2011年09月05日

同人誌 アマゾンで同人誌は売れるのか「アマゾンとお金の話」

密林社 サークルみつりん通信の同人誌「アマゾンで同人誌は売れるのか」【AA】が、ZIN秋葉原店に入荷してる。ZIN通販のサークルさんコメントでは『Amazon出品代行「密林社」の中の人がアマゾン委託の体験談などを書いています。』みたいで、Amazonに商品登録した場合の手数料や、納品の手間、アマゾンのメリットなどの解説されている。
-


印刷単価300円の本を840円で、60冊販売した場合の販売結果

「委託手数料が高いAmazonで出品するメリットとは」

サークルみつりん通信(みつりん氏)の同人誌「アマゾンで同人誌は売れるのか」【AA】が、COMIC ZIN秋葉原店に入荷してる。サークルみつりん通信は、オリジナル作品、自主制作作品、同人作品等をAmazon.co.jpに出品する手続きの代行サービスをしている「密林社」の中の人のサークルさんみたい。

同人誌『アマゾンで同人誌は売れるのか』では、サークルさんの新刊情報によると『Amazon委託のお話、今回は経費について。前回から引き続きレビューと4コマ漫画をページ増で掲載。新企画 アートブックフェアレポート。といった内容でお送りします』とのことで、 Amazonに商品登録した場合の手数料や、納品の手間、出品のメリットなどの解説した「アマゾンとお金の話」と、Amazonに出品されている同人作品のブックレビュー、「四コマ漫画"みつりん!"」などを収録。

解説とテーマについて  今回は「Amazonとお金」をテーマに、Amazonでの書籍出品にかかる費用についてのお話を前号より発展させて書いていきます「Amazon上でオリジナル作品を販売することが出来ることは分かった。でも現実的に考えて経費をペイできるのか」という問題についての解説になります。
「アマゾンで同人誌は売れるのか」"アマゾンとお金の話"より

なお、サークルみつりん通信のみつりん氏は「アマゾンで同人誌は売れるのか」【AA】のまえがきで『こんにちは、みつりんと申します。Amazonに同人作品など、オリジナル商品を出品する手続きの代行「密林社」の中の人をやっています。どうぞお見知りおきください』、『Amazonにオリジナル作品を出品する方法のさらなる解説として、出品にかかる経費の話について書いてみました』などをコメントされている。

サークルみつりん通信 

Amazonとお金の話
製造業JANコード取得費用表
「落ち着いてからは1冊2冊での発注になり手間に比べてリターンが少なくなります」
ブックレビュー
「震災に負けるな!東日本project」
ブックレビュー
「kulturtrieb-G vol.2」
「南鎌倉高校女子自転車部」
ブックレビュー
「甲殻勇者かにぱーにゅ」
「突然ガードレール」

【関連記事】
同人活動のための同人誌 「CIRCLES' vol.0」 特集にCOMIC ZINスタッフインタビュー
東日本大震災チャリティー同人誌 エロチャリ 「総勢88名!史上最強のエロ合同誌!」
KindleやiPadなどの電子書籍擬人化同人誌 「電子書籍にまつわるおはなし」
南鎌倉高校女子自転車部 「鎌倉に行きたくなるな」

【関連リンク】
密林社
みつりん通信 / Twitter
密林社って?
コミティア97新刊出ます!
Amazonで同人誌出してみた。(お試し版)
COMIC ZIN通販「アマゾンで同人誌は売れるのか」

Amazon.co.jp
Amazon.com - Wikipedia
【コラム・ネタ・お知らせ】 出版社をつくろう!その1
Amazonに同人ゲームを委託するメリットとデメリット
同人作品をAmazonを含む、流通にのっけるには
Togetter - 「同人誌委託の具体的な金の話」
Togetter - 「同人誌におけるamazon通販・ショップ委託の話題」
同人誌はAmazonよりも先に国会図書館に納本する義務があるよという話



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51288170