2012年01月15日

トーキョー・ガールズ・デストラクション(1) 「女子高生たちのバトルロワイヤル」

トーキョー・ガールズ・デストラクション別天荒人氏のコミックス「トーキョー・ガールズ・デストラクション」1巻【AA】が14日に発売になった。漫画まみれラノベづくしさんの感想では『女子高生たちが閉鎖された学園内で、バトルロワイヤルを繰り広げ得る学園バトル漫画。〜放課後の鐘が鳴れば、なりふりかまわぬケダモノになって、容赦なくボコり合うというギャップが面白い』とのこと。
-

別天荒人氏のコミックス「トーキョー・ガールズ・デストラクション」1巻【AA】発売
「昼は淑女。放課後は――ケモノ」

「この学園で亡くなった雨州十和の妹、雨州九未ですよろしく!」

「今からは"雌"としての獣の本性むき出しで奪い合う」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
特典:描き下ろしイラストカード
メロンブックス秋葉原店

別天荒人氏WEBコミック Beat'sで連載されているコミックス「トーキョー・ガールズ・デストラクション」1巻【AA】が14日に発売になった。

作品情報によると『近未来の日本。太平洋上の人工島「天尊」に、本物の大和撫子を輩出するための国立女子校が存在していた。雨洲九未は学園内で不慮の死を遂げた姉の死因を探るべく、転校生として潜入するが…。そこはとある時間をきっかけに、淑女が雌へ変貌する秘密があった!!』で、オビは『昼は淑女。放課後は――ケモノ。別天荒人最新作は、メスの本能が剥き出しになる女性バトルアクション!!』。。 漫画まみれラノベづくしさんの感想では『女子高生たちが閉鎖された学園内で、バトルロワイヤルを繰り広げ得る学園バトル漫画です。授業中は淑女・・・だけど、放課後の鐘が鳴れば、なりふりかまわぬケダモノになって、容赦なくボコり合うというギャップが面白い』とのこと。

近未来の日本。太平洋上の人工島「天尊」に存在する究極の大和撫子養成エリート女子校。そこに集うのは文武両道、容姿美麗な選ばれし女子たし。主人公。雨州九未は、そこにとある目的をもって転校してきた。その目的とは、学校内で不審死した双子の姉の死因を突き止める、ということ。しかし、九未は何も知らなかった。この学校には、全てメスとなる時間があることを―― 裏表紙

なお、「トーキョー・ガールズ・デストラクション」1巻【AA】の感想には、大炎上さん『女の子同士のバトルアクション。タイトル自体「東京ガールズコレクション」をもじっており、ファッションショーの裏側では女同士の意地の張り合いがあることを示唆してます?』、『多くの謎を含みながら九未と幸呼との"たった二人の叛乱"が学園に波乱を巻き起こす!』や、漫画まみれラノベづくしさん『「はやて☓ブレード」みたいな爽やかさや可笑しさなど微塵もなく、非道がまかり通り、力が全てを決する世界ですwwww。ああっ、なんか「はいすくーる仁義」の獄門島工業高校を思い出しましたよ! シリアスで荒っぽい内容で、ぶっ飛んだ世界観の作品ですが、こういうシチュエーションは好きですよ』などがある。

「トーキョー・ガールズ・デストラクション」WEB連載ページ

「監視…!?校則違反を!?」
「この島は無法地帯となるニャ」
「どこにも逃げ場は無い、それがこの"天尊雌の放課後"なのニャ!」
「この校章に何でそこまで…?」
「ぐっ」
「あたしは認めない!!」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit