2011年10月15日

一緒に暮らすための約束をいくつか(1) 「女子中学生と30代の独身男の同居生活」

一緒に暮らすための約束をいくつか 陸乃家鴨氏のコミックス「一緒に暮らすための約束をいくつか」1巻【AA】が14日に発売になった。女子中学生と30代の独身男との同居生活を描いたマンガ()で、オビは『女子中学生と中年男、二人暮らしの日常!』。ZIN秋葉原店には『年の差21歳だけど、血は繋がってないけれど、ふたり暮らしはじめました』POPが付いてた。
-

陸乃家鴨氏のコミックス「一緒に暮らすための約束をいくつか」1巻【AA】発売
「14歳と35歳、ひとつ屋根の下。女子中学生と中年男、二人暮らしの日常!」

「昔の私は幼稚でおバカだったの。恥ずかしい過去は葬り去ったんだから」

「お前って見かけによらずエロいよな」 「そんなのっ ...そんなの キライじゃないでしょ」
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原店

陸乃家鴨氏週刊漫画TIMESにて不定期連載されているコミックス「一緒に暮らすための約束をいくつか」1巻【AA】が、14日に発売になった。

コミックス情報によると『友人夫婦の忘れ形見である一人娘・紗那を引き取ることにした独身男・悟郎。しかし一緒に暮らすためには、越えなければならない難題があった…』な、女子中学生と30代の独身男との同居生活を描いたマンガで、オビの謳い文句は『14歳と35歳、ひとつ屋根の下。女子中学生と中年男、二人暮らしの日常!』。ZIN秋葉原店には『年の差21歳だけど、血は繋がってないけれど、ふたり暮らしはじめました』POPが付いてた

ときわ書房本店blogでは『血縁無しの35歳男と14歳少女の同居生活。オッサンが少女を引き取って〜なんて"うさぎ某"みたいですが、これを世に言う"子育てモノ"と判断するには、なにかモヤモヤするものが…。陸乃先生が描いておりますので、一筋縄ではいきませんが、二人の間に立ちはだかる問題の数々をどのように解決、妥協点を探して行くのかをハラハラ見守るのが、このタイプのマンガを読む時の流儀である事に変わりはありません…お楽しみください』と紹介し、何かよくわからん気まぐれBlogさん『年の差がはなれてる男と少女の人間関係がメインな話なので、まさか交わるシーンんなどは無いだろうと思っていたのですが、意外にも独身男の方にあったりしたので少し得した気分になりましたw。大人の恋愛って、やっぱりそういう事があってなんぼだよねぇ。はぁ〜・・・w』な、主人公悟朗と、悟朗を慕う大学の後輩・由加利とのセクロスシーンもあるみたい。

なお、コミックス「一緒に暮らすための約束をいくつか」1巻【AA】の感想には、謎鳥さん『遺族の反対を押し切ってまで始めた生活は、一見家族のように見えて、踏み込めない深い溝があるようにも見え、またいわゆる歳の差恋愛かと思っていると、思わぬカウンターで衝撃を受けますね。』、E.M.D.2ndさん『基本的にはそこまでドロドロとした話にはなっていないのですが、今後の展開次第では・・・。でもそんなドロドロなお話は見たくないので、今回のような展開で進んで欲しいですわ』、shmkさん『沙那ちゃんの中学生らしい可愛さと、原さんの時々本音が出ちゃう可愛さとあいまって、とても良い』、鷹羽かずみさん『…女性陣がみんなしっかり者なんだけど、それだけじゃなくてかわいいところもあるのがいいなぁ。絶妙な"スキ"があるというかね』などがある。

「一緒に暮らすための約束をいくつか」1巻コミックス情報

「おかえりゴロー!!」
「あっあっあっ先輩 藤木先輩」
「紗那 俺、あいつと結婚するかもしれない」
「ゴローって本当バカ」
ガチャッ 「!!」
「そういうことか...」

【関連記事】
陸乃家鴨/出戻り姫とニート王子 「バツイチ子持ちの授乳ヒロイン」

【関連リンク】
芳文社 / 週刊漫画TIMES
「一緒に暮らすための約束をいくつか」1巻コミックス情報
陸乃家鴨氏のホームページ「MEGAPLUS」
1話〜9話になります。書きおろししてるのはカバーと中身に5ページ
陸乃家鴨(厦門潤) - Wikipedia
これを世に言う「子育てモノ」と判断するには、なにかモヤモヤするものが…

【感想リンク】
擬似家族×三角関係、的な何か。ド王道
大人の恋愛って、やっぱりそういう事があってなんぼだよねぇ。 はぁ〜・・・。w
また擬似家族ものか、と思いきや、 本筋はオトナの話
全く持って、この三人の関係の続きが気になる
独身ダメ男(35歳)と世話女房(14歳)
これからどんな風に転がっていくのか!? というのが非常に楽しみなところ
いわゆる歳の差恋愛かと思っていると、 思わぬカウンターで衝撃を受けますね
基本的にはそこまでドロドロとした話にはなっていないのですが、今後の展開次第では・・・
陸乃作品の中ではかなり重いテーマとなっていますが今後の展開が気になる所
家族ではない21歳年の差男女の家族物語、始まる
血縁関係まったくなしの中学生とおっさんの歳の差二人暮しドラマ
沙那ちゃんの中学生らしい可愛さと、原さんの時々本音が出ちゃう可愛さ
女性陣がみんなしっかり者なんだけど、それだけじゃなくてかわいいところもあるのがいいなぁ
「一緒に暮らすための約束をいくつか」1巻 感想 - 読書メーター


一緒に暮らすための約束をいくつか 1 (芳文社コミックス)一緒に暮らすための約束をいくつか 1 (芳文社コミックス)
陸乃 家鴨

ハッピーネガティブマリッジ 2巻 (ヤングキングコミックス) 出戻り姫とニート王子 (ヤングコミックコミックス) ナースを彼女にする方法  (バンブーコミックス VITAMAN SELECT) 籠女の邑(1) (シリウスコミックス) 半熟でぃべろっぱー (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51297219