2011年11月20日

ファンタジア文庫最速アニメ化する「デート・ア・ライブ」3巻 発売

デート・ア・ライブ ファンタジア文庫11月新刊、橘公司氏のライトノベル「デート・ア・ライブ」3巻【AA】が19日に発売になった。新刊折込チラシは『「わたくし、精霊ですのよ」転校してきた少女は微笑を浮かべ、そう言った。人を自らの手で殺す最悪の精霊――狂三。新世代ボーイ・ミーツ・ガール第3弾!!』などで、オビでは『レーベル史上、最速アニメ化企画進行中!!』みたい。
-

著:橘公司氏、イラスト:つなこ氏のライトノベル「デート・ア・ライブ 3 狂三キラー」【AA】発売

「倒れないなら倒れるまで、死なないのなら死ぬまで、貴様を殺し続けるのが、
私の使命であり存在理由です」

「さあ――私達の戦争(デート)を始めましょう」
とらのあな秋葉原店A
特典:掛け替えカバー
メロンブックス秋葉原店

ファンタジア文庫11月新刊、著:橘公司氏、イラスト:つなこ氏のライトノベル「デート・ア・ライブ 3 狂三キラー」【AA】が19日に発売になった。

『デート・ア・ライブ』は特設ページによると『隣界に存在する特殊災害指定生命体。発生原因、存在理由ともに不明。こちらの世界に現れる際、空間震を発生させ、周囲に甚大な被害を及ぼす』という「精霊」が存在する世界のお話。1巻発売時には『精霊とデートしてデレさせる?ドMな方にもおすすめ!』POPがあって、発売一週間たたずに緊急重版が決定する人気だったみたいで、新刊折込チラシ紹介は『6月5日。災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」士道のクラスに転校してきた少女は微笑を浮かべ、そう言った。人を自らの手で殺す最悪の精霊――狂三。新世代ボーイ・ミーツ・ガール第3弾!!』、3巻オビ謳い文句では『レーベル史上、最速アニメ化企画進行中!!』。

発売日のアキバでは、ゲーマーズ本店『これはゾンビですか?&デート・ア・ライブWアニメ化決定!!』天井POP手描きPOPがあったほか、メロンブックス秋葉原店でも『レーベル史上最速のアニメ化発表! デレさせて世界を救うスタイリッシュデートラノベ! 3巻、堂々の刊行!』POPが付いてた。

第3の精霊、狂三が襲来!! 新世代ボーイ・ミーツ・ガール!! 6月5日。災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」士道のクラスに転校してきた少女は微笑を浮かべ、そう言った。人を自らの手で殺す最悪の精霊――狂三。そして、士道の実妹だという少女も現れて――!?  デート・ア・ライブ(3)書籍情報

なお、「デート・ア・ライブ」3巻【AA】の感想には、気の向くままにラノベ感想日記さん『悪い精霊として登場した狂三がなかなか面白そうなキャラですね。確かにいかにもな悪役なんですけど、彼女の能力で現れていた過去の彼女なんかを見ると、最後にはちゃんと救ってあげて欲しいと思ってしまいます』、gurimoeの内輪ネタ日記さん『口絵の段階で既に、狂三と真っ向から対立することが明らかだったわけですが、精霊を救いたい士道がどちらの味方をするのか?は本作の最大の見所であり、最後まで手に汗握る展開が続いたので良かったと思います』、飼い犬にかまれ続けてさん『普段は聖霊をデレさせるために行動し和気藹々といった感じの展開なのに、一転して残酷な展開に移行するのはこの作品の持ち味。この状況の転換時の背中がゾクッとする感覚は堪らないよ』などがある。

「デート・ア・ライブ」3巻書籍情報

「皆さん
どうか仲良くしてくださいまし」
「お…っ、おはよう、ございます
士道さん…っ!」
「冬服ならまだしも、この格好でノーブラはヤバイだろ…!」
「学校案内で手を握る必要はないはず。今すぐ離すべき」
「どうですかしら…?」高校生にあるまじき布面積の下着と、白い肌を晒す。
「死なねーんですよ。何度殺しても、どんな方法で殺しても」

【関連記事】
画像:ファンタジア文庫11月新刊 発売
デート・ア・ライブ2巻 「第2の精霊とのキス!!そして始まる修羅場イベント!!」
デート・ア・ライブ 十香デッドエンド 「緊急重版 上手にあがりましたー!!」

表紙が魔法少女 蒼穹のカルマ5巻 「どうしてこうなった」
表紙がエロい"蒼穹のカルマ"4巻 「騙される人 急増中!」
ゲーマーズ本店に「このライトノベルがすごい!2010」入りしたラノベコーナー

【関連リンク】
富士見書房 / 富士見ファンタジア文庫
「デート・ア・ライブ」3巻書籍情報
富士見書房「デート・ア・ライブ」特設ページ
著者:橘公司氏のTwitter
イラスト:つなこ氏のブログ「つなまよざ」 / Twitter / pixiv
デート・ア・ライブ - Wikipedia
とらのあな通販「デート・ア・ライブ」3巻
ゲーマーズ「デート・ア・ライブ」3巻特典情報
『デート・ア・ライブ』アニメ化企画進行中
富士見ファンタジア文庫『デート・ア・ライブ』アニメ化決定!

【感想リンク】
やられた。最後の最後で全ての展開を掻っ攫っていった
きてれつな発想のもと、繰り広げられるアクション&ラブコメ
武力ではなくデートしてデレさせてなんとかしよう!という、なんともすごい設定の物語
最後まで手に汗握る展開が続いたので良かったと思います
終盤は怒涛の展開
これは予想してなかった。やられた!
実妹と義妹の兄争奪戦勃発!!
かなり強烈な引きで終わっています。それがもう!悶々とさせられる!!
今後どういう感じになっていくんですかね~
デート・ア・ライブ3 狂三キラー - 読書メーター
デート・ア・ライブ3 狂三キラー - ブクログ



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51305347