2011年12月08日

おたくの娘さん 11巻 「おたく親子ライフ感動!!×驚愕!!の最終巻!!!!」

おたくの娘さん すたひろ氏のコミックス「おたくの娘さん」最終11巻【AA】が、アキバでは7日に発売になった。オビ謳い文句は『おたく親子ライフ感動!!×驚愕!!の最終巻!!!!』で、謎鳥さん感想は『後半になるにつれて怒涛の勢いで盛り上がりが最高潮になるもんだから、テンション上がりまくりだし、クライマックスには感極まって泣けてきます』などなど。
-

すたひろ氏の「おたくの娘さん」最終11巻【AA】発売

裏表紙「叶と耕太、親子の絆が試される感動の最終巻!!」

「オタクの分際で人並みの幸せに興味持ってんじゃねぇーよッ!!」
「オタクだからこそ本当に好きなものは諦められないんだ!」
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店
ゲーマーズ本店

すたひろ氏ドラゴンエイジで連載されていたコミックス「おたくの娘さん」最終11巻【AA】が、アキバでは7日に発売になった。

『おたくの娘さん』は、Wikipediaによると 『幸村 叶(ゆきむら かなう)9歳。ある日彼女は「彼岸荘」というアパートを訪ねてくる。今まで一度も会ったことの無い父親に会うために……。しかしようやく父親との対面を果たしたその時、彼女は驚愕する。なんと!彼女の父、守崎耕太(もりさき こうた)は筋金入りのオタクだったのだ!!』『はたして2人の間に親子の絆は生まれるのだろうか!?』という、小学生の女の子と、その父親のオタク青年のお話。

すたひろ氏ホームページでのWeb連載を経て、『2006年から月刊ドラゴンエイジ(富士見書房)にて連載が始まり、10月発売の11月号にて最終回を迎えた()』みたいで、 最終11巻では、オビ『おたく親子ライフ感動!!×驚愕!!の最終巻!!!!』、裏表紙『叶と耕太、親子の絆が試される感動の最終巻!!』などを謳ってた。

叶が望に攫われた!? オタク父と娘の親子関係、遂に最終巻! コミックマンケットも終わり、普段の生活に戻った―と思った矢先、事件は起こる。寝ている叶が連れ出されようとしていた。その犯人は叶の母・望。今までほどんど姿を現さなかった彼女の目的とは―!?  新刊折り込みチラシ紹介

なお、コミックス「おたくの娘さん」最終11巻【AA】の感想には、 謎鳥さん『いよいよ完結となる今回はラスボスとも言うべき望と、親権を巡る直接対決が描かれており、ずっと歪な状態であった親子関係についに決着を見ることに。最初からクライマックスすぎてもう何と言ったらいいのやら。だのに後半になるにつれて怒涛の勢いで盛り上がりが最高潮になるもんだから、テンション上がりまくりだし、クライマックスには感極まって泣けてきます』、東雲さんの崩壊日記改『まず、見事に大団円となったことを素直に喜びたいところです。最終巻でも色々としてやられました。ドヤ顔されてもしょうがないと思う程度には(苦笑悔しいのでお疲れ様とかは書かない(ギリギリギリ』、彩彩華美さん『最終巻にふさわしい二転三転と展開が逆転していく波乱づくめのストーリーですごく面白かったですねはほんとスカッとしましたよ』 などがある。

「おたくの娘さん」11巻コミックス情報 / すたひろ氏のホームページ

「たった1年の苦労程度で私の娘を奪わないで!!」
「私は耕太くんを好きだったことは1秒たりとも無いの」
「ピエロには慣れてますから」
「現実が嫌だからオタクなんでしょ!? 望み通り逃避してなさいよ!!」
「また彼岸荘でお前と一緒に暮らしたい」
「オタクの人達ってママが思ってるような人達じゃないよ」

【関連記事】
画像:おたくの娘さん 最終11巻 発売
おたくの娘さん9巻 「いくぞコミケ!」
「おたくの娘さん or おたくな娘さん あなたならどっち?」
父:26歳おたく・娘:9歳 「おたくの娘さん第2集」発売

【関連リンク】
富士見書房 / ドラゴンエイジ
「おたくの娘さん」11巻コミックス情報
「おたくの娘さん」作品情報
すたひろ氏のホームページ「すたひろBOX」 / ブログ「すたひろ日和」
すたひろ - Wikipedia
おたくの娘さん - Wikipedia
コミックナタリー - 「おたくの娘さん」完結記念、池袋ですたひろサイン会

【感想リンク】
オタクだからこそ譲れないものがある!「おたくの娘さん」第11集
「おたくの娘さん」11巻、最終巻、みんなでハッピーエンド、なったと思う
最終巻らしい、盛り上がる展開の入りだったねえ
最後にはとんでもなく面白くなったオタク系ハートフルストーリーでしたw
最後の修羅場と最後の落し文句はほんとスカッとしましたよ
見事に大団円となったことを素直に喜びたいところです
クライマックスには感極まって泣けてきます
読後感がとても複雑だ。これはすごい
おたくの娘さん(最終)を読み終えたけど、うわぁぁあ///ってなった
これにて完結。まぁ、無難なところに落ち着いた感じ
おたくの娘さん 11 感想 すたひろ - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51309286