2011年11月29日

天空の扉(1) 「超王道にして超邪道。エロもグロも含まれた強烈なまでのえげつなさ」

KAKERU 天空の扉KAKERU氏(=バー・ぴぃちぴっと)のファンタジーコミックス「天空の扉」1巻【AA】が28日に発売になった。オビは『超リアル・ドラゴン○エスト!強刺激!王道ファンタジー!!!』『魔法少女プリティベルのKAKERU、会心の最新作!!』で、謎鳥さんの感想には『超王道にして超邪道ファンタジー。エロもグロも含まれた強烈なまでのえげつなさ』などなど。
-

KAKERU氏(バー・ぴぃちぴっと)のコミックス「天空の扉」1巻【AA】発売
「超リアル・ドラゴン○エスト!強刺激!王道ファンタジー!!!」

「ボクん家、モーデリア家は世界中を駆け巡る超高速移動魔法"マクロドライブ"を
代々継承している世界最速の運送業者だ」

謎鳥さん「超王道にして超邪道ファンタジー・エロもグロも含まれた強烈なまでのえげつなさ」

「ドポッ…」
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店

『表紙が美少女だけど35歳のボディービルダー(男性)が魔法少女』な「魔法少女プリティ☆ベル」や、バー・ぴぃちぴっと名義で大人向けコミックスも描かれてる(KAKERU氏が、さくらハーツで連載されているコミックス「天空の扉」1巻【AA】が28日に発売になった。

『天空の扉』は裏表紙によると『どんな願いでも叶えられるという伝説の都市「天空の扉」を巡る冒険ファンタジー!人間に絶望した「雷光の勇者」レイの野望を阻止すべく、超高速移動魔法「マクロドライブ」の使い手ルーシュの果て無き旅が始まる!!』なお話。

あとがきによると『モチーフはドラクエです』、『瞬間移動魔法がMP消費1でスライム鍛えたらすぐに使えるってこの世界の物流どうなってんだよww ルーラで石とか飛ばしてぶつけたら最強じゃね?大陸間弾道弾並じゃね?ルーラ使えるまで鍛えたスライム量産したら魔王城粉砕じゃね?~中略~とかわいくないことを考えていた所からできた話です。誰もが一度は思ったであろう可愛くない考えの集大成が天空の扉。そんなかわいくねぇツッコミの数々を全部ぶち込んで纏め上げました』とのことで、オビは『超リアル・ドラゴン○エスト!強刺激!王道ファンタジー!!!』。

作者の時点からして王道なんてありえないと予想はしていましたが、全くもってその通りの超王道にして超邪道ファンタジーが開幕です。さすがにプリティベルの某厚志さんみたいな濃すぎるキャラはいないにせよ、ドラクエのような世界観でありながら色んなものを否定した現実的な設定や世界観、エロもグロも多分に含まれた強烈なまでのえげつなさ。かと思えばやはりファンタジー世界ならではの伝説もあり。実によく氏の色ってものが強く出ていますね 謎鳥さんの感想

なお、「天空の扉」1巻【AA】の感想には、ゆーたろーさん『やべぇ、相変わらずこの作者神すぎる。しかし掲載誌さくらハーツって…連載終わるまで雑誌持つのか?www』、マンガ大帝国のとある奇妙な禁書目録さん『練り込まれた設定と、高い画力によるド派手な演出がこの作品を二段階も三段階も昇華させています。世界観は普通のRPGをイメージすれば分かりやすいのですが、この作品の肝の超高速移動魔法、マクロドライブという魔法の設定に科学的設定を持たせることで、ルーシュの主人公としての活躍する機会を与えていますね』などがある。

「天空の扉」1話試し読み(期間限定公開)

「このカワイイ幼馴染が世話焼いてあげるから」
「まさか人間に助けられるとはな…」
「お前のが欲しいって言ってるんだ…♥」
「死んだはずの勇者様が…っ」
「血管をつなげ!!!」
「やめろおおおおおおおおおおおっ!!!」

【関連記事】
魔法少女プリティ☆ベル5巻 「もう普通の魔法少女ものでは物足りない方へ!」
魔法少女プリティ☆ベル4巻 「いろんな意味でひど過ぎるwwww(褒め言葉)」
キュゥべえがオススメする魔法少女マンガ
魔法少女プリティ☆ベル誰得抱き枕カバー 「見よこの恥じらいの表情」
魔法少女プリティ☆ベル3巻 「これでも魔女っ娘。ますますキレます、キレてます!!」
魔法少女プリティ☆ベル 「2巻でもバッチリキレてる魔法少女!!」
表紙が釣りすぎる魔法少女マンガ 「魔法少女プリティ☆ベル」1巻

2009年度、最も売れたロリ漫画作家「バー・ぴぃちぴっと」の新刊 小中ロック2
バー・ぴぃちぴっと/小中ロック 「子作りまで突き進むハイテンションロリータ漫画」

【関連リンク】
日本文芸社
さくらハーツ公式ホームページ / Twitter
「天空の扉」1話試し読み(期間限定公開)
KAKERU氏のブログ「一人ぼっちの漫画工場」 / 天空の扉一巻発売!!

【感想リンク】
全体的にはまあまあ面白かったので続きにも期待
王道ファンタジー、というよりもダークなファンタジーに見えるが・・・
超王道にして超邪道ファンタジーの開幕
やべぇ、相変わらずこの作者神すぎる
KAKERU先生の切り込み方がまたいいなぁ
練り込まれた設定と、高い画力によるド派手な演出



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51307327