2012年02月11日

TVアニメ化 ソードアート・オンライン(9) 「再び<抜け出せないデスゲーム>」

ソードアート・オンラインTVアニメ化も決定してる川原礫氏のライトノベル「ソードアート・オンライン」9巻【AA】が10日に発売した。Encyさんによると『3つのVRMMORPG世界を渡り歩いてきた主人公キリトに待ち受ける新たな世界がここに…!』な新シリーズみたいで、電撃の缶詰では『再び<抜け出せないデスゲーム>の幕が上がる。”アリシゼーション”編、登場!』。
-

ライトノベル「ソードアート・オンライン(9) アリシゼーション・ビギニング」【AA】発売
(著:川原礫氏、イラスト:abec氏)

「キリトくん、キリトくん!しっかりして!!」 「アスナ、ごめん」

「や......やあアリス、今日はずいぶん早いね」「ぜんぜん早くないわ、いつもの時間よ」
ゲーマーズ本店
特典:ミニ色紙
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
特典:ホログラムしおり

電撃文庫2月新刊、川原礫氏のライトノベル「ソードアート・オンライン(9) アリシゼーション・ビギニング」【AA】(イラスト:abec氏)が10日に発売になった。

『ソードアート・オンライン』はニコニコ大百科によると『ゲームの世界に閉じ込められた人々の戦いを描いた近未来SFファンタジー作品』『いわゆるネットゲームのあるあるネタが多量に含まれているため、経験者はさらに楽しめるかもしれない』なお話。また、TVアニメ化も決定し、アニメの販促ポスターの謳い文句は『これは、ゲームであっても遊びではない』。

今回発売になったライトノベル『ソードアート・オンライン』9巻は、書籍情報は『「ここは……どこだ……?」目を覚ますと、キリトは、巨木が連なる森の中 ──ファンタジーの仮想世界に入り込んでいた。手がかりを求めて辺りを彷徨うさなか、彼は一人の少年と出会う。「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」この世界の住人──つまり≪NPC≫である少年は、なんら人間と変わらない感情の豊かさを持ち合わせていた。ユージオと親交を深めるキリトだが、その脳裏にとある記憶がよみがえる』を謳い、折込チラシ「電撃の缶詰」は『再び<抜け出せないデスゲーム>の幕が上がる。”アリシゼーション”編、登場!』『ウェブ上で最も支持を得た超人気エピソード』になってる。

なお、ライトノベル「ソードアート・オンライン(9) アリシゼーション・ビギニング」【AA】の感想には、 ラノベ365日さん『定められたゲームのシステムに囚われないキリトさんの意思がユージオにも伝わって、眠っていた彼の才能を芽吹かせて、もう一人の主人公として成長していくのが読み取れて素晴らしかった』、 あんぽんたんなぶろぐさん『冴えてるし、行動力もあり、強い。これぞ主人公!という感じ。読んでて清々しい気分になるなぁ。好感度が高いです』、もいさんさん『プロローグ読んでて想定していたストーリーを大いに覆す展開は流石 従来の仮想空間より一層リアルな世界でのキリトさんの成長が眩しい』 などがある。

「ソードアート・オンライン」9巻書籍情報

「なんだか、持っていく気にはならないわね...」
「村の長に命ずる。
咎人を縛めよ」
「怖いよ、キリト君。
記憶を操作されるなんて...」
「僕はユージオ。
よろしく、キリト君」
「今の反応はやっぱりNPCじゃないよな...」
「まったく予想すらもしなかった現象が訪れた」

【関連記事】
アクセル・ワールド10 「4月アニメ確定! まだ読んでない人もまだ間に合う!」
電撃文庫 秋の祭典2011 フォトレポート
コミックス版アクセルワールド 「人気加速中のタイトルがコミック化!減速なしの面白さ!」
「アクセル・ワールド」重版分 完売したお店あり
「アクセル・ワールド」 アキバも売れてるみたい

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫
「ソードアート・オンライン」9巻書籍情報
TVアニメ「ソードアート・オンライン」公式サイト
ソードアート・オンライン - Wikipedia
ソードアート・オンラインとは - ニコニコ大百科
川原礫氏のホームページ / Twitter
川原礫 - Wikipedia
川原礫とは - はてなキーワード
川原礫とは (カワハラレキとは) - ニコニコ大百科
イラスト:abec氏のブログ
abec - Wikipedia

ソードアート・オンライン9巻が発売 「アリシゼーション」編、登場!(大阪・日本橋)
7月より始まるTVアニメ『ソードアート・オンライン』のキービジュアルや出演声優情報!
『ソードアート・オンライン』公式サイト・キービジュアル公開! 綺麗な画像で見て改めてどうよ
ヴァイスシュヴァルツに「アクセル・ワールド」と「ソードアート・オンライン」が参戦

【感想リンク】
キリトさん木こりデビュー!「ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング」
アリシゼーション編スタート。って、前振り長げぇよっ!!
未来への歩みを横から取り込む仮想世界
サブタイトル通り、新章アリシゼーション編に突入ということで+(0゚・∀・) + ワクテカ +
新たな電脳世界へと迷い込む新章開幕!!
「ソードアート・オンライン」9巻感想 ※ネタばれ有
謎めく《アンダーワールド》の真相を求めて旅立った二人のこれからの冒険に期待
相変わらずキリト氏は凄いね。 冴えてるし、行動力もあり、強い。 これぞ主人公!という感じ
今巻から新章突入ということで最初から?な展開で進んでます
巻中カラーイラストとはびっくり!!!
ついに新章に突入しました^^
3つのVRMMORPG世界を渡り歩いてきた主人公キリトに待ち受ける新たな世界がここに…!
従来の仮想空間より一層リアルな世界でのキリトさんの成長が眩しい
第四章アリシゼーション開幕。とうとうここまで来たか
NPCに焦点を当てていると作者が言ってたけど、なるほどと頷けるデキだった
ソードアート・オンライン〈9〉 感想 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51321904