2012年02月15日

森薫拾遺集 「すがすがしいほとに森薫のすべてを詰め込んだ一冊」

森薫拾遺集 森薫氏の短編漫画やイラストを収録した「森薫拾遺集」【AA】がアキバでは13日に出てる(発売日は15日)。オビ謳い文句は『漫画家 森薫のすべて 短篇漫画に合作漫画、1枚絵のイラスト仕事からサイン会ペーパー、コルセット記事に4コマ漫画 まえがき、あとがきなど描きおろしページも充実!すがすがしいほとに森薫のすべてを詰め込んだ一冊』。
-

「森薫拾遺集」【AA】発売
「漫画家 森薫のすべて」

「お屋敷へようこそ旦那様!」

「昔買った水着」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原店

「エマ」「乙嫁語り」で知られる森薫氏の短編漫画やイラストを収録した「森薫拾遺集」【AA】が、アキバでは13日に出ていて、COMIC ZIN秋葉原店に『垂涎必至』縦長ポスター、メロンブックス秋葉原店では『何を迷う? 即買いっしょ! もうホントつめこみすぎな1冊!!』POPが付いてた (発売日は15日)。

COMIC ZIN Twitterによると『Fellows付録小冊子や各所に寄稿された漫画・イラスト、過去作品や森先生ご自身の近況漫画などなど、単行本未収録だった原稿を集めた 。ZINのイメージキャラのイラストも多数収録されていますよ』みたいで、オビ謳い文句は『漫画家 森薫のすべて 短篇漫画に合作漫画、1枚絵のイラスト仕事からサイン会ペーパー、コルセット記事に4コマ漫画 まえがき、あとがきなど描きおろしページも充実!すがすがしいほとに森薫のすべてを詰め込んだ一冊』。

収録されている漫画は、「お屋敷へようこそ旦那様!」、「見えるようになったこと」、「巣穴紳士倶楽部」、「ブカちゃん」、「昔買った水着」、「クレールさんの日常茶飯事」、「カバー・ストーリー」、「モードリン・ベイカー」、「すみれの花」、「フェローズと私」で()、ほかにもまえがき漫画、あとがき漫画、イラストフィギュア同梱漫画サイン会配布ペーパーのイラストなどなどを収録。

短編漫画からイラストレーションまで、森薫の軌跡がこの一冊に。 短編漫画約120ページを中心に、漫画家・森薫が連載の合い間にこつこつと描き貯めてきた、イラストレーション、サイン会インフォメーションペーパーなど約80ページをあわせて収録した"拾遺集"。 コミックス情報

なお、「森薫拾遺集」【AA】の感想には黒い天使のブログさん『やっぱり濃いですね。初読の人はいい意味で胸焼けするんじゃないかとw 特にバニーであれ水着であれ、あの肉感的なお尻! そしてまだ短編でしかお目にかかれない現代キャラの新鮮さ! さらに、コンプリートしてる人はなかなか居ないであろうサイン会配布ペーパーの収録も嬉しいですね』、くくりさん『端から端まで読み応えがあって、乙嫁からの読者ですが未読の作品も読みたくなりました』、すーさん『本編に負けず劣らず森薫さん自身の魅力も相当なもので、単純にあの「あとがき」漫画に魅了されている人も多いと思います。この本はそんな「あとがき」が延々続くような感覚でして、ファンとしてはたまらない本でした』などがある。

「森薫拾遺集」コミックス情報

「見えるようになったこと」
「巣穴紳士倶楽部」
「ブカちゃん」
「モードリン・ベイカー」
「クレールさんの日常茶飯事」
「すみれの花」

【関連記事】
森薫/乙嫁語り3巻 「未亡人のタラスさんが美人過ぎてヤバイ!」
森薫/乙嫁語り2巻 「マジすげぇ…抜群のセンスに驚くべき表現力!」
森薫/乙嫁語り1巻 「夫12歳!妻20歳!これだけで掴みはOK」

「フェティシズム溢れる超・短編集。メイドとかメガネとかチャイナ服とか」
原画展示やサイン会「フェローズフェスタ2010」 COMIC ZIN秋葉原店で開催
英國戀物語エマ 第二幕 「これが本当のメイドですよ、みなさん」

【関連リンク】
エンターブレイン
FELLOWS! / 編集部Twitter
「森薫拾遺集」コミックス情報
森薫 - Wikipedia
コミックナタリー - 「乙嫁×信長」合同フェアで主人公カップルが夢の共演
森薫さんによる短編集「森薫拾遺集」発売 “森先生ワールドがつまってます♥”

【感想リンク】
「森薫拾遺集」が色々と凄すぎる件
森薫十年の軌跡『森薫拾遺集』の話
森の香りのエッセンス「森薫拾遺集」
なんとも森さんの作品らしいフェティズムたっぷりの短編集
定番のメイドものから現代ものまで幅広い作品を楽しめたのが良かった
色んなとこから持ってきた森顔作品が盛り沢山ですよ! (2月13日更新分)
単行本化を機にザッと読み返しましたが、やっぱり濃いですね
氏の軌跡がこの一冊に収録された本となっています
漫画はどの話も良かったですし、常にニヤニヤしながら読んでました
「あとがき」が延々続くような感覚でして、ファンとしてはたまらない本でした
森作品コンプリートには必要な1冊ですな
森薫拾遺集 感想 森薫 - 読書メーター
森薫拾遺集 森薫 の感想 - ブクログ



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51322708