2011年11月05日

紅 kure-nai8巻 「紫のカワイサは異常!そして切彦ちゃんの生死は?」

紅 kure-nai山本ヤマト氏のコミックス「紅 kure-nai」8巻【AA】が4日に発売になった。『銀子の祖父を捜すべく、銀子と共に、京都へと向かった真九郎。しかしなぜか紫達も付いて来てしまい…。驚愕の事件が彼らを待ち受けていた…!()』なお話で、メロン秋葉原店には『紫のカワイサは異常!そして切彦ちゃんの生死は...dead or alive?』POPが付いてた。
-

山本ヤマト氏のコミックス「紅 kure-nai」8巻【AA】発売
メロン秋葉原店 「紫のカワイサは異常!そして切彦ちゃんの生死は...dead or alive?」

「わたしは紫 九鳳院紫だ!!」

「切彦ちゃんだ」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原店
K-BOOKS秋葉原新館

片山憲太郎氏のライトノベルを小説版の挿絵も担当されている山本ヤマト氏がコミカライズされ、ジャンプスクエアで連載中のコミックス「紅 kure-nai」8巻【AA】が4日に発売になった。

『紅 kure-nai』は特設ページによると『駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎…そして、九鳳院紫。二人の出会いは、真九郎の師匠・柔沢紅香の依頼で始まった…。 互いの存在に救われた真九郎と紫の間には、次第に絆が生まれていた…』なお話で、Wikipediaによると『1巻は単発のオリジナルエピソード、2巻及び3巻は小説版"紅"第1巻をほぼ忠実にコミカライズしたストーリーとなっているが、切彦が登場する第4巻以降は5,6話分で1つのエピソードを成しているオリジナルシリーズで構成されている』みたい。

今回発売になった8巻は、裏表紙あらすじは『銀子の祖父・銀次を捜すべく、銀子と共に、京都へと向かった真九郎。しかしなぜか紫達も付いて来てしまい…。観光気分を楽しんでいた一行だが、驚愕の事件が彼らを待ち受けていた…!』で、オビの謳い文句は『京都編突入!待ち受ける西の脅威!!』で、メロンブックス秋葉原店には『紫のカワイサは異常!そして切彦ちゃんの生死は...dead or alive?』POPが付いてた。

なお、コミックス「紅 kure-nai」8巻【AA】の感想には、 gurimoeの内輪ネタ日記さん『銀子が祖父の情報を追って京都入り、という時点で危険な香りがぷんぷんしますが、環&闇絵さんコンビも含めた超豪華メンバーでの遠征ということでテンション上がらざるをえない!』、 何かよくわからん気まぐれBlogさん『派手なバトルや、緊張感漂う腹の探り合いはあまり無いのですが、その分むしろ紫の才能や可愛さが目立った巻でしたw』、 彩彩華美さん『真っ直ぐ進むと決めたら周りが見えなくなる欠点でもあり長所でもある真九郎の、さりげない言葉や行動に赤面しつつ、照れ隠しをしようとテンパる銀子さんがまた可愛いかったですね^^』、yanagieさん『切彦ここでしばらく登場しなくなるのかな?と思ったら続くのねえw銀子がすごいツンデレでよいw 』などがある。

ジャンプスクエア「紅 kure-nai」特設ページ / 8巻コミックス情報

「早死にされちゃ困るのよ」
「切彦ちゃん...リンさんを殺すつもりなんてなかったんだ」
「わたしはここを離れない...切彦が...出てくるまで...」
「あたし行くから!」
「俺も一緒に行くからな」
「は?何であんたに...」
ザパッ ...ペタン

【関連記事】
紅 kure-nai7巻 「カワイイ切彦ちゃんor恐い切彦ちゃん。どっちがお好き?」
紅OVA付き6巻 「紫も可愛ええすがやっぱ斬彦ちゃんええですよな……」
OVA付き紅 kure-nai 5巻限定版 「TV版のキャラデザ、無かったことに!」
「5歳・・7歳・・14歳・・なんという紳士ホイホイッ!」
紅 kure-nai2巻、女子高生の入浴シーン(控えめふくらみ)
紅 kure-nai1巻発売 「これぞ原作ファン待望のファンブックですよ、醜A社さん」

【関連リンク】
集英社 / ジャンプスクエア
「紅 kure-nai」8巻コミックス情報
ジャンプスクエア「紅 kure-nai」特設ページ
山本ヤマト氏のホームページ「soybean」
紅 - Wikipedia
テレビアニメ「紅 kure-nai」公式サイト
原作小説:スーパーダッシュ文庫「紅」

【感想リンク】
これ何度見ても笑えて腹筋ひくひくするんすけど(笑)
「真九郎様のお好きなように」のコマは可愛い過ぎます(笑)
漫画版では、リンさんが実に素晴らしいキャラ
紫にそっくりで男の娘とかなんなんですか?この子は攻略できるんですか?
超豪華メンバーでの遠征ということでテンション上がらざるをえない!
紫の才能や可愛さが目立った巻でした。w
赤面しつつ照れ隠しをしようとテンパる銀子さんがまた可愛いかったですね
切彦ちゃん編完結。京都編開始
意外すぎる設定のキャラが登場して、なにやらニヤニヤできそう
銀子がすごいツンデレでよいw
猫舌の切彦も可愛いけどハードツンデレを突っ走る銀子もたまんねぇな
紅 kure-nai 8巻 感想 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51302025