2011年09月03日

アラカワシン/ボクと魔女の時間(1) 「ようこそボクと魔女の不思議な世界へ」

ボクと魔女の時間アラカワシン氏のコミックス「ボクと魔女の時間」1巻【AA】が2日に発売になった。何かよくわからん気まぐれBlogさんの感想によると『交通事故で体を入れ替えられ、超再生能力と超身体能力を手に入れてしまった主人公が、魔女の下で働く事を誓い、怪事件に立ち向かう』お話みたいで、オビ謳い文句は『ようこそボクと魔女の不思議な世界へ』。
-

アラカワシン氏のコミックス「ボクと魔女の時間」1巻【AA】
「ようこそボクと魔女の不思議な世界へ」

「事故にあった元の体じゃ使い物にならなくてね 幸い脳は無事だったから
脳を移し変えたのよ」

「再生力は体感した通り、頭痛いのはそのリバウンドよ。腕力とかその他諸々超人並」
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原店

ジャンプSQで連載されている、アラカワシン氏のコミックス「ボクと魔女の時間」1巻【AA】が2日に発売になった。

裏表紙のあらすじは『占い大好き高校生の綴エンジは、超ラッキーな日と診断されたその日に車に撥ねられる。目を覚ますと、目の前には"魔女"と呼ばれる少女・白雨。彼女は事故で唯一無事だったエンジの脳を化物の体に移植して…!?』で、オビの謳い文句は『ようこそボクと魔女の不思議な世界へ』。

占い大好きなエンジは、星座占いから血液型占いまで、全ての占いに超ラッキーと診断されたその日に車に撥ねられる。目を覚ますと、目の前には“魔女”と呼 ばれる少女、白雨。彼女は事故で唯一無事だったエンジの脳を、化け物用に作っていた体に移植した、という。白雨が勝手にやったこととはいえ、1億円と5年 かけて作った体をもらってしまったエンジは、彼女の下で1億円分、働くはめに――!「ボクと魔女の時間」作品紹介

コミックス「ボクと魔女の時間」1巻【AA】の感想には、 何かよくわからん気まぐれBlogさん『交通事故で体を入れ替えられ、超再生能力と超身体能力を手に入れてしまった主人公が、魔女の下で働く事を誓い、ありとあらゆる怪事件に立ち向かう姿が逞しく、でも元の体に戻るうんぬん以上に、今の体に馴染んであれこれする姿が前向きで、むしろ素直に魔女にこき使われる姿に開き直りを感じましたw。運命を受け入れる覚悟が早いよ!w』、ウヴぁずきさん『ふむ…思ったより面白かった』、 けろけろさん『水田が登場してから若干下ネタが増えた気がするけど、思わず吹いてしまうシーンが多々あるw 』 などがある。

「僕と魔女の時間」作品紹介ページ / 1巻コミックス情報

「白のパンティ貸してくんない?」
「こうして オレの一生は
終わりを迎えた」
「アレ?
オレ死ななかったっけ?」
「ナニで何される所だったのオレ!?」
「喫茶店は隠れ蓑で
私の本業はこっち」
「バカにすんじゃねェよ」
ドン

【関連記事】
うちの魔女しりませんか?2巻 「切ないけれど、良いお話でした」
ウィッチクラフトワークス2巻 「最強素直クール、火々里さん好きじゃあああああ!」
くろのロワイヤル おはよう 「めちゃおもしれえええ可愛過ぎる!!」
超マジメな魔女っ子 「マママ〜魔法委員長魔子ちゃんの魔法指導〜」
みみミミック1巻 「耳魔道士にされてしまい、耳が超敏感になった女子中学生」
僕の後ろに魔女がいる2巻 こんな人向け「下僕になりたい!! 踏んで下さい」
カウントラブル2巻 「メーコが発情!」「幼馴染参戦キター!!」
小池定路/魔法少女チキチキ1巻 「何もないよ〜で色々ある魔女っ娘マンガ」

【関連リンク】
集英社 / ジャンプスクエア
「ボクと魔女の時間」1巻コミックス情報
「僕と魔女の時間」作品紹介ページ
アラカワシン氏のホームページ「ヨリミチ五番街」 / ブログ / Twitter
デザイナーさんに頑張ってもらって良い本に仕上がっとります

ボクと魔女の時間 - Wikipedia
コミックナタリー - SQでアラカワシン新連載!武富健治「心の問題」も掲載

【感想リンク】
基本的に酷い目にあってますねww
清々しいくらいのシュールバカ漫画^^
コメディとシリアスがいい感じに混ざり
素直に魔女にこき使われる姿に開き直りを感じました。w
ボクと魔女の時間読了 ふむ…思ったより面白かった
思わず吹いてしまうシーンが多々あるw
ボクと魔女の時間 1巻 感想 - 読書メーター


ボクと魔女の時間 1 (ジャンプコミックス)ボクと魔女の時間 1 (ジャンプコミックス)
著者:アラカワ シン
販売元:集英社
(2011-09-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51287705