2011年12月28日

同人少女JB 1巻 「同人黎明期の時代を熱く疾走する一人の同人少女」

同人少女JB 一本木蛮氏のコミックス「同人少女JB」1巻【AA】が27日に発売になった。本屋さん戒厳令さん『アオイホノオの女性版・コスプレイヤー版のような雰囲気』で、COMIC ZIN通販『時は西暦1982年。ネットも、携帯電話も無く、 「おたく」という言葉も現在のようですらなかった時代。同人黎明期とも言える時代を熱く疾走する一人の同人少女の姿を描く』。
-

一本木蛮氏のコミックス「同人少女JB」1巻【AA】発売
「島本和彦も大嫉妬!?」

「ブラ…ズレてるわよ…!!」 一九八二年――春

マンガ同人誌との出会い (同人誌! 同人誌!! 同人誌!!!)
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A

一本木蛮氏Web漫画アクション堂で連載中(休載?)のコミックス「同人少女JB」1巻【AA】が27日に発売になった。

一本木蛮氏は、本屋さん戒厳令さんによると『今でいうところの「超有名同人作家→プロ」的な流れのハシリみたいな方で、「有名コスプレイヤー」とか「コスプレ漫画家」の第一人者と言っても過言ではないのではないかと(笑)』というマンガ家さんみたいで、コミックス『同人少女JB』は、『ほぼ自伝漫画という体裁で、島本和彦先生の[アオイホノオ]の女性版・コスプレイヤー版のような雰囲気()』とのことで、 コミックスオビには島本和彦氏の推薦文『このマンガは100点だ! …でも120点でもないがな!!』が書かれ、巻末には一本木蛮氏と島本和彦氏の対談も収録。

ちなみに1982年といえばこんな感じで、当時のコミケは「参加人員およそ7000人、参加サークルは約680」と、いまの数十分の一の規模だったぽい。

時は西暦1982年。まだネットも、携帯電話すらも無く、 「おたく」という言葉すらも現在のようですらなかった時代。同人誌も今ほどに市民権を得たものでなく、
即売会も高い熱を孕みつつも、いまだ敷居は高く、 同好の士は己の欲求・表現を、 そして作品に対する己の愛を発表する場所を探して悶々としていた、そんな時代。同人黎明期とも言えるこの時代を熱く疾走する一人の同人少女の姿を描く COMIC ZIN通販

なお、コミックス「同人少女JB」1巻【AA】の感想には、大炎上さん『まさかの生ポロリをやってしまうとは!! これ実体験ですよね? コスプレデビューでいきなりやってしまうとは伝説そのもの』、今までに購入した漫画、ゲームのメモさん『80年代っぽい絵柄や表現で当時のオタク界隈の話を 当時その中にいた人が描くというので、とてもリアリティを感じるな。こちらから見たら、一回り以上上の世代の話なので、文化的には多少分かるところもあるけれど懐かしいというよりは、歴史ものを見ている感覚だなあ』や、KONFUNKさん『80年代のオタクという言葉が使われ始めた頃の同人まわりの空気をうまいこと描いていて、よく知ってる世代にはちょっとむず痒い感じもw』などがある。

「同人少女JB」1巻コミックス情報(第一話試し読みあり) / 一本木蛮氏のホームページ

「みのり書房の"月刊OUT"とラポート社の"ふぁんろーど"(当時隔月刊)」
「あァそれ? それは同人誌!」
「すげー勝手にキャラクターいじってる!! 何やってもいいのか?!」
「あの本に絵を描いてみませんか?!」「描かせてもらえませんか?!」
「――(ヘンタイが)本物だ!!
本物は謙遜する…!!」
「描いたのぜんぶ載ってる!!
ぜんぶ印刷になってる…!!」

【関連記事】
島本和彦/アオイホノオ6巻 「こんなの新人漫画家が描いたら即追放だわな」
島本和彦:アオイホノオ2巻 「若かりしころの焔燃!」
「アオイホノオ1巻」発売 80年代始め、マンガ家を目指す芸大生
炎の言霊 島本和彦名言集 「伝説の名言集が復刊!」
新吼えろペン最終巻 「衝撃のラストを見逃すな!」
ガンダム・ボトムズ・マクロス 80年代の「オールドタイプ祭り」
80年代のおたくアニメ「続・おたくのビデオ」から、劇中アニメのヒロインを立体化
島本和彦氏のガレージキット漫画「ガレキの翔」 12年ぶりの復刊

【関連リンク】
双葉社 / Web漫画アクション堂
「同人少女JB」1巻コミックス情報(第一話試し読みあり)
「同人少女 JB」作品ページ
一本木蛮氏のホームページ / ブログ
Web漫画新連載開始!(連載開始時告知)
一本木蛮 - Wikipedia
COMIC ZINインフォメーション「同人少女JB」1巻特典情報
[アオイホノオ]の女性版・コスプレイヤー版のような雰囲気
とらのあな通販「JB'n US〜祝"同人少女JB(1)"発売記念!!」(関連同人誌)

1982年、コミックマーケット20の写真レポート
1982年[ザ・20世紀]

【感想リンク】
ネットもケータイもパソコンもない80年代のオタクライフ!『同人少女JB』
実体験を含め、熱く熱く、どこまでも熱く描く熱血コメディ
「同人少女JB」で80年代マニアの世界を覗いてみよう
一本木蛮が同人デビューする自伝的な回顧録
懐かしいというよりは、歴史ものを見ている感覚だなあ
80年代のオタク・コスプレ・同人女子 を描く内容で、その空気感が面白く懐かしい
元祖コスプレ漫画家の二つ名は伊達じゃねーです
よく知ってる世代にはちょっとむず痒い感じもw
これが1982年のオタク少女だ!!(連載時感想)


同人少女JB(1) (アクションコミックス)同人少女JB(1) (アクションコミックス)
一本木 蛮

まりかセヴン(1) (アクションコミックス) アオイホノオ 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス〔スペシャル〕) おジャ魔女どれみ16 (講談社ラノベ文庫) げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC) 大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51313228