2012年01月31日

それとなく変態のアナタへ。道満晴明「ニッケルオデオン赤」 なんでもアリのヘンなお話

道満晴明「ニッケルオデオン赤」 道満晴明氏のコミックス「ニッケルオデオン 赤」【AA】が30日に発売になった。作品紹介によると『ショートの名手・道満晴明が魅せる、毎回8ページの読み切り連載』『愛しいような、切ないような、笑ってしまうような…そんな何かのカケラたち』で、販促POPは『ヘンなお話、あります。それとなく変態なアナタへ…8P読み切りショート13編』。

-


回収委員と幻肢痛
「大丈夫ですか先輩?」「ああ、死ぬかと思った」

フェイスハガー 「寝とる。術がどうとか関係ない クラマエくんがアナタをどう想ってるかも関係ない。私は必ずあなたからクラマエくんを寝取る」
メロンブックス秋葉原店
K-BOOKS秋葉原新館

道満晴明氏がIKKIで連載されているコミックス「ニッケルオデオン 赤」【AA】が30日に発売になった。作品紹介は『ショートの名手・道満晴明が魅せる、毎回8ページの読み切り連載』、『愛しいような、切ないような、笑ってしまうような…そんな何かのカケラたち』みたい。

オビ謳い文句は『なんでもアリの8P読みきりショート13編。道満晴明劇場ここに開幕。ヘンなお話、あります』で、 裏表紙は『深夜の動物園で女子高生は虎と出会った…「Heart Food」 乙女心と恋占い、赤い糸の先にはアナタ…「フェイスハガー」 双子の姉妹、ずっと一緒、ぜんぜん違う…「ヒールとスニーカー」…etc. 8P読みきりショート13編』(もくじ)。

発売日のアキバで見かけた販促POPでは『ヘンなお話、あります。それとなく変態なアナタへ…8P読み切りショート13編』を謳い、メロン秋葉原店のPOPは『シュールさ爆発 道満ワールド全開の一冊!』、ZIN秋葉原店のPOPは『フツーじゃ物足りない違いの判るアナタの為の読みきりショート13編』でおすすめしてた。

たった8ページの短編に、愛と勇気とちょっとの毒を。(あとは、BLとかロリとかヤンデレとかフリークスとかヒーローとか邪神とかとか…)。ショートの妙手・道満晴明がおくる、不思議な味わいの短編集。 ささやかで、愛おしくて、バカバカしくって、すこし切ない…色とりどりの13編。あなたの大好きなお話が、きっとあるはず。 コミックス情報

なお、コミックス「ニッケルオデオン 赤」【AA】の感想には、電脳旅日記さん『著者の作品は不条理エロ漫画が多いですがヴォイニッチホテルみたいな童話風味の作品を描くこともあり。この作品はヴォイニッチホテルと従来の作風の中間くらいのテイスト。不思議系の、ちょいといい話とか、不条理ファンタジーとかSFとか好きな人に』、山像さん『8ページという短い尺の中で、必ずしも本筋には直結していないにも関わらず妙に凝ったエピソード・ディティールが挿入されたりするのが行間を膨らませていて、豊かな気分になる』、何かよくわからん気まぐれBlogさん『たった8pの作品なのに内容が濃く、さらにベタとお約束と斬新な話が入り混じり、そして待っている最後のオチが面白くて、ついつい飽きずにノンストップで最後まで読みきってしまいましたw』などがある。

「ニッケルオデオン 赤」コミックス情報 / 道満晴明氏のブログ

「だから酒はダメなんだ。成仏しちまう」
「ミサ」
「私ね、ドSなの」
「あなたの指に糸が繋がっていないのを確認したから、手首を切り落としたのよ」
「蘇って追っかけてくるほど、オレが憎かったか」
「ぷう太の森」

【収録作品】
・「Heart Food」
・「コピ・コピ・ルアク」
・「ファニーゲーム」
・「カクリヨジョウント」
・「竹取パラダイム」
・「フェイスハガー」
・「ヒールとスニーカー」
・「ヴィジランティ」
・「動物磁気性恋愛主義」
・「ウォレン=ウィルソンは二度殺される」
・「ぷう太の森」
・「パラケルススの愛弟子達」
・「回収委員と幻肢痛」

【関連記事】
道満晴明 ぱら☆いぞ1巻 「中毒性注意!ほとんど伏字じゃねーかwww」
ヴォイニッチホテル1巻 「楽園のような常夏の島にあるホテルの一風変わった群像劇」
道満晴明/よりぬき水爆さん 「酷くて優しくて痛くて温かい」
性本能と水爆戦征服 「エロマンガ界の異端児・道満晴明」
道満晴明:最後の性本能と水爆戦 「摩訶不思議 パラノイアメルヘン」

【関連リンク】
小学館 / 月刊IKKI
「ニッケルオデオン 赤」コミックス情報
IKKI 連載作品紹介−[ニッケルオデオン]道満晴明
道満晴明氏のブログ / Twitter
道満晴明 - Wikipedia
コミックナタリー - 道満晴明のネーム公開「ニッケルオデオン」発売記念で全サ
ときわ書房 本店blog「ニッケルオデオン 赤」ほか紹介
COMIC ZINインフォメーション「ニッケルオデオン 赤」
とらのあな通販「ニッケルオデオン 赤」
道満晴明劇場ここに開幕。ヘンなお話、あります。「ニッケルオデオン 赤」 (大阪・日本橋)

【感想リンク】
愛と死にまつわる連作短編
道満先生独特のエロス+シュール+切ない風味から、エロス成分をぐっと間引いた形
お話がヘンというよりは設定やシチュエーションがヘン
ダークでスプラッタなファンタジーだが、 軽やかな雰囲気
色合いの違うショートストーリーが詰まっていて、まったく飽きの来ない作品集でした。w
不思議系の、ちょいといい話とか、不条理ファンタジーとかSFとか好きな人に
ほんとこの人は良い短編描くなって思った。たった8Pなのに
次まで一年以上も待てん(`ω´)
面白かった!後味のモヤモヤ感が素敵w
いやー、もう、すばらしいわあ
ニッケルオデオン 赤 感想 - 読書メーター
ニッケルオデオン 赤 感想 - ブクログ


ニッケルオデオン 赤(IKKI COMIX)ニッケルオデオン 赤(IKKI COMIX)
道満 晴明

ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51319836