、鋸挽、引き伸ばし責め、串刺しの刑、汚物責め、異物挿入、虫責め、共食い、ギロチン、鉄の処女、がみがみ女のくつわ……豊富な図版とイラストで見る古今東西残酷絵巻』になっていて、『特別付録 丸尾末広描き下ろし「残酷拷問絵図」』みたい。

目次によると、第一部「破壊される人体」、第二部「心身を苛む苦痛」、第三部「狂気と恥辱にまみれた刑罰」、第四部「世にも奇妙な刑具コレクション」に加え、「処刑・拷問資料館」の拷問史・文献研究の2編と、コラム「江戸時代の刑罰」「恐るべき魔女狩りの時代」「歴史に名を刻んだサディストたち」「風変わりな刑罰」を加えた構成になってる。

現代人の目から見れば、近代までに行われてきた処刑と拷問の大半は、あまりに残酷で野蛮である。だが、今も世界のどこかでは、さほど変わらない行為が繰り返されていることもまた事実だ。人間の内には、今も昔も狂気と暴力衝動が潜んでいるようだ。それはいつ解き放たれるかわからないのである。 はじめに より

なお、「世界の処刑と拷問」【AA】で紹介されているのは、第一部「破壊される人体」では「四つ裂き」「刻み責め」 「皮剥ぎ」」「舌抜き」「羅切・宮刑・去勢刑」「親指締め」「圧殺刑」「重し責め」「海老責め」「瓢箪責め」など28項目、第二部「心身を苛む苦痛」では「串刺しの刑」「爪責め」「釘を飲ませる」 「水責め」 「火刑・火罪」「鉄板焼き」「釜茹で刑」「生き埋め」など26項目、第三部「狂気と恥辱にまみれた刑罰」では「汚物責め」「ご馳走責め」「獄門」「名誉剥奪刑」「異物挿入」「焼印」「鍋責め」「象による粉砕刑」「電気責め」「くすぐり責め」「村八分」など31項目、第四部「世にも奇妙な刑具コレクション」では「ギロチン」 「鉄の処女」「掃除屋の娘」「ピロリィ」「苦悩の梨」「がみがみ女のくつわ」「真鍮の牡牛」「三角木馬」「電気椅子」「拷問椅子」「猫の足」「ガス室」など17項目

笠倉出版社 / 「世界の処刑と拷問」書籍情報

刻み責め
皮剥ぎ
瓢箪責め
串刺しの刑
針を飲ませる
水責め
火刑・火罪
鍋責め
電気責め

【関連記事】
幻想世界11カ国語ネーミング辞典 「ドイツ語にすると、ブタ女も必殺ワザっぽくなる!」
写真集「女生徒 放課後の果て」 女子校の教師はこんな光景を見てるのか…ゴクリ
ウソニュースの虚構新聞が書籍化 「号外!虚構新聞」 これは嘘ニュースです
ピュアな男性向け 萌える恋愛心理まにゅある 「ココロと体の保健体育!」

責められ少女絵巻 「好きだからこそ、いじめたい!」「着衣×責め」
美少女を着衣で拘束 拘束少女絵巻 「俺の征服欲が満たされる!」
「おしおき娘大全集」発売 スク水ニーソで絞首刑ほか

【関連リンク】
笠倉出版社
「世界の処刑と拷問」書籍情報
丸尾末広 - Wikipedia
拷問 - Wikipedia
【閲覧注意】 昔の処刑方法が怖すぎる・・・・
昔の処刑方法怖過ぎワロタwwwwwwwwwww

世界の処刑と拷問について


世界の処刑と拷問―刻む、焼く、斬る、打つ、縛る…恐怖と苦痛に満ちた人間の闇の歴史世界の処刑と拷問―刻む、焼く、斬る、打つ、縛る…恐怖と苦痛に満ちた人間の闇の歴史 (SAKURA・MOOK 55)
販売元:笠倉出版社
(2011-08-04)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51281388